ガスコンロの掃除の仕方パーツ別7選!こびりつき・焦げ付きをキレイに

キッチンのガスコンロは気がつくと汚れが溜まってしまっている場所。そこで今回はパーツ別にガスコンロの掃除の仕方を紹介していきます。

  • 2513
  • 46
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ガスコンロの汚れの種類

  • 食品汚れ
  • 焦げつき
  • 油汚れ

ガスコンロの汚れは、主に食品汚れ・焦げつき・油汚れの3種類です。

食品汚れの原因は、食品や調味料の汁。時間が経つと酸化が進み、器具の変色や変質したり、さらにはこびりつきやサビにもなることもあります。

焦げつきは、煮汁や油が熱によって炭化したもので、油汚れは、調理のときに飛び散る油や油煙の汚れのこと

どれも付着してすぐなら水拭きで簡単に落とせますが、放置してしまうと汚れが積み重なってこびりつきとなってしまうので注意してください

ガスコンロの掃除の仕方パーツ別7選

五徳やバーナーキャップトッププレートなど、ガスコンロのパーツ別に掃除方法を紹介します。

掃除する前には元栓が閉まっているか、機器が冷え切っているかを確認しましょう。

代表的な掃除方法を紹介していきますが、メーカーや素材によって適した洗剤が異なる場合があるため製品の取扱説明書をチェックしてから行ってください。

五徳の掃除方法

鍋やフライパンなどの調理器具を置く五徳は、ホーロー素材がほとんどですが、ステンレス製も増えてきています。

飛び散った油や吹きこぼれによるシミを重曹でつけ置きして落とす方法を紹介します。

必要なもの

  • 重曹
  • 45℃のお湯
  • 歯ブラシ
  • スポンジ

掃除の手順

  1. 1.45℃のお湯を張り、重曹を溶かし入れる
  2. 2.その中に五徳を入れて30分以上放置する
  3. 3.スポンジや歯ブラシで汚れをやさしくこする
  4. 4.水で洗い流し、乾拭きをして乾燥させれば完了

バーナーキャップの掃除方法

バーナーキャップは焦げつきが付着しやすいパーツです。

バーナーキャップは五徳を外して取り出さないと、細かい汚れを確認できません。なかなか手が回らない箇所ですが、汚れがこびりつく前にたまに掃除してあげましょう。

必要なもの

  • 重曹
  • スプレーボトル
  • 歯ブラシ
  • スポンジ

掃除の手順

  1. 1.100ccのぬるま湯に小さじ1杯の重曹を入れた重曹水を作る
  2. 2.作った重曹水をスプレーボトルに入れてよく振る
  3. 3.バーナーキャップを外して重曹水を吹きかける
  4. 4.バーナーキャップの溝は歯ブラシ、凹凸のない部分はスポンジで汚れをこする
  5. 5.すすいで乾かしたら完了
LIMIA編集部
スタッフF
バーナーを掃除する際の注意点
バーナーキャップの目詰まりなどを放っておくと、点火不良や不完全燃焼の原因となります。こまめに掃除して穴がふさがらないように心掛けましょう。

天板の掃除方法

提供:LIMIA編集部

ガスコンロの天板は油や食品汚れつきやすいパーツです。

素材はガラス・フッ素加工・ホーローなどがあります。素材によって掃除の仕方が異なるので、取扱説明書をよく読んで確認してください

必要なもの

  • 中性洗剤
  • キッチンペーパー
  • 布巾

掃除の手順

  1. 1.お湯に中性洗剤を入れる
  2. 2.キッチンペーパーに薄めた中性洗剤を染み込ませる
  3. 3.キッチンペーパーを天板に乗せる
  4. 4.汚れが柔らかくなるまで時間を置く
  5. 5.濡れ布巾で拭き取ったら完了
LIMIA編集部
スタッフF
ひどい汚れは専用クリーナーやスクレイパーを活用!
上記の方法で汚れが落ちない場合は、各メーカーから販売されている”専用クリーナー”を使用しましょう。また、こすっても落ちない頑固な汚れにはスクレイパーがおすすめです。しかし、素材によって使用できないことがあるので、事前に取扱説明書で確認してください

魚焼きグリルの掃除方法

受け皿や焼網はこまめに洗う方が多いかもしれませんが、魚を焼いたときの脂やコゲなどが庫内にも溜まっていくため定期的な掃除が必要です。

形状の異なるパーツごとに掃除方法を紹介します。

受け皿や焼き網の掃除に必要なもの

  • 中性洗剤
  • スポンジ

受け皿や焼き網の掃除の手順

  1. 1.中性洗剤をかけて水につける
  2. 2.汚れが柔らかくなるまで5分ほど時間を置く
  3. 3.スポンジで汚れをこする
  4. 4.洗い流したら完了

グリル扉や取っ手の掃除に必要なもの

  • 中性洗剤
  • キッチンペーパー
  • 布巾

グリル扉や取っ手の掃除の手順

提供:LIMIA編集部
  1. 1.お湯に中性洗剤を入れる
  2. 2.キッチンペーパーに薄めた中性洗剤を染み込ませる
  3. 3.キッチンペーパーを汚れ箇所に乗せる
  4. 4.汚れが柔らかくなるまで時間を置く
  5. 5.濡れ布巾で拭き取ったら完了

グリル庫内の掃除必要なもの

  • 中性洗剤
  • 布巾

グリル庫内の掃除の手順

  1. 1.お湯に中性洗剤を入れる
  2. 2.布巾に薄めた中性洗剤を染み込ませる
  3. 3.布巾で汚れを拭き取る
  4. 4.水拭きをして洗剤を落とす
  5. 5.水気を拭き取って乾かしたら完了

排気カバーの掃除方法

日常のお手入れでは見逃しがちな排気カバー。ガスコンロの奥にあると汚れが見えにくいですが、料理するたびに油で汚れてしまうのでお手入れが必要です。

必要なもの

  • 中性洗剤
  • スポンジ
  • 綿棒

掃除の手順

  1. 1.カバーは取り外して、中性洗剤とスポンジで汚れを落とす
  2. 2.洗い流して水気を拭き取って乾かす
  3. 3.排気口は、綿棒を差し込んで汚れを落とす

ガスコンロ掃除に関するQ&A

Q1. ガスコンロの汚れの種類は?

A. 主に食品汚れ・焦げつき・油汚れの3種類です。

食品汚れは、食品や調味料の汁が原因。焦げつきは、煮汁や油が熱によって炭化したもの。油汚れは、調理のときに飛び散る油や油煙の汚れのことです。

ウタマロクリーナーはガスコンロ掃除に使用できる?

A.使用可能です。

ウタマロクリーナーとは住宅用の中性洗剤です。ウタマロクリーナーは油汚れを落とすことができるため、ガスコンロ掃除に限らず、換気扇や電子レンジの掃除に使用可能。その他にもお風呂やトイレ、水拭きできる家具や床、壁紙などにも使用することができます。

Q3. ガスコンロ掃除はどのくらいの頻度でした方がいい?

A.五徳は週に1度、バーナーキャップや天板は月に1度 ほど。

ガスコンロに汚れがつくと、その上から汚れがどんどん蓄積されていきます。長期間放置すると汚れがこびりついてしまうため、できれば、料理でコンロを使うたびに軽く掃除するのが◎! 手間のかかる部品などの掃除は週に1度から月に1度で大丈夫です。

Q4. ガスコンロ掃除をするときの注意点は?

A.天板の素材と洗剤の相性によっては使用できない場合があるので注意が必要です。

メーカーや素材によって推奨されていない洗剤があるため、掃除をする際はしっかり取り扱い説明書を確認して使用する洗剤を選んでください。

ガスコンロ掃除に関するその他の記事もチェック

※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行なってください。
※画像の一部はイメージです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。

  • 2513
  • 46
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア