コンクリート物干し台おすすめ5選!外し方を解説

コンクリート物干し台のおすすめ5選を紹介します。オールステンレスのものや、奥行きのない場所におすすめのコンクリート物干し台など、たくさんのコンクリート物干し台が登場しますよ。また、コンクリート物干し台の選び方についても必見です。コンクリート物干し台の外し方もまとめたので、参考にしてくださいね♪

  • 25019
  • 60
  • 0
  • いいね
  • クリップ

物干し台の選び方

物干し台といっても本当にたくさんの種類があって、迷ってしまいますよね。そこで、長く使える物干し台を選べるように、4つのポイントを押さえて解説します。コンクリート物干し台を使って、毎日の洗濯物干しを少しでも楽にできるようにしてみませんか。

パイプ部分の素材で選ぶ

最初にチェックするのが、パイプ部分の素材。主に3種類あります。スチールとステンレスコーティングのものは、とにかく価格を抑えたい方におすすめです。商品がたくさんあって、選びやすいのもポイント。

オールステンレスのものは、スチールパイプよりも強度が高く、サビに強いのが特徴です。価格は高くなります。アルミは、オールステンレスに比べて、軽く、サビに強いです。価格はさらに高くなります。

好みに合わせて選んでくださいね。

ベース部分の素材で選ぶ

物干しのベース部分は、ブロー台とコンクリートの2種類。ブロー台は、ポリエチレン樹脂が素材で、中に水や砂を入れて重さを出しています。水や砂を入れる前なら、軽いので持ち運びが簡単ですよ。また、コンクリート台は重量感があって安定しやすいです。

竿受けのタイプで選ぶ

次にポイントとなるのが、竿受けのタイプ。竿を乗せるだけのタイプと、竿を包み込むようなタイプの2種類あります。前者は、ステンレスかスチールパイプでできていて、強度や耐久性が強いです。後者は、プラスチックでできていて、耐久性がすこし落ちます。

サイズで選ぶ

最後にチェックする必要があるのが、物干しのサイズ。もし、買ったあとに大きすぎてベランダに入らない、物干し台が庭を占拠してしまった、なんてことになったら大変ですよね。まずは、置きたい場所と物干し台のサイズのバランスを確認しましょう。

コンクリート物干し台おすすめ5選

コンクリート台の物干し台は、1度購入したら長く使えるので慎重に選びたいですよね。コンクリート物干し台の中でも機能性が高く、使い勝手がいいものを5つ厳選して紹介します。どれがいいのかわからない、という方は参考にしてみてくださいね。

ハンガーボード
オールステンレス 組立式 物干し台 CF-204
10,980円(税込)
オールステンレスで雨風に強いコンクリート物干し台
『ハンガーボード』のステンレス製のコンクリート物干し台。組み立て式ですが、パイプを差し込むだけと簡単なのがポイント。オーソドックスな物干し台が欲しい方におすすめです。オールステンレス製なので、さびにくく、清潔な状態で洗濯物を干すことができます。耐荷重は、1つのアームあたり12kg。ラインアップには、土台がコンクリートベースと2色のプラスチックカバーベースの計3種類です。
豊臣金属株式会社
アルミ物干しスタンド IB-Y
18,880円(税込)
スリムなコンクリート物干し台
『豊臣金属株式会社』のおしゃれなブロンズカラーが特徴的なコンクリート物干し台。物干し竿を設置する高さが違うので、通気性が高まり、洗濯物が乾きやすくなるような設計に。滑り止めと、静音ラバーが付いているので、物干し竿を置くときの音がしずらいのも特徴。アルミ合金の本体に、アルマイト処理とクリア樹脂コーティングで施工。雨風に負けない頑丈さを備えています。
豊臣金属株式会社
アルミ物干しスタンド ES-Y
18,880円(税込)
4.2
4.2 Stars
3件)
キャップの色が選べるおしゃれなコンクリート物干し台
『豊臣金属株式会社』の、先端のカバーの色が選べるコンクリート物干し台。おしゃれさんやカラフルなカラーが好きな方におすすめです。プラスチックカバー付きのコンクリート物干し台なので、耐久性に優れており布団を干したり、重さのある衣類を干すのにぴったり。プラスチックカバーのカラーバリエーションはパールを基調としたレッドやグリーンなど全11種類。好きな色を選べます。
ハンガーボード
オールステンレス 片側物干し台 FT-1PPWHT
17,980円(税込)
5
5 Stars
2件)
奥行のない場所におすすめのコンクリート物干し台
『ハンガーボード』の壁面や軒下など奥行のないところに設置できる、片側のみにアームが付いたタイプの物干し台。3か所まで物干し竿をつけることができます。雨や日差しに強いオールステンレスタイプなので、長く使いたい方にぴったり。コンクリートベースなので、風に吹かれても、物干し台が倒れにくいのも特徴。汚れが付いてもステンレス&PP樹脂コーティングを施しているのでお手入れ簡単、サッと拭き取るだけ。
モリ工業
ステンレス 組立式ものほし台 ブローベース付き S7-3BU
6,213円(税込)
3.8
3.8 Stars
26件)
ブローベースを使ったコンクリート不要の組み立て式物干し台
『モリ工業』のステンレス製コンクリート物干し台。ブローベースには、水や砂を入れて使用します。コンクリートベースが不要な組み立て式タイプのため、マンションのベランダやバルコニーにぴったり。物干し台の高さが調整でき、簡単に布団を干せます。全部で4本物干し竿を設置できるので、たくさん洗濯物を干したい方におすすめ。ブローベースの水や砂を抜いてバラせば、引っ越しもラクラク!

コンクリート物干し台の外し方

自宅で、コンクリート物干し台を外す場合には、無理やり壊すなんて方法があるようですが業者に頼んで回収してもらうのがおすすめです。1つあたり2500~3000円で回収してくれるそうですよ。面倒くさいのが嫌な方はお住いの自治体や業者がどのような回収方法をとっているのか確認しましょう。

コンクリート物干し台で風の吹く日も洗濯を干そう

いかがでしたか。今回は、コンクリート物干し台について紹介しました。オールステンレスで丈夫なものや、スリムなものなどたくさんの物干し台が登場しましたね。コンクリート物干し台は、倒れにくいところがおすすめポイント。コンクリート物干し台を使って、もっと毎日を快適に過ごしてみませんか。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 25019
  • 60
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活雑貨のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード