【外壁・屋根塗装工事】稲城市K様邸/屋根下塗り

外壁・屋根塗装時に行う作業内容や方法、日々行っている作業風景などを説明しております。

  • 819
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

SHINSEIの前野です。
稲城市の現場ではビニール養生後下地調整が終わり、屋根の下塗り作業を行っております。

屋根は遮熱塗料で塗装しますので、下塗りは弱溶剤2液型のシーラー(ホワイト)を使用しております。
メーカーさんの話によると、関東地域の方では屋根材には溶剤系の塗料を使用する場合が多いのですが、関西地区では屋根にも水性系の塗料を使用する場合が多いそうです。
いやー不思議です"(-""-)"

スレートは塗料吸い込みがあるため、下塗りの回数は劣化具合で異なる場合があります。
今回は問題ないようですが、劣化が著しいと吸い込みがひどく塗りムラができてしまったりします。

塗料メーカーの塗装仕様にも下塗りは1~2回塗りとなっています。
築年数や方角である程度予測できますが、実際どれだけ劣化しているか・
どの程度下塗り塗料が吸い込まれるかは、洗浄後に塗装してみないと分かりません。

遮熱塗料を使用しておりますが、すでに下塗りを終えた状態でもかなり遮熱性を発揮しております!
むしろ下塗りは真っ白なので一番遮熱性能は高いかも!?


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 819
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

私たちは安心・丁寧を心掛け、高品質の塗装工事を提供いたします。建物全体の状況をふまえた上でのご提案と、お客様と直接お取引させていただく『元請け』にこだわっており…

おすすめのアイデア

話題のキーワード