食べるのも作るのも大好き!キッチン中心に暮らしを楽しむ家

結婚を機に築36年のマンションを購入してリノベーションすることにしたIさん夫婦。お料理が大好きな旦那さまの希望は「使い勝手のよいアイランドキッチン」。古材の梁や無垢材の床など、自然素材たっぷりの心地よい空間で、食卓を囲んで夫婦2人で、楽しく暮らせる住まいが完成しました。

  • 5450
  • 39
  • 0
  • いいね
  • クリップ

作って、食べて、飲んで…を心地よい空間で!

立地と眺望が気に入って購入した中古マンション。
ベランダ(写真左)側を2部屋に仕切っていた壁を取り払って、開放的なLDKにしました。
日当りがよく、とっても居心地の良さそうなダイニングで過ごすIさん夫妻。

天井はスケルトン状態にして、RCの躯体にそのまま塗装しました。
床ははっきりとした木目のパイン材を使用しています。

シンプルで使い勝手のよいキッチンが主役!

お料理を作るのも、食べるのも大好きな2人のこだわりは、アイランド型のステンレス製キッチン。広い天板は、軽い食事ができるカウンターとしても使うことができます。

レンジフードもキッチンと同じメーカーで統一し、すっきり。
背面の棚は、Iさんが自ら選んだ棚板を取りつけました。

古材を使った梁で、自然なゾーン分けができる

古材の柱と梁を使い、リビングの一部をゾーン分けしています。手前にはベンチにもなる低めの棚を造作。将来的には、置き畳を敷いて客間スペースとして使うことも考えているそう。

いつか子どもができたときに、子ども部屋として仕切ることもできる、可変性のある間取りになっています。

リノベの制約を解消する細かい工夫がたくさん!

玄関からリビングまでの空間をアールにして広がりを。
狭い廊下と違い、大きな荷物もラクに運べるようになったそう。

床下に新たに配管を設けたため、リビング床を15cm上げているのですが、出入りに支障が出ないよう、リビング床のバルコニーのサッシ前のみ床をもとの高さにしています。
玄関と同じテラコッタ調のタイルを貼り、ちょっとしたサンテラスのようです。

寝室はリビングの奥で窓がないため、リビングと仕切る壁の上部に窓を設け、バルコニーからの風を取り込めるようにしました。
一面のみブルーグレイのアクセントクロスを貼っています。

洗面は位置を変えずに、シンプルなカウンターを造作しました。

設計・施行

株式会社 スタイル工房
【浜田山店】東京都杉並区成田西3-2-4 K&3ビル1階(水定休)
【南青山店】東京都港区南青山1-17-13 大青コーポ 2F(火・水定休)
tel.0120-587-250   http://www.stylekoubou.com

毎週更新されるリノベーション施工実例には、他にも実例がたくさん!

予算のこと、インテリアのこと…たくさん条件や希望はあると思いますが、まずは「どんな暮らしがしたいか」のイメージをしっかり家族と話し合い、プランナーに伝えること。それができれば、プロからは思わぬ提案も出てきて、きっと打合せを楽しめるはずです。

  • 5450
  • 39
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード