お花を長く楽しむには♪ フラワーアレンジメントや花束をもらった時に!

生花って長持ちしない…
というイメージがあるかと思うのですが、ちょっとした工夫で長く楽しめます♪

参考までにいくつか載せてみました。
どれかひとつでも取り入れやすいアイデアを参考にしていただければいいなと思います。

  • 5510
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

水を追加

フラワーアレンジメントの場合のことになります。

ものすごく単純なことなのですが、水が足りなくなってしまった場合には追加しないとしおれてしまいます。
お花をさしてある、給水スポンジが乾燥してしまう前に水を追加。

フラワーアレンジメントの入れ物の下半分か、3分の1あたりまで水は入っていたほうがいいんです。

フラワーアレンジメントをいただいてから2,3日したら、ちょっとでいいので、コップ4分の一とか少し水をいれてあげるといいかもしれません。

多すぎるとこぼれてしまうので、こぼれない程度に!

長持ちなお花もある!

カーネーションのフラワーアレンジメントです。

ひとことで切り花と言っても、持ちはさまざまだったりします。
お花によっても違ったりすることがあります。

とりあえず、何日かして枯れてしまったものは処分。

お花のまわりにある、葉はかなり長持ちしたりします。

お花でも、カーネーションやマム系、ラン系は長持ちなものも多いです。

置き場所

置き場所によっても持ちが違うことがあります。

きれいなお花は眺めやすい場所に置くのはもちろん正解♪
ただ、直射日光のあたりやすい場所やエアコンの前など、気温の高い場所の場合にはすぐにいたんでしまうんです。
なるべくならば、気温が低いほうが長持ちはします。
お部屋の中のあつくはなりにくい場所に♪

ドライフラワーに

バラのドライフラワーです。

せっかくプレゼントされた思い出のお花…

長く飾るためにはドライフラワーにしてしまうという方法もあります!

じつは、ドライフラワーってすごく簡単にできるんです。
一番かんたんな方法としては、風通しのよい場所にさかさまにして乾燥させるだけ。
2週間くらいでしっかり水分がぬければ完成!

いちおう、どの切り花でもドライにはなりますが、きれいにドライフラワーになる植物はかぎられます。
・バラ
・ユーカリ
・ミモザ
・かすみそう
・スターチス
・オリーブ
などなど…

デルフィニウム、チューリップ等もドライにはなりますが水分がぬけると形や色合いはだいぶ変わってはしまいます。
それはそれで雰囲気があっていいのですが、あとは好みです。

茎が短いと長持ち

フラワーアレンジメントは茎が短いことが多いので、茎は長いままよりも短いほうが長持ちします。

あとは花瓶や空き瓶に水をいれて飾ってみても♪

根がでたら

葉ものは丈夫なものも多く、給水スポンジや花瓶に入れているとしばらくして根がでてくることもあります。
その場合には、水栽培をしてみても!

根がでてきやすい植物はアイビーやドラセナなど…
水栽培、または土にさしておけば、根がはって大きく育っていくかもしれません。


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 5510
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ハンドメイド作家

プリザーブドフラワー、ドライフラワー、生花の花雑貨の作成をしています♪ベランダガーデニングもアイビーを中心にシマトネリコなど…ねこ3匹との暮らし。

おすすめのアイデア

話題のキーワード