これで解決!かさばる布団の収納が楽になる簡単アイデアをご紹介♪

季節が変わるたびに訪れる布団の衣替え。洗濯するのも、乾かすのも、収納するのも大変……。今回はその中でも布団収納を少しでもラクにするアイテム、アイデアをご紹介♪ 定番のものからアイデア商品までたくさんありますよ! ぜひ布団収納の際には参考にしてみてくださいね。

  • 44422
  • 541
  • 0
  • いいね
  • クリップ

布団の衣替えって大変……! 簡単な方法は?

季節によって衣替えするのは服だけではありません。カーペットやラグ、カーテン、布団などの大物もシーズンごとに替えている方も多いことでしょう。

中でも意外と大変なのが布団。特に秋冬物はかさばり、収納するのも大変! そして、布団は想像以上に汗を吸っているので、収納する前に洗濯をする必要もあります。

そこで今回は、家で洗濯はできるの? 乾燥はどうすればいいの? 収納スペースがないけれどどうしたらいいの? そんな布団の衣替えにまつわる「?」を解消するアイデアをご紹介しましょう!

まずはお布団を洗濯♪

布団を衣替えをする際、まずやっておくべきなのが「洗濯」です。汗や皮脂などで想像以上に汚れている布団は、そのまま収納するとダニやカビの温床になることも。布団の洗濯表示をしっかり確認し、洗えると判断できたものは洗濯を。中にはクリーニング店に出した方が安心なものもあるので、洗濯表示は必ず確認するようにしましょう。

家庭で洗濯をする場合、掛け布団は側生地の傷みを防ぐためにも洗濯ネットに入れましょう。敷布団は、麻紐で縛って棒状にしておきます。ビニールの紐では結ぶときも洗うときも滑り、紐が外れやすくなってしまいます。

その点麻紐だと丸めても膨らもうとする布団を、滑ることなくしっかり結ぶことができます。また縛っておくことで、持ち運びがしやすく、脱水するときも浴槽に立てかけることで水落ちがよくなります。

洗濯機で洗う場合は、毛布や大物を洗うのに適したコースを選びましょう。使う洗剤は、水や布団とのなじみやすさを考えると液体洗剤がおすすめです。

布団が洗濯機に入らず洗えない場合は、浴槽で洗う方法があります。始める前に、布団がちょうど浸かるぐらいの洗剤水を浴槽に用意しておきます。

布団は浴槽に入る大きさに折りたたむ、洗濯ネットに入れる、丸めて麻ひもで縛っておくなど、布団の種類や大きさを見ながら洗濯しやすい方法を選んでくださいね。

洗った布団は平行に設置した物干し竿2本に、布団をM字型にかけて干します。こうすることで布団が風や日光に当たる面積が増え、乾きやすくなります。

生乾きのままではカビが発生しやすくなるので、完全に乾いてから収納するようにしましょう。

▼詳しいアイデアはこちら▼

これでフッカフカのお布団にしよう! 《ふとん乾燥機 カラリエ》

天日干しだけでは不安な方は、〔アイリスオーヤマ〕の《ふとん乾燥機 カラリエ》がおすすめです。

ホース先端部にフラップ(立ち上げ可能な板)を備えた「立体ノズル」で敷き布団と掛け布団の間に空間をつくり、先端の両側面にも温風の吹き出し口を追加することで、より広範囲に温風を行き渡らせることができます。ダブルサイズに対応しているので、少人数世帯での使用はもちろん、より幅広い世帯での使用が可能です。

▼詳しい記事はこちら▼

布団収納の定番! 圧縮袋

布団がしっかり乾いたところで、いよいよ収納です。かさばりがちな布団は、いかに省スペースで収納するかがカギ。そこでまず紹介するのは、布団収納の定番「圧縮袋」です。ただやみくもに入れるのはNG。ku_ra_shi_さんが圧縮袋を使った収納テクニックを教えてくれました。

●来客布団 2組の収納方法
布団を収納する押入れやクローゼットの大きさに合わせて、掛け布団を三つ折りにします。幅が決まったら手前からさらに三つ折りに。これを2セット作り、圧縮袋に入れます。

掛け布団はまず三つ折りにし、その後半分の折りたたみます。こちらも2セット作って圧縮袋へ。

クローゼットの大きさに合わせてたたむことで、横幅もこのようにピッタリ! あんなに大きな布団がここまでスリムに収納できる圧縮袋はかなり優秀なアイテムと言えますね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

中身が見えるから把握しやすい〔イケア〕の透明収納袋

圧縮袋を使わずに収納する場合でも、せっかく洗った布団は収納袋に入れてしまったほうが安心ですよね。

neige+手作りのある暮らしさんが〔イケア〕で見つけたのが大容量の透明収納ケース。ファスナー付きでマチ部分も十分! 透明なので中身がすぐにわかるのもポイントです。

収納ケースに入れると、ごちゃついがちな押入れもスッキリ! 見た目が美しいのもうれしいですね。

▼詳しい記事はこちら▼

収納もおしゃれに! 統一感を出すなら〔イケア〕の《SKUBB》がオススメ

続いてはakane.920さんから届いた収納アイデアです。こちらも〔イケア〕の商品ですが、サイズが2種類ある《SKUBB》シリーズは、敷布団や掛け布団のほか、毛布や衣類もフォトジェニックに収納することができますよ。

小さい方の《SKUBB》のサイズは44×55×19cm。akane.920さんは子ども用の敷パットと掛け布団カバーを3枚収納しているとのこと。厚地のアクリル毛布は畳んで1枚ずつ収納するのにピッタリなのだとか!

大きいサイズのSKUBBは69×55×19cm。こちらには掛け布団を収納。綿布団のシングルタイプならならそのまま入れることができるそうです。

羽毛布団はかさばるため、圧縮袋でコンパクトにしてからイン。圧縮するとダブルの羽毛布団がしっかりと収まりました!

収納場所に立てて収納すればこの通り! 《SKUBB》シリーズには厚紙が入っているので縦でも横でも自立してくれるとのこと。これならどんな場所にも置けるので使いやすくて便利ですね。

▼詳しい記事はこちら▼

1人でもラクラク〔ニトリ〕の《布団収納バッグ》

布団の収納って一人でやるとなるとかなりの力仕事。収納時もさることながら、季節の変わり目に押入れやクローゼットから布団を出すのも大変ですよね。そこでおすすめなのが整理収納シンプルライフ矢部裕子さんが推奨する〔ニトリ〕の《布団収納バッグ》です。

整理収納シンプルライフ矢部裕子さんがおすすめするポイントは。布団を圧縮した状態をキープできるベルトがついているという点。これなら一人でも案外ラクに収納することができるとのこと。

〔ニトリ〕の《布団収納バッグ》は、クローゼットの奥行でも収納できるようなサイズになっています。これなら押入れがない場合も、スッキリ収納が叶いますね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

軽圧縮でお布団にやさしい〔ベルメゾン〕の《軽圧縮布団収納ケース クローゼット用》

布団のクローゼット収納に便利なアイテムをもうひとつ紹介しましょう。

きっちり圧縮をしなくても、スッキリコンパクトに収納できる〔ベルメゾン〕の《軽圧縮布団収納ケース》を愛用しているt-ruruさん。ソフトな圧縮なので、羽毛にダメージを与えにくいというのが選んだ理由だそうです。

ケースの中に圧縮する板が付いていて、板で押して圧縮し、付属のベルトで固定します。これでソフトに圧縮ができるとう仕組み。さらに、仕切り板が2枚付いているので、布団を複数入れる際に便利とのこと。クローゼットの天袋にピッタリと収まりました!

より省スペースを目指すなら、縦に収納するのもOK。収納スペースにお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

▼詳しい記事はこちら▼

梱包用フィルムで布団収納!?

100均アイテムを使った布団の収納方法を伝授してれたのは、思考の整理収納塾 田川瑞枝さんです。なんと、〔ダイソー〕の《梱包用フィルム》を使って布団をコンパクトに収納されているのだとか。

新聞や雑誌などを梱包するのにとても便利な密着フィルムタイプは、ラップのように巻きつけていくとフィルム同士がくっつき、剥がれません。糊のようにベタベタすることもないので簡単に剥がすことができるのもポイント。この特性を生かして布団収納に使っていきます。

敷布団を丸め、フィルムを密着させるように3箇所ほどグルグル巻きにします。

自立するのでクローゼットのデッドスペースに立てて収納することができました! これなら圧縮袋に入れなくてもコンパクトに収納することができますね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

毛布や布団がクッションに変身? 〔ダイソー〕の《クッションにもなる収納袋》

最後にご紹介するのは、Yoさんが〔ダイソー〕で見つけた、一石二鳥の収納アイデアです。なんと、毛布をクッションの中綿のように使うことで、収納とクッションの二役を叶えてくれるとう画期的なアイテムなんです。

その名も《クッションにもなる収納袋》。サイズは2種類あり、300円のサイズは、45×45×10 150×200で、ブランケット約5枚入ります。400円のサイズは55×55×20 150×200で、ブランケット約10枚入るとのこと。

収納スペースが確保できないという方は、参考にしてみてくださいね。

▼詳しい記事はこちら▼

かさばりがちな布団収納もアイデア次第でシンデレラフィットに♪

洗うのも乾かすのも収納するのも大変な布団の衣替え。ご紹介した方法なら労力が軽減され、省スペースでの収納も叶えることができそうですね。

布団の収納場所に合わせて、自分にとってぴったりの方法を見つけるのが成功のカギ。これを機会に押入れやクローゼットの断捨離をするのもオススメですよ。

  • 44422
  • 541
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード