プロパンガスでエコウィルを導入したい!メリット・デメリットをチェックしよう

「エコウィル」は、都市ガスやプロパンガスを使って発電するコージェネレーションユニットです。「ガスを使ったマイホーム発電に興味はあるけど、エネファームは導入費用が高すぎる」という方は、比較的導入しやすいエコウィルを検討してみてはいかがでしょうか。今回は、エコウィルとはどんなシステムなのか、プロパンガスを利用している家庭でもエコウィル導入のメリットがあるのか、考えられるデメリットは何かなど、エコウィルについてさまざまな角度からまとめました。

  • 6435
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

エコウィルって何?

「エコウィル(ECOWILL)」とは、都市ガスやプロパンガスなどを燃料に、ガスエンジンを使って発電し、発電時に発生する排熱を利用して、同時にお湯を沸かせる「家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニット」です。ガスエンジンを本田技研工業やパーパスが、給湯器部分をノーリツや長府製作所が製造しています。

エンジンと聞くと、騒音が気になるイメージですが、エコウィルのエンジンはコンパクトで、エアコン室外機と同程度の静かな設計になっているとともに、静かな住宅街でも音が気になりにくいような音質に作られています。

車のエンジンは熱を持ったときにラジエーターで冷やしますが、エコウィルではエンジンの熱を、水を温めるエネルギーとして使います。その熱でできたお湯を、お風呂や床暖房に使い、エネルギーを無駄なく利用できる仕組みです。

家庭用コージェネレーションシステムには、燃料電池を使っている「エネファーム」もあります。エネファームは、都市ガス、プロパンガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて発電するシステムです。エネファームは導入費用が2,000,000~3,000,000円と言われていますが、エコウィルは500,000~800,000円程度で導入できます。

エコウィルのメリットは?

エコウィル導入には、以下のようなメリットがあります。

【光熱費の節約になる】
発電時に発生する排熱を使ってお湯を沸かせるため、ガス代の節約になります。特に、プロパンガスは、ガス代そのものが都市ガスと比較して高価であるとともに、エネルギーあたりに換算しても、さまざまな会社が自由に価格を決めていることもあり、高めです。同じ量のプロパンガスから、少しでも効率よくエネルギーを利用するために、エコウィルは重宝します。

また、エコウィルで発電している電力分について、電力会社から買う電気の量を減らせるため、電気代も安くなります。

【エネルギー効率がよい】
エコウィルは自宅での発電となるため、送電ロスがなく、エネルギー利用率は約92%と高効率になります。これに対して、発電所から送電線を経て届く電気は、送電ロスがあるため、エネルギー利用率としては40%程度となってしまっています。

【補助金制度を利用できる】
高効率のエネルギー利用はCO2削減にもなるため、エコウィルの設置に対して、国や一部の地方自治体が実施している、省エネルギー機器等導入助成(補助金)制度が利用できます。

【ガス代の割引制度を利用できる】
ガス会社がエコウィルの普及に協力している背景から、会社によっては、エコウィル使用でガス料金を割引するプランを設けていることがあります。

【停電時に強い】
停電時にも自立運転が可能な「エコウィルプラス」であれば、もしものときにも電気もお湯も使えます。

エコウィルのデメリットは?

多くのメリットがあるエコウィルですが、導入には以下のようなデメリットもあります。

【お湯を使わないと発電できない】
エコウィルでは、タンクのお湯が減った分、お湯を沸かし、そのときに発電する仕組みになっています。したがって、お風呂にあまりお湯を張らない、キッチンでもお湯をあまり使わないという家庭では、あまり発電できません。

【長時間の連続使用ができない】
エコウィルはガスエンジンを利用しているため、エネファームのように長時間の連続使用ができません。

【発電できる時間が短い】
エコウィルでは、エネファームよりも早くお湯が貯まってしまうため、発電できる時間が短くなってしまいます。

【出てくるお湯をそのまま飲めない】
エコウィルに限らず、沸かしたお湯をタンクに貯めておくシステムでは、出てくるお湯をそのまま飲めません。お湯を飲みたいときは、一度沸騰させるという手間がかかります。

【電気が余っても売電できない】
太陽光発電では、発電した電気が余れば売電できますが、エコウィルで発電した電気は、余っても売電できません。

【点検の手間がかかる】
エコウィルは、一定期間ごとに点検が必要です。3年間または6,000時間の運転のどちらか短い方のタイミングで、定期点検をしなければ動かなくなる仕組みとなっています。

まとめ

今回は、エコウィルを導入することについて、さまざまなメリットとデメリットをご紹介しました。プロパンガスを使っていても、たくさんお湯を使う場合は、エコウィル利用割引と併せて、トータルの光熱費が節約できる可能性があります。エネルギー問題に関心がある方や、マイホーム発電に興味のある方は、費用の面で比較的導入しやすいエコウィルを検討されてみてはいかがでしょうか。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 6435
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード