【電子レンジ掃除】頑固な汚れも簡単キレイ!重曹やクエン酸など

電子レンジの掃除方法を徹底的に検証しました! 重曹や酢といった定番アイテムはもちろん、セスキ炭酸ソーダやクエン酸といったアイテムの活用方法も紹介しています。電子レンジの汚れにお困りの方は必見ですよ♪ 掃除方法をおさえて、きれいな電子レンジにしましょう。

  • 32849
  • 626
  • 1
  • いいね
  • クリップ

電子レンジの掃除方法を徹底検証!

電子レンジの庫内をじっくり見つめたことがありますか?「えっ、こんなに汚れているの!?」と驚く方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私たちは、電子レンジの食品の内側から短時間で調理、加熱できる便利な機能に日々恩恵を受けています。残念なことに、汚れに関してはそのありがたい機能が加熱を繰り返すほど汚れが落ちにくくなるというデメリットになってしまうのです。

そこで今回は、一体何を使えばきれいになるのか試行錯誤しながら掃除をしてみることにしました。食べ物を出し入れする電子レンジの掃除ということで、体に優しい素材を使い、蓄積した汚れや臭いに向き合うことに。見て見ぬふりはもうおしまいにしましょう。

電子レンジが汚れてしまう原因と起こりえる問題

電子レンジのお掃除はどれくらいの頻度でしていますか?我が家の場合汚れを多少気にしながらも、使っていくうちに見なれてしまい、本格的な掃除をいつしたのか思い出せません。

日頃は温め中にこぼれたら軽く拭くくらいで、それ以前に焼きついた汚れは諦めてほとんど対応していませんでした。そのためでしょうか、じっくり見つめたとき電子レンジの中にはひどい光景が広がっていました。

電子レンジの汚れが火災に発展することも

電子レンジの汚れは、食べ物や飲み物からの吹きこぼれ、飛び散り、何回も加熱を繰り返した頑固な汚れ、オーブンを使った際の焦げつきなどです。このような汚れを落とさないで使っていると、付着した汚れを加熱し続けることになり、焦げた汚れが焼きついてしまいます。

さらに汚れが進むと、電子レンジ内に残った食品が炭化して燃えてしまい、火災の原因になってしまうことも。

汚れのせいで余計な電気代がかかる

調理の機能面からは、電子レンジが汚れていると、温めてほしい食材だけでなく汚れにも加熱しようとしてしまいます。そのため、電子レンジのマイクロ波が分散してしまい加熱ムラや温まりにくくなる原因に。温まりにくいからと使用時間を長くすることで、電気代も余分にかかってしまうという残念な連鎖が起きてしまいます。

電子レンジの汚れはどこにつきやすいのか?

使っている電子レンジのタイプを見分けると、汚れやすい場所がわかってきます。ターンテーブルが回るタイプのものは上からマイクロ波が出て、壁に反射したマイクロ波でも加熱するのでターンテーブルの端に置いた方が効率よく温めることができます。

温めたいものを置いた場所が汚れる

フラットでターンテーブルのないものはマイクロ波の出てくるところが回転したり、センサーが温めるものを感知してマイクロ波を出したりするため真ん中に置けば加熱できます。吹きこぼれによる汚れは、温めたいものを置く場所を中心につきます。

ターンテーブルの裏側も意外と汚れている

今回掃除してみて分かったのですが、食品を置く面だけでなく、ターンテーブルの裏側もかなり汚れていました。また、食品が破裂したり、オーブン機能を使ったりすると側面、ふた、天井部分といった電子レンジの内側すべてが汚れてしまいます。

では外側はきれいかというと、手あかやほこりなど内側とは違う種類の汚れがついているので、電子レンジの外側もしっかり掃除しましょう。

電子レンジの掃除に必要な「5つのアイテム」

電子レンジ庫内の掃除では、汚れを落とすアイテムを順番に電子レンジで温め、発生した水蒸気を充満させ汚れになじませてから拭き取ります。拭き取れない場合、取り外せるものは洗い、そうでないものは擦って拭くことを繰り返しながら汚れを落としていきます。

電子レンジの掃除に必要な5つのアイテムとそれらの効果を下記にまとめましたので、参考にしてください。

水蒸気を電子レンジ内に充満させて、全体的に汚れ落ちをよくします。

酢(クエン酸)

野菜や食品の温めで出た水蒸気が水垢(アルカリ性の汚れ)となり、それを酸性の酢がやわらかくしてくれます。

重曹(セスキ炭酸ソーダ)

重曹の研磨力を利用して焦げを落とします。セスキ炭酸ソーダは重曹よりアルカリ性が強いので、油脂汚れなどに使います。電子レンジ外側の手あかを落とすのにも効果的です。

丸めたアルミホイル

重曹ペーストで擦るときに使います。

レモンやミカンなどの柑橘類

柑橘類の精油成分が嫌な臭いを消します。

電子レンジ掃除step1.水を含んだタオルをチンする

使い古しのいらなくなったタオルなどに水をたっぷり含ませ、電子レンジに入れて3分ほど温めます。温め終わっても取り出さず、このタオルを入れたまま数分置いておき、蒸気が充満して汚れが浮き上がってくるのを待ちます。

タオルが触れるくらいの温かさになったら、汚れを拭き取り始めましょう。

電子レンジ掃除step2.酢やクエン酸で水垢を退治

次にお酢を水で4倍に薄め、そのまま電子レンジで3分ほど温めます。その後30分くらい置いておくと酢水の蒸気がレンジ全体に広がり、汚れとなじみます。

手で触ることができる温かさになったら酢水を布などに含ませ、汚れを拭き取ります。同じ酸性のクエン酸でも代用することができますよ。クエン酸は臭わないので、酢の臭いが苦手な人にはおすすめです。

その場合100mlの水に小さじ1のクエン酸の割合でクエン酸水を用意し、同じ要領で掃除しましょう。

電子レンジ掃除step3.重曹やセスキ炭酸ソーダを活用

汚れ具合で重曹とセスキ炭酸ソーダを使い分けるとGOOD

次は、重曹かセスキ炭酸ソーダを使って汚れを落としていきます。

重曹に比べてアルカリ性が強いセスキ炭酸ソーダの方が、酸性の汚れ(油脂汚れや手あかなど)を中和して落ちやすくする力も強いです。一方で、重曹は汚れより先に削れていきながら研磨するので、焦げついた汚れも優しく擦り落とすことができるという性質を持っています。汚れ具合と重曹とセスキ炭酸ソーダの性質で使い分けると、気持ちよく掃除できそうです。

セスキ炭酸ソーダを浸したタオルで庫内を掃除

まず、水にとけやすい性質のセスキ炭酸ソーダ大さじ1を水1Lに入れてよくとかします。タオルを浸して軽く絞ったものを電子レンジで3分ほど温め、30分くらいレンジ内に置いておきます。手で触ることができる温かさになったら、電子レンジ庫内を拭き取ります。

ただ今回の場合、この方法では電子レンジの焦げつきで黒く固まった部分がどうしても取れませんでした。だからと言って、金タワシなどで擦ると傷がついてしまいます。そうなると心配なのは、今後電子レンジを使い続けるうちにその傷に食品がたまりやすくなり、汚れをさらに招いてしまうのではないかということ。

焦げ付いた汚れには重曹ペーストで対応

そこで試してみた方法がこちら。焦げついた汚れに重曹ペースト(重曹に少しの水を混ぜペースト状にしたもの)をのせ、丸めたアルミホイルで擦る方法です。傷を残しては元も子もなくなるので、ゆるい力で擦り続けました。

最初は汚れの部分にひっかかる感じがしたのですが、重曹ペーストが黒くなり、ひっかかる感じが徐々に軽くなっていくと、端の方から少しずつ汚れが消えていきました。

重曹パワーで庫内がピカピカに!

軽い力で地道に擦り続けるのは時間がかかり、今回は1時間近く費やしてしまいました。

それでも、今まで諦めて見ないようにしてきた汚れが取れていく様子は感動ものです。ゆったりと時間の取れる休日に、集中して取り掛かるのも良いですね。

レモンなどの柑橘類で電子レンジのにおいを改善

柑橘類の精油成分であるリモネンには、油脂をとかす働きがあります。そのまま汚れにこすりつけたり、15分ほど煮出した汁をスプレーして拭き掃除に使ったりと、万能な掃除アイテムになります。

さらに消臭効果もあるため、肉や魚などの調理後に臭いが気になるときは、レモンやミカンの皮を1分ほど電子レンジで温めれば、電子レンジ庫内の気になる臭いを簡単に消すことができます。

電子レンジは日常から掃除しておくことが大切

日ごろは気づいたときに軽く水拭きするだけで、本格的に掃除したのがいつかわからない電子レンジの汚れを落とすのは大変な作業です。こうならないためにも、汚れがこびりつく前に電子レンジの使い方を見直しましょう。

こびりつく前に! さまざまな対策

例えば、
・水気の多いものや粘性の高いものは、温めると飛び散る可能性があるので、温めるときはラップやふたつきの容器を使う。
・温め過ぎによる吹きこぼれや飛び散りを防ぐために、長時間かけて熱を加えることを避ける。
・汚れてしまったときは、すぐ拭くように心がける。軽い力で汚れを落とせます。
電子レンジの近くにキッチンペーパーや使い古しの布を常備しておくと、必要なときにすぐに使えて便利です。

汚れを見つけても無視し続けることで、すんなり落ちるはずだった汚れが頑固な焦げつきに変化していました。当たり前かもしれませんが、重要なのは使ったら掃除することです。

数日おきでもいいので掃除する

使うたびに掃除することが難しかったら、数日おき、もしくは1週間に1回何曜日に掃除するなど決めて実行していくと、頑固な汚れに悩まなくて済むでしょう。日ごろから簡単でよいのでこまめにお手入れをしていると、こびりつきを防ぎ、電子レンジがスムーズに動くことで、電気代の節約にもつながります。

洗剤ではなく体に優しい成分で電子レンジを掃除してみました

電子レンジの汚れをじっくり見たとき、この汚れた箱に自分や家族の口に入れるものを加熱しているのかと少しぞっとしてしまいました。また、汚れが多い分余計な電気代を使って加熱していた可能性も。そう思うと、同時に掃除意欲がわいてきました。

市販の電子レンジ掃除用品を使う方法もありますが、身近にある体に優しい成分で掃除できる方がありがたいので、今回の品々を用意しました。軽い汚れから頑固にさせてしまった汚れまで、順を追って試行錯誤しながら落ちていく様子を目の当たりにするのは、やはり気持ちがよいものです。

きれいになったら電子レンジを使う人たちが喜んでくれるうえに、電気代の節約につながるのもうれしいところ。みなさんも思いきって掃除してみませんか?掃除をすることによって、電子レンジを効率的に使え電気代節約や料理の時短に繋がるなど、お得がいっぱいです。

一度掃除してしまえば、忙しい日々を過ごしながらでも、簡単お手入れで気持ちよく電子レンジを使うことができますよ。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

日頃からのこまめな掃除が難しい場合は?

日頃のこまめな掃除が大切だとわかっていても、忙しい毎日の中で掃除を後回しにしてしまうこともありますよね。そんなときは、家事代行サービスを使って自分の代わりにお掃除してもらうのもひとつの手。

家事代行サービス〔CaSy(カジー)〕では、電子レンジの掃除はもちろん、水回り全般、お部屋のお掃除・お片づけまで依頼が可能。重点的に掃除してほしいところを伝えればリクエストに応えてお掃除してくれるので、「家事代行サービスを使ったことがないから不安……」という方も一度チェックしてみてくださいね♪

LIMIAでは、おすすめの電子レンジも紹介しています。単機能のシンプルなものからスチーム機能が搭載された多機能なものまで、幅広い電子レンジをまとめていますよ◎ 気になる人はぜひ読んでみてください。

▽おすすめの電子レンジも見てみる!


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
夏旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 32849
  • 626
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード