『第10回 メニューコンテスト』結果発表!!

今年で10回目となる「メニューコンテスト」の本選を12月20日(水)に服部栄養専門学校で開催し、サービスエリアのレストランから31店舗が予選に参加し、試食審査を経て11店舗が本選に進みました。その結果、最優秀賞1品、審査員特別賞4品、優秀賞6品が決定しました。

  • 287
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

今年で10回目となる「メニューコンテスト」を12月20日(水)に学校法人服部学園服部栄養専門学校(東京・千駄ヶ谷)で開催しました。サービスエリアのレストランから31店舗が予選に参加し、各地区(東京、静岡、名古屋、八王子、金沢)の試食審査を勝ち抜いた11店舗がコンテストに挑みました。

その結果、最優秀賞1品、審査員特別賞4品、優秀賞6品が決定しました。

最優秀賞

【メニュー名】食べまっし 加賀彩々膳

【販売エリア】E8 北陸道・尼御前SA(上り線)

【価格】1,980円(税込)

■メニューのご紹介

北陸の食の魅力を、見た目や味で存分に楽しめる懐石料理を作りました。

JA加賀の農産物直売所「JAグリーン加賀元気村」から仕入れ、地元農家が生産したわさび菜や冬瓜といった野菜や、石川県漁業協同組合の地元漁師が水揚げした甘えびなどの海鮮食材を使用するなど、地元の食材にこだわりました。

また、料理の一部に山中漆器を使用するなど、食器にもこだわった演出を行いました。

デザートには日本海に面した砂丘地で美味しく育った『五郎島金時芋』をタルトに仕上げた上にマロンクリームを絞った他では食べることの出来ない『モンブラン』を作りました。

金沢・加賀方面へ旅行に来られたお客さまに、石川県の魅力を存分にお楽しみいただけるよう、調理しました。

審査員特別賞

【メニュー名】 越中とやまのやくぜんカレー “豊かな大地 みな穂の恵み”

【販売エリア】E8 北陸道・有磯海SA(下り線)

【価格】2,000円(税込)

■メニューのご紹介

「とやまの薬売り」に代表される様に、富山には薬と共に歩んできた歴史があります。

今回、私共は薬と食を合わせた「薬膳」をテーマに料理開発致しました。

入善町「JAみな穂」さん御協力のもと入善産ウコン、入善高校農業科の生徒さんと地元の方が育てた唐辛子を使用し、豆乳でマイルドに仕上げた「とやま薬膳カレー」をご用意致しました。

まずはそのまま、続いてお好みの薬味と共に召し上がり、自分好みの味をお楽しみ下さい。

審査員特別賞

【メニュー名】近江牛味ごのみ膳

【販売エリア】E1 名神・EXPASA多賀(下り線)

【価格】1,780円(税込)

■メニューのご紹介

八日市南高等学校の生徒さんがトマトを育てて作ったケチャップを使用した3品の近江牛料理です。

近江牛薄切り肉のストロガノフ風・近江牛モモ肉のデミ味噌煮込み・近江牛ミートボールのカレー風味ソースです。

サラダのドレッシングには八日市南高等学校の生徒さんがしそを育てて作ったしそジュースを使用しており、デザートはしそジュレに仕上げております。

近江牛の3種類それぞれの味をお楽しみいただけます。

審査員特別賞

【メニュー名】まごわやさしい牛味噌茶漬け御膳

【販売エリア】E1 名神・多賀SA(上り線)

【価格】1,980円(税込)

■メニューのご紹介

地元高校(八日市南高等学校)の開発した味噌をアレンジしてオニギリにつけ、国産牛は漬け込み香ばしく焼き上げた逸品。

オニギリはそのまま食べたり茸の土瓶蒸しの出汁をかけ、茶漬けとしてお召しあがり下さい。

また小鉢は健康な食生活に役立つ和の食材の頭文字を覚えやすく言い表した「まごわやさしい」にちなんで「ま」は大豆(豆腐)、「ご」はゴマ、「わ」は(海藻類)ワカメ、ひじき、「や」は野菜、「さ」は魚(琵琶湖の湖魚)、「し」は椎茸(茸類)、「い」は芋(コンニャク)といった体に良いと言われている食材を集めました。

審査員特別賞

【メニュー名】美濃三昧の集い

【販売エリア】E1 名神・養老SA(上り線)

【価格】1,980円(税込)

■メニューのご紹介

岐阜県ブランド肉の飛騨牛、養老山麓豚、恵那どりの三種類の肉を使用し、焼き、ロースト、煮込みと3つの調理法で仕上げました。

飛騨牛は柔らかくしぐれ煮に焚き上げ、山麓豚のヒレはローストポークにしてサラダと合わせてあります。

養老町の特産品のひょうたんを形どったしば漬は、視覚からもお楽しみいただけます。

朴葉で包み焼きした恵那どりのもも肉は地元の大垣養老高等学校が生産している醤油を使用したソースとともにご賞味下さいませ。

なお、出品メニューは各SA・PAで販売されておりますので是非ご賞味くださいませ。

コンテスト概要

今回のテーマは、『新たな食材・新たな素材発掘 ~新たな素材を活かした新名物の打ち出し~』です。ご旅行を楽しまれるお客さまに、新たな食文化の発信、将来に向けて新たな名物・逸品となり得るチャレンジメニューの開発を行っています。

審査員は、食の専門家 服部 幸應 氏(学校法人服部学園 理事長)、フードジャーナリスト 中村 壽美子 氏、読売新聞東京本社 編集局編集委員 メディア局大手小町編集長 大森 亜紀 氏、タレント 大島 麻衣 氏のほかNEXCO中日本グループから1名が加わり、調理・試食審査を経て、最優秀メニューを決定しました。

◆出品メニュー一覧はこちら>>

◆マスコミ様向け情報取得サービス「NEXCO中日本SA・PAデータガレージ」では、新聞・雑誌に転載が可能な高画質の写真データを配信しています。

▼ご利用はこちらから▼

  • 287
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

生活者と企業をつなぐインターネットサービスです。インテリア、グルメ、ファッションなどと様々なジャンルの企業の最新情報が集まっています♩

おすすめのアイデア

話題のキーワード