程よい距離感で過ごせる、二世帯住宅に『まるごと再生』

「子どもが大きくなり、以前のマンションが手狭になりました」とMさん。そこで、ご両親との同居を機に、ご実家を二世帯住宅に『まるごと再生』。まず、2階は細切れの間取りを解消。子育て家族がのびのび暮らせるLDKと、専用の水まわりスペースを新設しました。キッチンの仕切りには視線が抜けるスリットを設け、「LDだけでなく、子ども部屋も見守れるので安心」と奥様。さらに、小屋裏を活かしたロフトには、大きな荷物を収納できます。また、ご両親が過ごす1階LDKは、落ち着いた雰囲気に内装を一新。各部屋にあった段差の解消や断熱工事を施し、これからの暮らしに配慮しました。「ひとつ屋根の下に暮らしていると、お互いに安心です」 

  • 2067
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【外観】断熱材の充填や最新の水まわり設備への交換を実施し、内・外装、設備をまるごと一新。

【2階LDK】2階の子世帯用のLDK。仕切りや廊下をなくし開放感あふれるリビングを実現。子ども部屋とオープンにつながる。

【子ども部屋】天井を取り払いロフトにつながる吹き抜けを新設。お子様が小さい時は間仕切りを設けず大きなひと部屋として使える

【ロフト】小屋裏を利用して、大きな荷物やたくさんの玩具もしまえる、ロフト収納を設置。

【1階LDK】親世帯が暮らす1階は、隣接する洋室とフラットにつなげた、広々LDKが誕生。

【玄関】天井までの高さがある、大容量の収納を設置。

  • 2067
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東急沿線の街づくりをはじめ、百貨店・ハンズなど、人々の暮らしに密着した事業を展開する東急グループ。そのリフォーム部門を担う同社は、リフォーム創業50年、55万件…

おすすめのアイデア

話題のキーワード