【神様と暮らす #5】神棚にお供えする物と順番、お供え後の扱いとは?

月に1回お届けしている、御神札の正しいお祀りの仕方や日々の奉仕。今回は神棚にお上げしたお米やお塩などのお供えの順番から、お供えしたものをその後どのように扱えばよいのか解説していきます。

  • 18301
  • 73
  • 0
  • いいね
  • クリップ

神棚の役割や意味は?

神棚は、神様の力が宿る場所だとされています。家内安全を祈願したり、事務所や会社の商売繁盛や仕事をする上での事故やトラブルに巻き込まれないようにご加護をお祈りするために神棚を設置するのです。

詳しい役割や意味を知りたい方は【神様と暮らす #1】を参考にしてください。

神棚をつくるときに用意する物とは

自宅に神棚を作る際に必要になるものは棚板、宮形、祭器具、お供え物などです。
これらは神具店や仏具店といった専門店で手に入るほか、ニトリなどのホームセンターやキャンドゥなどの100円ショップでも神棚セットをそろえることができます。

詳しくは【神様と暮らす #2】を参考にしてください。

神様へのお供えに適したもの、適した量とは?

神棚にお供えするものには神様の御神霊が宿るとされています。また、お供え物をお下げし、飲食することで体内に神様のお力をお分けいただけると考えられているのです。

朝にお上げしたお供え物は夜に取り下げますが、そのまま捨てることをせず、ありがたく使用したいものです。

神棚にお供えするもの基本の4つとは?

神棚にお供えするものの基本としてお米やお塩、お水、お酒の4つが挙げられます。では、お供え物をした後の神様のお下がりは、どのようにしたらよいのでしょうか。お供えするものとその活用方法の一例を以下に挙げておきます。

●お米
お米は生米か、炊きたてのごはんをお供えします。生米の場合は、夕方に取り下げて、その日の夕食や翌朝のごはんとしていただきましょう。

●お水
お水はきれいなお水を器の8分目ぐらいに入れましょう。取り下げた後は、お風呂の水に足したり洗顔や手洗いの水として使ったり、玄関に撒く、掃除で水拭きとして使って、部屋のなかのお清めにする人もいます。植木の水やりに使うのもおすすめです。

●お塩
調味料に使用するさらさらしたお塩ではなく、天然の塩をお供えするのがおすすめです。お供え後は、煮炊きなど調理に使います。入浴する時に湯船に入れてつかり、厄落としに使うのもいいですよ。前述のお掃除の際に塩を入れて水拭きし、空間の穢を落とす人もいます。

●お酒
紙パックや調理酒ではなく、純米酒と記されているものやお神酒と書かれたものも販売されているのでそちらを利用するのもおすすめです。そのままお神酒として飲むほか、お料理に使います。塩と同じく、湯船に入れて厄落としをしたり部屋の四隅に撒いてお清めに使っても可。

神棚のお供え物の順番、配置を解説!供えるもので順番は変わります!

〈横一列に並べてお供えする場合〉
神棚の真正面が上位となりその部分にはお米をお供えします。次はお米の両側にお酒、そして向かって右にお塩、左手に水の順番でお供えしてください。

〈横二列に並べてお供えする場合〉
神棚に近い列の真正面にお米、お米の両側にお酒をお供えします。そして神様から遠い列の右手にお塩、左手にお水をお供えしてください。


基本の四つのほかにも果物やお菓子をお供えする場合は、お米とお酒の次にお塩の前にお供えするようにしましょう。

神棚にお供えする”榊”とは?

神棚にお供えする榊は神道において神と深い関わりのある樹木とされています。榊には本榊とヒサカキの二種類あり、神道でも使われる本榊は生育地域に限りがあるので代わりにヒサカキが使用されることもあります。

榊立てを対で用意し、神棚の左右に置きましょう。

榊は生花が好ましいですが、神具コーナーやインターネット通販でも造花の榊が販売されているのでどうしても難しいという場合は造花でもかまいません。

神棚に果物をお供えする場合

野菜や果物はその季節の旬なものをお供えするのがおすすめです。
季節の恵みに感謝して、虫に食べられていたり形が崩れているようなものは避け、見た目がきれいなものを選ぶようにしましょう。

神棚にお菓子をお供えする場合

基本の四つと果物以外に、お菓子をお供えする方も多いのではないでしょうか。
お菓子をお供えする際は賞味期限が長く、冷蔵しなくてもよいものがおすすめ。

いただいたお菓子や珍しいお菓子などもいいですが、地元の名物のお菓子などをお供えするとよいでしょう。

基本のお供え物以外にも、知っておきたいアレコレ

神棚にお供えをするときの注意点とは?

神棚にお供え物をするときは、お手入れをすること、そして関係ないものを置かないようにしてください。
また、掃除をせずに何年も放置するという行為もしないようにしましょう。

この二つ以外にも気を付けたいポイントを知りたい人は【神様と暮らす #3】を参考にしてください。

大晦日や正月は年末の28日あたりを目安に鏡餅を神棚に祀りましょう。

神棚のお供え物の交換頻度は?朝、夜どっちがいいの?

お供え物をしたら、そのままにしておかず下げることも大切です。そのため、朝に新しいものをお供えしたら夕方には下げることをおすすめします。

しかし、夜までに帰宅が難しい場合や出張や旅行などで長期間家を空けなければいけないときは朝起きてからお供えをして、家を出るときに一緒に下げても大丈夫ですよ!

新しい神棚を迎えるのに必要な「神棚奉斎」とは?

自宅に初めて神棚をお祀りする、または宮形を新しくした際に行いたいのが「神棚奉斎」です。空間を清浄にして神様が神棚にお鎮まりいただき、家族を見守っていただくようお祓いとご祈祷を行うものです。


新しく神棚を置くことを考えている方、また神棚が家にある方で引っ越しをひかえている方は【神様と暮らす #4】を参考にしてみてください。

順番を守って神様に気持ちよくお供えを

神棚のお供え物に必要なものや、配置について解説しました。
神棚へのお供えは、見守ってくださっている神様にお食事を差し上げることです。そのため、決まりや順番を守って気持ちよく行いましょう!

  • 18301
  • 73
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード