シャークコードレス掃除機の口コミ・評判!実際に使って本音レビュー

シャークコードレス掃除機を実際に使って口コミレビュー! ここでは家電批評オブ・ザ・イヤー2022を受賞したシャークの新しいコードレスクリーナー「EVOPOWER SYSTEM iQ+」を実際に使用して、吸引力や静音性・機能性などをメリットとデメリットにも触れながら本音で検証していきます。購入を検討中の方は要チェック!

シャーク(Shark)
  • 10138
  • 28
  • 0
  • いいね
  • クリップ

シャークのコードレス掃除機とは?

2018年に日本上陸したアメリカ発のフロアケアブランド「シャーク(Shark)」。消費者のニーズに寄り添うことで、より使いやすい製品の開発に努めながらも、手の届きやすい価格を実現し続けているアメリカでシェアNo1(※1)の掃除機メーカーです。

なかでも注目度が高いのは、日本の家庭に合わせてデザインされたコードレススティッククリーナー「EVOPOWER SYSTEM」シリーズの製品

通常の掃除機としてはもちろん、ワンタッチでそのままハンディクリーナーとしても使用することができる2WAYタイプのクリーナーが取り揃えられています。コードレスでサッと使える手軽さが魅力のポイントで、ユーザー満足度96%(※2)をかなえている実力派のアイテムとなっています。

※1 出典:The NPD Group, Inc. / Retail Tracking Service 2018/1/7-2022/1/1期間のUSにおける売上金額合計。データにはフルサイズ掃除機、ハンディ/スティック型掃除機、非電気カーペットスイーパー、掃除専門カテゴリが含まれます。その他のディープカーペットクリーナー、電気カーペットスイーパー、ハンディ専門の掃除サブカテゴリは含まれません。

※2 Shark 実施のユーザー満足度調査より:EVOPOWER SYSTEM(CS200J,CS401J,CS501J) に満足しているか、という問いにとても満足、やや満足と回答したユーザーの比率
調査主体:シャークニンジャ、調査期間:2021年4月9日~4月16日、調査人数:100人

シャークコードレス掃除機を実際に試してみた!編集部の口コミレビュー

今回編集部では、家電批評オブ・ザ・イヤー2022を受賞した最新の「EVOPOWER SYSTEM iQ+」を実際に使って、その使用感を検証してみました。

▼検証した機種

機種名

Shark EVOPOWER SYSTEM iQ+ コードレススティッククリーナー CS851J(自動ゴミ収集ドック付き)

掃除機のタイプ

コードレスクリーナー

値段

79,750円(税込)

特長

FLEX機能・ハイブリッドパワークリーン・iQテクノロジー・自動ゴミ収集ドッグ

カラー

モーヴグレイ

保証

2年間(バッテリーなどの消耗品を除く) 公式オンラインストアからの購入だと追加で1年間保証

▼検証内容

  • 扱いやすさ(サイズ・重さ)
  • 吸引力
  • 手入れのしやすさ
  • その他機能
  • デザイン
  • 静音性
  • 総合的な使いやすさ

▼検証者のスペック

  • 年齢・性別:40代前半・男性
  • 家族構成:妻・長女(13歳)・次女(10歳)・三女(1歳5ヵ月)
  • ペット:猫
  • 自身の掃除頻度:平日は仕事なので、週末に掃除を担当

▼掃除範囲・時間について

  • 住まい:二世帯住宅の二階部分が自宅
  • 掃除範囲:3LDK・階段・屋根裏スペース
  • 所要時間:20分前後

▼掃除機に関する要望

LIMIA編集部
検証者Y
女性4人と猫がいる家庭なので、長い髪や細かい毛をしっかり吸引したいと思っています。

現在使用している別メーカーのコードレス掃除機は、「強」モードで吸引し続けるとすぐにダストボックスがフルになってしまうところと、毎回のゴミ捨てのたびに手が汚れるところが気になっているので、シャークのクリーナーでその点が改善できればうれしいです。
出典:pixta.jp

配送・梱包状態

提供:LIMIA編集部

丁寧で無駄のない梱包だったので中身に損傷などはなく、ゴミ出しもかさばりにくいところが高ポイントでした。

▼セット内容

提供:LIMIA編集部
  1. 1.クリーナー本体
  2. 2.自動ゴミ収集ドック
  3. 3.ハンディ用ヘッド4種類
  4. 4.クリーナーヘッド

EVOPOWER SYSTEM iQ+は、パーツの内容がシンプルなので力を使わず簡単に組み立てることができました

また、ハンディ用の付け替えヘッド4種類はすべて、自動ゴミ収集ドック横に設置する収納台にまとめて収めることができるため、別途収納スペースを作らなくていいところも便利です。

検証1. 扱いやすさ(サイズ・重さ)

提供:LIMIA編集部
  • 高さ×幅×奥行:1040 × 258 × 114mm
  • 重量:約2.0kg

クリーナーは、コンパクトでスマートなサイズ感。

必要な機能を備えながらも、約2キロと軽やかな重量に抑えられているため、扱いやすさに感動しました!

LIMIA編集部
検証者Y
扱いやすいサイズに重さ

ヘッドの動きもなめらかで操作性に優れています。ハンディクリーナーも1Kg未満で扱いやすいです。しかし、持ち手はグリップがやや太いため、手の小さい方は長時間使用すると少し疲れやすく感じるかもしれません。
出典:pixta.jp

▼FLEX機能について

提供:LIMIA編集部

クリーナーのパイプ部分が曲がる「FLEX機能」搭載で、掃除が行き届きにくい家具の下でも立ったまま手軽に掃除することができます。

LIMIA編集部
検証者Y
慣れるまではやや操作しにくい印象がありましたが、かがみこまないと掃除できなかった箇所を楽に掃除できるようになるので、比較的便利だと思いました。
出典:pixta.jp

▼ハンディクリーナーについて

提供:LIMIA編集部
  • 高さ×幅×奥行:510 × 67 × 86.5mm
  • 重量:約0.9kg

持ち手部分は、クリーナー本体からワンタッチで取り外し可能で、そのままハンディクリーナーに。コードレスでどこにでも持ち運ぶことができるので、普段なかなか手が及ばない車内も手軽に掃除することができました! 

また、4種類のハンディ用ヘッドも付属しているため、布団やソファ、カーテンやあらゆる隙間などといった細かい部分もサッときれいにすることができます。

LIMIA編集部
検証者Y
床掃除の途中でパッとハンディに切り替えられるから、普段から気になっていた細かいところをすぐにきれいにできてかなり便利です。

付属のヘッドをどれも装着しなくても使えるのも◎。これまでは掃除がしづらかった車の中もこまめに掃除できるように

ただし、ハンディの切り替えボタンと、ダストボックスの取り出しボタンを押し間違えないように注意が必要です。
出典:pixta.jp

検証2. 吸引力

吸引力が高いので、長い髪の毛・ペットの毛のゴミ・幼い娘の食べこぼしなどもしっかりきれいに掃除ができました! クリーナー時はもちろん、ハンディ時でもしっかりゴミを吸い取ってくれます。

▼iQテクノロジーについて

EVOPOWER SYSTEM iQ+には、iQセンサーが感知したゴミの量に応じて、ブラシの回転スピードと吸引力を自動で調節する「iQテクノロジー」が搭載されているのがすごいところ!

同じ場所を複数回往復しなくても一度でしっかりゴミを吸引してくれたなと感じられ、効率よくラクに掃除をすることができました。

▼ハイブリッドパワークリーンについて

提供:LIMIA編集部

また、パワーフィンとソフトローラーを組み合わせたシャーク独自のヘッド「ハイブリッドパワークリーン」が、床やカーペットなどのあらゆるフロアに密着するので、一度に多くのゴミを除去することが可能です。

さらに、ブラシロールに毛が絡みにくい仕様(※)なので、長い髪の毛やペットの細かい毛もしっかり吸い取ることができました。

※ シャーク本社テストによる。長さ45cmの毛0.25グラムを0.6m2のフローリングで10サイクルテストした結果。

LIMIA編集部
検証者Y
既に使っている別メーカーのコードレスクリーナーと比較しても、吸引力が強くてとてもいい

さらに、これまではヘッドに絡まった髪をいちいち取り除く作業があったが、EVOPOWER SYSTEM iQ+は毛が絡まないので、とても快適に使用できています。
出典:pixta.jp

検証3. 手入れのしやすさ

提供:LIMIA編集部

EVOPOWER SYSTEM iQ+は「自動ゴミ収集ドック」が付いてます。

クリーナーをドックに戻すだけで、クリーナーに付いているダストボックスから自動的にゴミを回収してくれるため、ゴミ捨ての煩わしさがありません! しかも、約30日分(※)のゴミを溜められるとのこと。

また、ダストボックスもワンタッチで開くため、日頃からこまめにゴミ捨てすることもできます。

自動ゴミ収集ドック・ダストボックスどちらも水洗いすることができるので、衛生的に使い続けられるところも魅力的でした。

※ 1日1回使用した場合。部屋の環境により異なります。

LIMIA編集部
検証者Y
ダストボックスからゴミ箱へゴミを捨てるとき、手がまったく汚れませんクリーナー自体の掃除に手間がかからないのは、掃除のストレスをグッと軽減させてくれるので高得点。
出典:pixta.jp

検証4. その他機能

▼ダブルLEDヘッドライトについて

提供:LIMIA編集部

EVOPOWER SYSTEM iQ+は、シャーク初の「ダブルLEDヘッドライト」を搭載しています。

クリーナーとハンディ、どちらの状態にもLEDライトがついているので、暗くて掃除がしにくい箇所でもゴミを確認しながらしっかり掃除することができます。

LIMIA編集部
検証者Y
暗くて見えにくい箇所の掃除は、どうしても怠りがちになるので点灯機能は便利だと思いました。

暗いところでも安心して掃除することができるので、見えないところのべたつき汚れを引きずらなくて済みます。常時点灯する必要はないかなと思いましたが、LEDだから省電力で安心です。
出典:pixta.jp

▼バッテリーについて

充電時間

約3.5時間

クリーナー時の 運転時間(※)

ブーストモード:約14分 iQモード:約14~50分 エコモード:約50分

ハンディ時の 運転時間(※)

ブーストモード:約14分 iQモード:約14~62分 エコモード:約62分

付属バッテリーの本数

2本

※ バッテリー2個連続使用時

EVOPOWER SYSTEM iQ+では、「リチウムイオンバッテリー」が予備を含めて2本付属されているのもうれしいところ! 途中でバッテリーが切れてしまっても、ワンタッチで簡単に2本目に差し替えるだけで掃除を続けることができます。

LIMIA編集部
検証者Y
20分間通常モード(iQモード)で掃除してもバッテリー1本で充分。

スペアがあるので、充電切れを恐れずゆったりと掃除することができました。うちのように部屋が複数ある家庭でも、途中で充電することなく一度で掃除することができました!
出典:pixta.jp

検証5. デザイン

提供:LIMIA編集部

EVOPOWER SYSTEM iQ+では、現代の日本家庭に合うトレンドカラーを採用されています

部屋に出しておいても自然とインテリアに溶け込む、スタイリッシュなデザインがとっても好印象!!

LIMIA編集部
検証者Y
大きさに圧迫感がないうえ、配色もおしゃれなので、違和感なく部屋に設置しておけます。
出典:pixta.jp

検証6. 静音性

EVOPOWER SYSTEM iQ+に搭載されている、通常のiQモードだと夜のお掃除など多少音が気になりました。

しかし、手動で「エコモード」に切り替えができるため、夜や早朝で音が気になる時間帯は重宝しました。

LIMIA編集部
検証者Y
通常のiQモードでは1歳5ヵ月の三女が少し怖がってしまったので、エコモードに切り替えたところ大丈夫になりました。音に敏感な方はエコモードを使用するのがおすすめです。
出典:pixta.jp

検証7. 総合的な使いやすさ

LIMIA編集部
検証者Y
総合的にみてもすばらしい使い心地!
とくに、iQテクノロジーで吸引力を自動調整してくれるから、掃除が効率的でラクにできるところが高ポイントでした。

吸引力の高さと髪の毛の絡みにくさも大きな魅力のポイントに。ゴミ捨ても楽なのでノーストレスで掃除をすることができます。

仕事やプライベートで忙しい方や、子どもやペットがいて毎日しっかり、でも短時間で楽に掃除したい家庭におすすめのクリーナーです。

少し気になる重さと価格を、十分に上回るメリットがあります。
出典:pixta.jp

シャークコードレス掃除機の特徴・こだわり3ポイント

  1. 1.パワフルさと賢さを兼ねそなえた吸引力
  2. 2.ハンディクリーナーとしても使える
  3. 3.ゴミ捨てや充電が楽

【1】パワフルさと賢さを兼ねそなえた吸引力

EVOPOWER SYSTEM iQ+は、「EVOPOWER SYSTEM」シリーズの中でもっとも強力な吸引力を実現した新しい機種です。

また、フロア上のゴミの量に応じて、ブラシの回転スピードと吸引力を自動調整する「iQテクノロジー」が搭載されているので、一度で効率的にゴミを吸引することができます。

【2】ハンディクリーナーとしても使える

EVOPOWER SYSTEM iQ+は、ワンタッチでハンディクリーナーに切り替えることが可能。フロア掃除中に気になった、細かい部分のゴミをサッと吸い取ることができます。

さらに、セット内容には4種類のハンディ用ヘッドも付属されているので、布団やソファ、カーテン、サッシの溝など、家のあらゆる場所をきれいに掃除することが可能です。

【3】ゴミ捨てや充電が楽

クリーナー本体についているダストボックスは、ワンタッチで開けることができるため、手を汚さずにこまめにゴミ捨てすることができます。

また、EVOPOWER SYSTEM iQ+は、「自動ゴミ収集ドック」が付いているモデルなので、ゴミ捨ての頻度をグッと減らすことが可能。

さらに、ドックにクリーナーを設置すると同時に充電も行ってくれるため、クリーナーのケアに手間がかからないところも魅力のポイントです。

シャークコードレス掃除機をお得に購入する方法・店舗情報

シャークのコードレス掃除機を購入するなら、保証もしっかりしている公式サイトでの購入がおすすめ。期間限定で最新機種も割引対象になるキャンペーンが不定期で開催されています。

対象商品が最大30%ほど安くなっている場合(※)も!

※状況により異なります

▼アウトレットセール

さらに、シャークの公式オンラインサイトで現在開催されているアウトレットセールを活用するのも1つ。

今回紹介した「EVOPOWER SYSTEM iQ+」の前モデルとなる、旧型のEVOPOWER SYSTEMシリーズの一部製品はアウトレット価格で購入することができます。

▼店舗情報

現在、シャークの販売店舗は全国的に展開中です。お近くの販売店舗を知りたい方は、シャーク公式サイトの「取扱店を探す」から検索してみてください。

シャークコードレス掃除機に関するQ&A

Q1. シャークコードレス掃除機の特徴は?

A. 使いやすさと吸引力の高さです。

クリーナーとしてだけでなく、ハンディクリーナーとしても使える2WAYタイプなので、フロア掃除はもちろん、普段は掃除が及ばなかった狭い箇所や細かい部分を簡単にきれいにすることができます。

また、賢さとパワフルさを兼ね備えた吸引力で部屋中のあらゆるゴミをしっかり除去してくれるところも魅力のポイントです。

Q2. シャークコードレス掃除機はどこの国のブランド?

A. アメリカです。

シャークはアメリカのボストン郊外に本社を構えている、アメリカでシェアNo1(※)の掃除機メーカーで、2018年に日本に上陸しました。

※ 出典:The NPD Group, Inc. / Retail Tracking Service 2018/1/7-2022/1/1期間のUSにおける売上金額合計。データにはフルサイズ掃除機、ハンディ/スティック型掃除機、非電気カーペットスイーパー、掃除専門カテゴリが含まれます。その他のディープカーペットクリーナー、電気カーペットスイーパー、ハンディ専門の掃除サブカテゴリは含まれません。

Q3. シャークコードレス掃除機の吸引力はどのくらい?

A. ハンディ部分が1kg未満の製品の中でもハイレベルな吸引力(※)を誇ります。

とくに、EVOPOWER SYSTEM iQの吸引力は、ハンディ部分が1kg未満の製品の中で最も強力な吸引力(※)をかなえています。

※ 自社テストによる。IEC 62885-4cl 5.8に基づきブーストモードで測定。2022年5月現在

Q4. シャークコードレス掃除機はどこで買える?

A. 公式オンラインサイトや全国の家電量販店で購入可能です。

シャークのコードレス掃除機の販売店舗を知りたい方は、シャーク公式サイトの「取扱店を探す」から近くの店舗を探してみてください。

Q5. シャークコードレス掃除機はどんな方におすすめ?

A. 仕事や私生活が忙しい方・お子様のいる家庭やペットがいる家庭・日頃からこまめかつ時短で掃除をしたい方におすすめです。

シャークのコードレス掃除機は、吸引力の高さや日頃の掃除のしやすさが魅力のポイントとなっているため、家族が多い家庭や、ペットがいる家庭におすすめです。

シャークコードレス掃除機のまとめ

消費者の視点から使いやすさを追求して作られている、シャーク(Shark)のコードレス掃除機。

通常のクリーナーとしてはもちろん、ハンディクリーナーとしても使用することができる2WAYタイプの仕様だから、普段は手が届かなかった範囲の掃除も手軽に行うことができるようになります

賢くパワフルにゴミを吸い取って、毎回のゴミ捨てにも手間のかからないクリーナーだから、仕事やプライベートで忙しい方や家族が多い家庭やペットがいる家庭など、毎日しっかり、でも短時間で楽に掃除機をかけたい方におすすめのアイテムです。

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2022年11月)に基づいたものです。

  • 10138
  • 28
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

家電のデイリーランキング

おすすめのアイデア