【ニトリの布団収納バッグ】で、寝具の入れ替えもラクラク

  • 51014
  • 436
  • 2
  • いいね
  • クリップ

寝具もラクに入れ替えしたい

秋になると、寝具も入れ替えが必要です。

我が家では
夏は肌掛け布団、
秋冬春は羽毛布団(羽毛布団の期間が長~い 笑)


肌寒くなった時に、
寝具をさっと入れ替えができると
快適ですよね。

でもでも、
寝具を取り出したものの、
シーズンオフになった寝具がそのまま、
部屋に放置されることも
よくあると思います。

部屋が散らかるきっかけが、
季節の寝具の入れ替え時期だった~
ってことも
お片付け現場ではよくあるんです。

寝具の収納はコンパクトに

シーズンオフの布団は
コンパクトな扱いやすい収納袋にいれておくと
押入れの天袋にも
簡単に片づけることができます。

今回、寝具購入時の布団袋が
破れてしまったので、
寝具の入れ替え用に
「ニトリ」のコンパクト布団バッグを試してみました。

布団収納袋の使い方

夏に使っていた肌掛け布団なら、
2枚収納することができます。

布団を8つ折りにして
布団収納袋に畳んで収納します。

肌掛け布団2枚なら、
まだ余裕がありそう。
肌掛け布団用シーツも一緒に収納しました。

布団収納袋には透明な窓もついていますから、
どんな布団が中にあるのかも
わかりやすいです。

羽毛布団の収納は独特で(笑)
今までの収納袋では
体の体重をかけて、
ぎゅ~っと布団を押さえつけて
収納袋の中に突っ込んでいただのですが、

ニトリの布団収納袋には
布団を圧縮した状態をキープできる
ベルトがついているので、

一人でも
案外ラクに収納することができます。


ベルトがあるとないとでは、
大ちがいですね。

収納場所に合わせて、収納グッズも選ぶ

収納場所に合わせて
収納グッズを選ぶことって、
案外むずかしいですよね。

天袋のような高い場所に収納するのであれば、
なるべく、
軽くてコンパクトな形にまとめることができると、
出し入れが楽です。

さらに、
収納用品はハードな素材ではなく、
ソフトな素材であるほうが、
出し入れをする際に、
収納用品が体にあたって痛い思いをすることも
減ります。

収納場所も
入れ替えが同じ場所でできるのがベストです。

時短にもなりますし、
どこになにがあるのかが
パッと見てわかりやすいので、

「どこになにがあるのか?」
わからなくなってしまって
困ることも減ります。


寝室が洋室で、
押入れがない場合でしたら、
クローゼットの中に、
寝具も収納できる場所を作ってみるのも
良い方法です。


ニトリのコンパクト布団バッグは
クローゼットの奥行でも収納できるような
サイズになっています。
sサイズ(約): 幅55×奥行35×高さ30cm

使いたいときに
さっと出し入れができること。
快適な住まいには必要ですね!


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 51014
  • 436
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

大阪、北摂、神戸、でお片付け個人レッスン&セミナー、思考と空間のお片付けをご提案しています。片づけることで暮らしや人生までも好転してきます。ずぼらさんにも好評の…

おすすめのアイデア

話題のキーワード