収納の悩みはこれで解決!片付けのコツをご紹介【収納下手でも大丈夫♪】

整理整頓がゆき届いたきれいなおうちに憧れるけど、いざ片付けようと思ってもどう収納したらいいのかわからず悩んでいるの方も多いのでは? 収納のお悩みを解決するには、他の人がどうしているのか知って実践することが大切。片付けるためのコツをさっそく試してみましょう!

  • 42661
  • 673
  • 0
  • いいね
  • クリップ

収納上手の第一歩! まずはどこから片付けるかを決めよう

気がつくとさまざまなモノにあふれているわが家。クローゼットにキッチン、バスルーム、玄関とそれぞれの収納スペースがキャパオーバーになっていませんか? 「片付けなくちゃ……」と思っていても、片付けるべき場所がいくつもあると、どこから手をつけて良いのかわからず、すべてが中途半端に。

そんな困った状況を打破するためのヒントを、収納のプロである、ほどよいミニマリスト 香村 薫さんに伺いました!

まずすべきは「アタマ」の片付け

一番最初に行うのは「アタマの片付け」。ほどよいミニマリスト 香村 薫さんいわく、これは全員に共通することなのだとか。

(1)アナタが片づけをしようと思った理由
(2)今、一番困っていること(イライラしてしまうのはどんなときか?)
(3)どうなったらうれしいか? の理想

この質問に対してそれぞれ最低5つは書き出してみましょう。大切なのは「書き出したすべてのことが解決すれば自分の暮らしに満足できるか?」ということ。納得できなければ書き出しが足りません。もう一度自分自身に問いかけを!

続いて症状別にアナタが最初に片付けるべき場所をみていきましょう。

●症状1:時間がないから片付けられない 

時間がないから片付けられないという方にオススメの片付け場所は「キッチン」。日本の主婦の平均キッチン滞在時間は1日なんと1時間22分! それだけ長く滞在する場所を整理整頓することで家事作業の効率がアップした結果、時短になることがその理由。さらに、「よく開け閉めする引き出し」からはじめるようにしましょう。

(1)冷蔵庫
(2)食品庫(パントリー)
(3)カトラリー、グラス

この順で進めるとスムーズなのだとか。

●症状2:とにかくモノが多くて減らせない

「モノが家中にあふれていて、どうしたらいいのかわからない」という方も多いことでしょう。そんな方におすすめなのは「靴」を片付けること。その理由は、

(1)自分の靴は自分で判断できる
(2)女性が所有する平均的な靴の数は10~15足。すべて見てもそんなに時間がかからない
(3)履いていない靴には「痛い」「デザインが合わない」など理由がある
(4)ひとつ手放せばスペースが大きく空く

「玄関」がスッキリすると家に出入りするたびに気分もアップするかも!?

▼ほどよいミニマリスト 香村薫さんの詳しい記事はこちら▼

整理整頓アドバイザーが伝授! "断捨離"のコツとは?

収納スペースはいつもモノであふれているという方の多くは、「モノを手放せない(捨てられない)」という場合多いようです。モノを大切にすることはとても大切なことですが、残念ながら手放さずに片付けが進むということはまず、不可能です。

手放せない方の心理をひも解くと、「これなくなったら後で困らない?」「まだ全然使えるのにもったいなくない?」「これ、高かったんだけど。まだ元とってなくない?」という声が聞こえてきそう。結果、収納スペースに「とりあえずしまっておこう」とうことに。

そこで大切なのは、「モノと向き合って、『片をつけること』が大切」と整理収納アドバイザーのfujinaoさんは語ります。手放すか悩んでいるモノに折り合いをつける4つの方法をご紹介しましょう。

(1)ひとつにまとめておく
処分を検討しているものやリサイクルショップに持って行こうか悩んでいるものは紙袋などに一つにまとめておきます。1か所にまとめて「手元にない生活」を送ってみることで案外「なくても大丈夫」なことに気付くかもしれません。

(2)お手入れをしてみる
気に入って購入したはずの靴やバック。最近使っていなのであればきちんとお手入れしてみて。手をかけてあげることで愛着がよみがえることがあります。そもそも「お手入れするのも面倒」と思うのならば手放すタイミングかもしれませんよ。

(3)使ってみる
最近着ていない洋服や靴などは実際に身に着けて外出してみましょう。「もう似合わない」「着ても気分が上がらない」」というものは今後も着る機会は少ないので思いきって処分を。クローゼットのスペースはお気に入りのためにとっておきましょう!

(4)自分の将来を想像してみる
手放すか悩んでいるモノと向き合い、1年後の自分にも必要かな? 1年後、私はどんな風になりたいかな? 1年後、コレを持っている私はなりたい自分像になっているかな? と、自問自答をしてみましょう。その答えが
「コレに相応しい自分になりたい」という前向きなものであれば、そばに置いておいきましょう。

手放せないモノと向き合うことで、本当に必要なものが見えてくるというわけですね。

▼fujinaoさんの詳しいアイデアはこちら▼

家事効率もアップ! キッチン収納のコツ

アタマの片付けと、断捨離のコツをマスターしたところで、家で主婦が過ごす中で一番滞在時間が長いとされる「キッチン」から片付けていきましょう! 整理収納アドバイザーさかたちあきさんによると、キッチンのモノを減らすことで家事効率がUPするのだとか。まずは食器やカトラリーなどでごちゃつきがちなカップボードから。

●カップボードの片付けテクニック
(1)カップボードの中身をすべて出す
(2)使わないモノ・使えないモノなどを仕分けし、処分できるモノは思いきって処分
(3)残ったモノを、使用頻度別に分ける
(4)残ったモノをカップボードに戻す

一緒に使うモノをグループ分けし、収納用品を使って取り出しやすく収めます。ポイントは一度にすべてに取りかかろうとすると途中で疲れてしまうため、1スペースずつ取り組むこと。断捨離したことでそれぞれの居場所が明確になり、探す手間も省くことができますね。

▼整理収納アドバイザーさかたちあきさんの詳しいアイデアはこちら▼

続いてのキッチン収納は、キッチンのコンロやシンク下の引き出しです。十分な収納スペースがあるように見えて、仕切りがなかったり、さまざまな大きさの鍋やフライパン、それに付属するフタを収納するのはパズルのようでなかなか思うようにいきませんよね。そんな困ったスペースをDIYで解決したのが我が家さんです。

●コンロ下の引き出しの片付けテクニック

使用するのは《突っ張り棒》と板。ホームセンターで板を購入する際、あらかじめ引き出しのサイズに合うようにカットしてもらうと手間が省けて便利とのこと。

コンロ下の収納用引き出しに《突っ張り棒》を3本、写真のようにセットします。

その上に板を設置すれば棚の完成! 使用頻度の高い食器や鍋やフライパンのフタも平置きでスッキリ収納することができました! デッドスペースの有効活用に便利なアイデアは、鍋のように重いものは不向きですが、細々としたアイテムにはぴったりですね。

▼我が家さんの詳しいアイデアはこちら▼

片付けて収納力UP! 玄関収納のコツ

季節やTPOに合わせて履き替える「靴」。家族が多くなればなるほど靴は増えていく一方。玄関のシューズケースに収まりきらず、煩雑になっているという方も多いのでは? そんな玄関の収納扉を外し、思い切って「見せる収納」にトライしたのがhiroさんです。もともと玄関を開けてすぐ目に飛び込んでくる玄関収納の威圧感が苦手だったのだとか……。

思い切って扉を外すことで、おしゃれなディスプレイに! この斬新なアイデア、ステキだと思いませんか? 常に「見えている」ことで思い切って断捨離もできたとのこと。靴のほか、アウターも収納することで外出先から戻っても花粉やホコリを室内に持ち込まないで済むのもポイントです。

玄関収納に使用するダンボールは〔セリア〕の英字新聞を貼ってディスプレイ。中は長靴や下駄、サンダルなどシーズンものを収納。これなら普段使う靴だけを置くことができるので、シューズボックスのごちゃつきを解消することができますね。

▼hiroさんの詳しいアイデアはこちら▼

衣替え不要! クローゼット収納のコツ

モノを増やしすぎないことが収納上手の条件とわかってはいても、クローゼットの片付けとなると悩んでしまうという方も多いことでしょう。くわえて厄介なのがシーズンごとの“衣替え”。家族全員分となると時間がない主婦はつい後回しに……。kikilalaさんが衣替え不要の収納テクニックを実践されているのでご紹介しましょう!

「整理整頓アドバイザーが伝授!"断捨離"のコツとは?」を参考に洋服の断捨離をしたら、洋服を“掛ける収納”と“しまう収納”に分けていきます。

●掛ける収納
普段着、外出用、Yシャツ&スーツ、冠婚葬祭用などざっくりグループに分けてハンガーにかける

●しまう収納
部屋着や下着、靴下などはしまう収納として衣装ケースへ

ここでポイントになるのが、衣類は一か所に収納するのではなく、生活動線に合わせて収納場所を決めるということ。kikilalaさんの場合は夫婦の秋冬もの、スーツ、下着類などは寝室のクローゼットへ収納。夫婦の春夏もの、子ども服はリビングのクローゼットへ収納しているのだとか。なるほど! これならシーズンごとの衣替えが不要というわけですね♪

衣装ケースの中はファイルボックスを活用して仕切ると探しやすく、整理整頓がしやすくなりますよ。

クローゼットを有効活用するためのポイントは「ハンガー収納を増やすこと」、さらに衣装ケースに入れる際は「畳み方」を見直してみることが大きなポイント。ほとんどの洋服をハンガーへかける収納に切り替えることで、何と言っても洗濯畳みが大幅に減るので、片付けがかなり楽に! クローゼット収納を見直すことで家事の時短にもつながりますね。

▼kikilalaさんのアイデアはこちら▼

ポイントは子どもの「片付けやすさ」おもちゃ収納のコツ

片付けの中でもなんとも悩ましいのが子どものおもちゃ。小さい子どもがいる家庭ではおもちゃの量が、子どものキャパを超えているケースがほとんどでは? 整理収納アドバイザー*大塚 奈緒さんによると、おもちゃの片付けのポイントは、「子どもが片付けやすい環境を整えてあげること」なのだとか。子どもが率先的に片付けをしてくれたらこんなうれしいことはありませんよね? さっそくその収納テクニックを伝授いただきましょう♪

おもちゃが入っていた箱は、パーツがすべて収まるように工夫されていますが、決められた場所にしまうのは子どもにとってなかなか難しいもの。箱を閉めちゃった後にしまい忘れたパーツが出てきた! なんてことも。

というわけで、おもちゃはポイポイ収納がオススメ!

引き出しの中に、収納ケースを使って仕切りを作り、おもちゃごとにポイポイ収納ができるようにしています。これならしまい忘れがあっても、引き出しを開けて決めれたケースに入れるだけなので子どもでも簡単にお片付けができますね。

ちなみに整理収納アドバイザー*大塚 奈緒さんが使用している収納ケースは、〔ダイソー〕の《調味料ケース》! 

調味料ケースは直角なので引き出しの中でムダなスペースができず、収まりが良いのがセレクトした理由。ケースは取り出す必要がないため、引き出し内でしっかり固定できるよう、底面には耐震賞のジェルを貼っています。引き出しを開け閉めしてもケースが動かず、おもちゃのバラつきも防ぐことができますよ。

▼整理収納アドバイザー*大塚 奈緒さんのアイデアはこちら▼

マグネットで解決! 浴室収納のコツ

こまめに掃除をして、いつも清潔にしておきたい浴室。シャンプーやトリートメント、風呂桶や掃除用ブラシを直置きするとすぐにヌメリができて不衛生。そこでおすすめなのが、マグネットを使った“吊るし収納”です。このアイデアを発見したのはusagi worksさん。実はほとんどのユニットバスの壁は、磁石が使用できることをご存知?

この機能を使ってusagi worksさんが収納に使ったのは、〔無印良品〕の《アルミ タオルハンガー マグネットタイプ》約幅41cm』です。耐荷重は、約0.8kg。なかなか強力なマグネットなので、しっかりとくっついてくれるとのこと。

マグネットで取り付けたタオルハンガーに〔無印良品〕の《横ブレしにくいフック》2つを引っ掛けてカゴを吊るし、掃除用のブラシやスポンジなどを収納。これなら壁面を有効活用でき、収納もスッキリしますね。

洗顔フォームやボディブラシは〔無印良品〕の《ステンレスひっかけるワイヤークリップ》や〔キャンドゥ」の《ステンレスハンギング竿ピンチ》に挟んで吊るし収納。タオルハンガーのほか、浴室内のラックや浴室乾燥の物干し竿に取り付けることで、直置きせずに浴室内のさまざまなアイテムを整理整頓することができます。

▼usagi worksのアイデアはこちら▼

100均一の収納ケースはここをチェック! ペーパーボックスのサイズの差

最後にご紹介するのは、収納スペースをスッキリ片付けるための必死アイテム、ペーパーボックスについて。中でも人気なのは〔セリア〕の定番商品の《プレンティボックス》と〔ダイソー〕の《ストレージボックス》です。よく似ている商品ですが、実は“小さくて大きな違い”がひとつあるとのこと。整理収納アドバイザ―*川根礼子さんにチェックすべきポイントを教えていただきました。

画像左が〔セリア〕の《プレンティボックス》、右側が〔ダイソー〕の《ストレージボックス》です。どちらも簡単に組み立てることができ、段ボール製なので軽くて丈夫というメリットが。書類をはじめ、衣類や小物、などさまざまアイテムを収納することができ、おしゃれな見た目はリビングにそのまま置いても雰囲気を損ねません。

表記を見ると、どちらも「A4サイズ」とありますが比べて見ると長辺の長さが微妙に違うのがわかります。その差は約1.5cm。内寸(内側のサイズ)は約1cmの差が。これくらいは大したことないと思ったら大間違い。このわずかな違いが片付けでは大きな差になるのだそう!

整理収納アドバイザ―*川根礼子さんはこの違いを理解したうえで、次のような使い分けをおすすめしています。

●〔セリア〕の《プレンティボックス》
A4サイズの紙やホルダーは入るのですが、A4サイズの封筒やファイルケースが入りません。斜めにすれば何とか入るのですが、それでは収納力が落ち、封筒に入れた書類は曲がってしまうことも。
※用途:ファイルホルダーサイズや一般的な大きさの雑誌やカタログなど

●〔ダイソー〕の《ストレージボックス》
A4サイズの封筒はもちろん、同サイズのファイルケースやバインダーがすっきり収納できます。封筒やファイルケースに分けた書類を長期保管する場合はこちらがピッタリ。
※用途:長期保管が必要な書類やファイルケース・バインダーにまとめた書類など

パッケージには詳しいサイズ表記もされているので、収納するアイテムに合わせて正確なサイズを選ぶようにしましょう。

▼整理収納アドバイザ―*川根礼子さんのアイデアはこちら▼

本当に必要なものだけを残して目指せ! スッキリ収納

忙しさからつい後回しになりがちな収納スペースの片付け。モノと向き合い、本当に必要なものを見極めることで苦手だった断捨離も克服できるはず! 片付けの秘訣は一気に手をかけるのではなく、スペースを決め、ひとつずつ片付けていくことです。ご紹介したアイデアを参考に、カレンダーや手帳などに記して計画を立て、自分のペースで片付けてみてはいかが?


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
夏旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 42661
  • 673
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード