安全・きれい!棚や額縁を水平に取り付ける方法【DIY工具辞典 #16】

「工具マニアのエリー」による、手作りアイテムのイラスト解説コーナー。第16回目は「水平の出し方」について簡単に解説していきます! 棚や額縁を安全かつきれいに取り付けるには、水平を出してまっすぐに設置することが大切。初心者がそろえておくと便利な水平を出すための道具と、その使い方を見てみましょう!

  • 33694
  • 35
  • 0
  • いいね
  • クリップ

基本中の基本! 水平を出そう

DIYで棚や額縁を作ったら、最後は壁に取り付けて完成! 

......とはいえ、まだまだ気を抜くことはできません。せっかくきれいに棚や額縁が作れても、地面に対して水平に取り付けないと、不恰好な見た目に。さらに棚に関しては、上に物を乗せて使います。斜めのまま取り付けてしまうと、物が落下する原因にもなってしまうのです。

そんなDIYの基本中の基本である「水平の出し方」は、とっても簡単。水平を出すための3つのアイテムと、その使い方をご紹介します!

その1. コンベックスを使う

水平を出すための1つめのアイテムは、DIY初心者でもほとんどの方が持っているであろう「コンベックス(メジャー)」。

例えば棚を取り付けたいとき。ちょうどいい高さを決めたら、コンベックスを使って床からの高さを測ります。そうして出した高さを、棚受けをつける場所に2ヶ所印をつけると、水平を出すことができます。

その2. 水平器を使う

2つめのアイテムは、簡単に水平を出せる「水平器」。

棚を取り付けるときは、まずは片方の棚受けを好きな高さでラフに取り付けます。それから棚板の上に水平器を乗せて、気泡が真ん中にきたらそこが水平。印をつけて、左右の棚受けをしっかり取り付ければ完成です。

その3. レーザー水平器を使う

3つ目は便利な「レーザー水平器」。

レーザー水平器の使い方はとても簡単。レーザーから出てくる水平線(垂直線が出るものも)に合わせて取り付けるだけ。たくさんの棚や額縁を取り付けたいときや、ハンズフリーで作業をしたいとき、壁に印をつけたくない時におすすめの、便利なアイテムです。


みなさんも水平の出し方を覚えて、DIYで作ったものを長く楽しみましょう!

●イラスト・ライター 工具マニアのエリー

幼少期からDIY好きの父に連れられてホームセンターに通い、手作りのための道具や工具に慣れ親しむ。「自分でできることは自分でやってみる」というDIYマインドは祖父の代から受け継がれ、ちょうどいいものがないときは自分でつくるように。最近ハマった工具は万力。

  • 33694
  • 35
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア