お花が綺麗に長持ち🌷切り花にも鉢花にも使えるアンプルで癒しのお花生活をエンジョイ🎵

お部屋にお花があるだけで、気持ちが明るくなりますよね。
せっかくいただいた花束や、切り花を長く楽しみたい。
大好きな鉢花を綺麗に咲かせたい。
という要望どちらにも応えてくれるのが
レインボー薬品の「レインボーフラワー Wアンプル」。
使い方もとても簡単です。
お花は見て楽しむ視覚効果の他、リフレッシュできたりリラックスしたりと、
心が癒されます。
お花のある暮らしで豊かな生活を楽しみましょう。

レインボー薬品
  • 7323
  • 53
  • 0
  • いいね
  • クリップ

切り花に使ってみました

まずは「レインボーフラワー Wアンプル」を切り花に使ってみました。
300mlの水に対して、このアンプル1本を希釈して花瓶にいれます。
分かりやすいように、ビーカーに入れて希釈してみました。

小さめの瓶だったので二つ分になりました。
ちょうど咲き始めたチューリップと、まだ蕾のチューリップを飾ってみました。

もう一つ、このくらい大きな瓶だと水600ml入りました。
アンプルも2本使っています。

一気にお部屋が華やぎました。
チューリップの蕾も色付いてきました。

蕾だったチューリップが立派に咲きました。
朝には開いて、夜には閉じて、部屋の中でお花の成長が楽しめるなんて素敵ですよね。
他のお花も元気に咲いてくれてます。

最後にゼラニウムだけ残って、1本だけそのままにしていました。
この間、水変えは一切していません。
そうしたら、いつの間にか可愛いらしいお花が咲いていました。
水変えの手間無しで、これだけお花が元気に育ってくれるなんて嬉しいですよね。
まだ蕾があるので、もう少し楽しめそうです。

鉢花に使ってみました

こちらのアンプル。
鉢花にも使えます。
目安は5号鉢にアンプル1本使用します。
切り花に使って、残ってしまった場合にも鉢に使えるのでそれも嬉しいです。

ブラキカムの鉢2つとオステオスペルマムに挿して使ってみました。

蕾が一気に咲き始めました。
順調に元気に咲いてくれています。
固形肥料に比べて、効果が早くに期待できるのもアンプルのいいところ。
鉢いっぱいに咲いてくれる日も、そう遠くはなさそうですね。

まとめ

切り花と鉢花、どちらにも使える便利なアンプル剤。
庭やプランターのお花をちょっと花瓶で楽しみたい時ってありますよね。
切り花の延命剤として使う場合と、鉢花の活力剤として使う場合と、使い分けしなくていいから簡単!
コスパもよく、余ってしまう心配も減るので在庫管理も楽になりますね。
切り花は綺麗なまま長持ち♡
鉢花は元気に活性化♡
観葉植物にも使えるそうなのであらゆる植物に使えるのが嬉しいですね。
1年を通して2〜3週間おきに使うのが理想だそうです。
大好きなお花をより綺麗に楽しめるアイテムとして活躍してくれそうです。

ちなみに、レインボー薬品さんは「除草剤」を得意としたメーカーさんです。
家まわりや空き地、駐車場など、これからお手入れが大変な季節になります。
芝生に優しく除草してくれる「シバキープ」も気になります。
芝生のお手入れは大変だと聞きます。
気になる商品があれば、一度覗いてみてください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました(╹◡╹)

  • 7323
  • 53
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIY、ハンドメイド、百均リメイク、ドライフラワー、多肉植物等、大好きです😄主にDIYの投稿をしていきたいと思います😊よろしくお願いします✨

おすすめのアイデア

話題のキーワード