【100均で揃える防災グッズ】セリアとダイソーで比べてみた結果!

防災グッズは何を揃えたらいいのかわからない。
いざという時のために揃えておきたいけれど、普段から使うものではないのでできるだけ出費を減らしたい。
そんな時に活躍するのが100円ショップで買える防災用品です。
今回はその中でも「ヘッドライト」についてセリアとダイソーの商品を比べてみました!

  • 228432
  • 649
  • いいね
  • クリップ

そもそもヘッドライトって必要?

防災グッズと言われて真っ先に思い浮かぶのが、懐中電灯やお水、ラジオではないでしょうか。
特に懐中電灯は揃えているお家が多いのではないでしょうか?
でも、実際に真っ暗闇の中で行動する時に「懐中電灯は片手が塞がってしまい不便だった」という声が多くあります。
逆に便利だったと言われているのがヘッドライトです。
両手があき、目線に合わせて照らす場所を移動してくれるヘッドライトは荷物が多い時や暗い中で行動しなければいけない時にとても役に立ちます。
防災グッズの一つとしてリュックに入れておくと、万が一夜間の行動になってもとても心強いですね。

ヘッドライトは100均で買える時代!

なかなか店舗で販売しているのを目にすることもないヘッドライトですが、実は100円均一でも売っているのです!
「非常用」として気軽に揃えられるお値段なのは本当に嬉しいですね。
今回はセリアとダイソーでヘッドライトを発見しましたのでどちらの商品も詳しくご紹介したいと思います。

まず、上の赤いベルトのヘッドライトはセリアで購入したものです。

私が購入したのは本体がブラックですが店舗にはもう一色、本体がレッドバージョンも置いてありました!
価格はもちろん108円です。

そして下がダイソーで発見したヘッドライトです。
こちらは店舗で見た限りでは黒のみのお取り扱いでした。
セリアと比べるとベルトまで黒で統一されていてかっこいいですね。

ただし一つ大きく違うのがお値段。
ダイソーのこちらの商品は、200円商品なのです。

二つの商品を比べてみるとセリアの方がかなり大きさがあります。
セリアの商品は大きさがある分重いのでつけて歩くと振動で光が大きく揺れます。
ダイソーの商品は軽くてフィットする分、歩いても振動が気になりません。

どちらもライトの角度とゴム紐の長さを調整することができます。
自分にちょうどいい角度、長さにできるのは嬉しいですね。

使う電池はセリアが単四電池。
ダイソーがボタン電池です。
単四電池は汎用性が高いので自宅にストックがある人も多いのではないでしょうか?
防災用品を購入するときには「普段からローリングストックしやすい電池かどうか」も気にしたい部分ですね。

セリアは電池交換の際にドライバーが必要です。

ダイソーはライト部分をひねって開けて電池を交換します。

肝心のライトの明るさです。
セリアは白くて明るいライト。
ダイソーはオレンジ色の柔らかい光です。

まとめ

・どちらも光の角度とゴム部分の長さを調整することができる。
・セリアは100円商品、ダイソーは200円商品。
・セリアは単4電池、ダイソーはボタン電池を使用。
・セリアは電池交換の際にプラスドライバーが必要。
・光はセリアの方が明るい。
・セリアは大きい分、歩いた時の振動がライトに伝わり光がユラユラと揺れる。
・ダイソーは軽い分、頭にフィットしやすい。持ち運びもコンパクト。

皆様の参考になれば幸いです!
整理収納アドバイザーFujinaoでした。

  • 228432
  • 649
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)です。  私の今の暮らしは現役転勤族の経験で学んだ「モノの少ない暮らし」。モノが少ないと家の中を心地よい風が通りま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード