スマートキーの合鍵(スペア)はどう作る?作成方法や値段・日数を比較

鍵をポケットに入れたまま車の施錠・開錠ができるスマートキーは、本体が小さいため、うっかり紛失したり、車内に置き忘れたりなど万が一の事態も考えられます。今回は、スマートキーの合鍵の作り方について、作成方法や値段などを紹介します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 8094
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

スマートキーの合鍵(スペア)の作り方

  • 鍵の専門業者へ依頼する
  • 正規のディーラーへ依頼する
  • 自動車整備工場へ依頼する

ここでは、スマートキーの合鍵の作り方を3つに分けて紹介します。

鍵の専門業者へ依頼する

鍵の専門業者は、合鍵の作成・鍵開け・鍵修理・鍵交換など、鍵に関するプロフェッショナルです。

大手の鍵屋は、全国各地に加盟店があります。そのため、外出先でスマートキーの紛失やインロックなどのトラブルに遭っても、近くの加盟店からスタッフがすぐに駆けつけて鍵開け・合鍵作成をしてくれるのがうれしいポイントです。

ただし、イモビライザー(盗難防止装置)が付いたスマートキーなど、鍵の種類によっては対応していないこともあるため、事前に確認しましょう。

スマートキーの合鍵作成はカギ110番がおすすめ

スマートキーの合鍵を作りたいという人は、「カギ110番」のお得なプランの利用がおすすめです。

車の鍵トラブルにも対応しており、鍵開けは9,900円(税込)〜、鍵交換は11,000円(税込)〜、鍵作成は15,400円(税込)〜、鍵修理は8,800円(税込)〜依頼が可能です。イモビライザー付きの鍵にも対応しています。

電話でのご相談は24時間365日受付中のため、スマートキーの合鍵を作りたいという人は、まずは気軽に事前見積もりのご相談をしてみてはいかがでしょうか。

※鍵の種類によって金額は異なります
※対応エリア・加盟店により記載の価格で対応できない場合があります

正規のディーラーへ依頼する

車を購入したディーラーでは、純正のスマートキーを作成してもらえます。

既存のスマートキーのコピーではなく、純正のスマートキーをイチから作成するため、合鍵の精度は非常に高いです。ただし、部品などの取り寄せを行うため、合鍵の作成には数日〜数週間程度かかることが多いです。

近くにディーラーがあるかどうかは、下記の販売店一覧から検索できます。

<メーカー別 全国の販売店一覧>
トヨタのディーラーを検索する
ホンダのディーラーを検索する
日産のディーラーを検索する
スズキのディーラーを検索する
ダイハツのディーラーを検索する

自動車整備工場へ依頼する

自動車整備工場でもスマートキーの合鍵を作成できる場合があります。

車を工場へ持ち込んで合鍵の作成・登録を行います。スマートキーの在庫があれば当日に対応してもらえますが、対応している工場は少ないです。

行こうとしている自動車整備工場があれば、事前にスマートキーの合鍵を作成できるかどうか確認してから向かうことをおすすめします。

スマートキーの合鍵(スペア)作成にかかる値段と日数

鍵屋

正規ディーラー

自動車整備工場

値段

2~10万円

5,000~4万円

要問い合わせ

日数

2日~数週間程度

即日~1週間程度

即日~

スマートキーの合鍵作成にかかる値段と日数の目安は上記の通りです。

マスターキーや鍵番号の有無によって値段が異なるほか、イモビライザー付きだと+1〜2万円ほど高くなる傾向にあります。

※LIMIA編集部が調べた2023年4月時点のおおよその料金・日数の目安です。

スマートキーの合鍵(スペア)作成で必要なもの

  • マスターキー
  • 鍵番号
  • 合鍵の作成費用

ここからは、スマートキーの合鍵を作るために必要なものを解説します。

マスターキー

合鍵を作成するには、複製元となるマスターキーが必要です。

合鍵の精度は100%ではないため、合鍵で合鍵を作ると鍵が開かないトラブルの原因になりかねません。そのため、車を購入した際に受け取ったマスターキーを持って合鍵の作成を依頼しましょう。

マスターキーを紛失した場合でも合鍵は作成できますが、手間が増える分、値段が高くなる傾向にあります。

鍵番号

車を購入した際に通知される鍵番号も、スマートキーの合鍵作成に必要なものです。

鍵番号があれば、複製する合鍵の種類をメーカーが番号で確認できます。マスターキーと同様になくても合鍵の作成はできますが、値段が高くなりがちなため、忘れずに用意しましょう。

合鍵の作成費用

合鍵を作成するにはお金がかかるため、作成費用も必要なものになります。

即日で合鍵を作れる場合は、その場で支払いが発生します。会計時にお金がなくて焦らないよう、合鍵の作成にかかる値段のお金を持っていきましょう。

スマートキーの合鍵(スペア)作成時の注意点

  • スマートキーの合鍵作成は値段が高い
  • 鍵業者や工場によっては対応していない
  • ディーラーは合鍵の作成に時間がかかる

ここからは、スマートキーの合鍵を作成するときの注意点について解説します。

スマートキーの合鍵作成は値段が高い

スマートキーは構造が複雑なため、値段が高額な傾向があります。

マスターキー・鍵番号の有無や、イモビライザー機能の搭載・非搭載などによって異なりますが、5,000~4万円程度は想定したいところです。

最終的な総支払額がいくらになるか気になる場合は、現状を伝えて事前の見積もりを出してもらうのがおすすめです。

鍵業者や工場によっては対応していない

スマートキーは合鍵作成の値段が高いだけでなく、そもそも合鍵作成に対応していないケースがあります。

理由は、ブランクキーを型に沿って削る方法とは複製手段がまったく異なるためです。

無駄足にならないよう、スマートキーの合鍵作成に対応しているかどうかを電話で問い合わせて確認しましょう。

ディーラーは合鍵の作成に時間がかかる

正規のディーラーでスマートキーの合鍵を作成する場合は、数週間の時間を要する点に注意です。

ディーラーでは、純正の合鍵を作成するため、部品の取り寄せに時間がかかります。

時間に余裕がなく、数日以内に合鍵がほしい場合は、鍵屋や自動車整備工場の利用も検討してみてください。

スマートキーに合鍵(スペア)って本当に必要?

  • インロックされてドアを開けられない
  • 電池切れや故障で施錠・開錠ができない
  • スマートキー本体を紛失してしまう

スマートキーは、合鍵の作成にお金と時間がかかるため、「本当に必要なの?」と感じる方がいるかもしれません。

しかし、万が一の事態はいつ起きるかわからないものです。

合鍵をいくつも作成する必要はありませんが、いざというときの備えで1つは合鍵を持っておいた方が良いでしょう。

スマートキーの合鍵(スペア)に関するよくあるQ&A

ここでは、スマートキーの合鍵に関連した疑問などをQ&A形式で答えます。スマートキーの合鍵で疑問などがあれば、チェックしてみてください。

Q. スマートキーの合鍵を作る方法は?

A. 合鍵の作成方法には、下記の3種類があります。

  • 鍵屋に依頼する
  • メーカーに依頼する
  • 自動車整備工場に依頼する

詳細については記事内で解説しています。

Q. スマートキーの合鍵を作成する値段はどれくらい?

A. スマートキーの合鍵作成には、5,000〜4万円程度かかります。

スマートキーはその他の鍵と比べて構造が複雑なため、値段が高くなる傾向があります。マスターキー・鍵番号の有無、イモビライザー機能の搭載・非搭載によって異なります。

Q. スマートキーのマスターキーとスペアキーの違いは?

A. マスターキーを複製したものがスペアキーです。

マスターキーは鍵の元になるオリジナルです。オリジナルを元に複製した鍵をスペアキーと呼び、基本的にはスペアキーを使用します。

スマートキーの合鍵に関する記事をチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年4月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 8094
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

防犯・防災のデイリーランキング

おすすめのアイデア