カラーボックスでも安っぽくない!和室にも洋室にも馴染む、高見えする子供のおもちゃ収納

ご覧頂きありがとうございます(^^)

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の悩みの1つと言えば、おもちゃ収納。

どうしても子供が大きくなるにつれて、どんどん増えていってしまうおもちゃ。

しかも子供のおもちゃって、細々したものや、カラフルなものなど、インテリアに合わないものが多いんですよね。

しかも年齢にあった収納を考えてあげることも重要。

部屋が散らかって片付かないし、どうしたらいいの!?と悩まれていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

さて、手軽に出来る おもちゃ収納でよく使われているものと言えば、『カラーボックス』

でもこれって意外と安っぽく見えがちなんですよね、、、。

そこで今回は、たったひと手間加えるだけで、これがカラーボックス!?と思える、和室にも洋室にも馴染む、高見えするおもちゃの収納方法をご紹介させて頂きます!

  • 343376
  • 2979
  • 18
  • クリップ

まずは完成形から♫

いかがでしょうか?

カラーボックスって、使い勝手はいいんですが、どうしても安っぽい感じがしてしまうのが悩みだったんです。

でもたった一手間を加えただけなんですが、和室にも洋室にも馴染むナチュラルな収納棚に変身したと思いませんか?

実はこれ、カラーボックスを3つ並べて、その上に板を置いただけなんです。

では早速作っていきましょう♫

< 作り方 >

①まず最初にカラーボックスを3つ用意して下さい。

こちらはどこのメーカーさんのものでも、もちろん大丈夫です!

因みに今回 私が使用したものは、ニトリのカラーボックスです。

税込899円とかなりお手頃価格で、棚板の高さも自由に調節出来る優れものです。

②次はカラーボックスを3つ並べて、その上にサイズを測った板を乗せます。

たったこの一手間で、カラーボックスがかなり高見えするんです♫

私が使用したのは、パイン材の板です。

こちらはネットで購入し、サイズをカットして送って頂きました。

個人的にパイン材の風味が好きなので、こちらを選びましたが、板材はホームセンターで売ってるものなど、お好きなものを選んで頂いて構いません。

③次はカラーボックスに収納ケースを入れていきます。

使用したのはニトリのカラーボックス用のインボックスです。

サイズがレギュラーサイズ、ハーフサイズ、クォーターサイズとあり、入れたいものに合わせて選ぶことが出来ます。

シンプルなデザインで、中が見えないので、細々したものや、カラフルでインテリアに合わないものなどを、スッキリ収納することが出来ます。

娘はまだ小さいですが、ざっくりと分別してポイポイ収納してくれています♫

遊ぶ時はボックスごと持ってきて、中のものをぶちまけて遊んでいます..苦笑

でも持ち運びも、収納もしやすいようで、楽しく遊んで、楽しくお片づけをしてくれています♫

今回 娘がまだ小さいので、2段のカラーボックスにしましたが、成長に合わせて3段にして頂いてももちろん大丈夫です。

また本を置くスペースを多くしたり、インボックスを多くしたり、お子さんに合わせて微調整して下さいね♫

いかがでしたでしょうか?

カラーボックスを使った、和室にも洋室にも合うおもちゃ収納はいかがでしたでしょうか?

カラーボックスの上に板を置くだけで、安っぽくないナチュラルな収納棚へと変身したと思いませんか?

作り方も簡単で、お値段もお手頃です♫

もしご興味のある方は、是非 作ってみて下さいね♫


最後までご覧頂き有難うございました!

  • 343376
  • 2979
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ