100均活用術も♪カラーボックスと野地板で憧れの作業台をDIY!

リメイクやDIYを始めると少しづつ増える道具たち。
工具やねじ、釘、塗料にワックス。
せっかくやるなら環境を整えたい!
ということで、道具を取りやすく、作業しやすい作業台を自作することにしました。手軽に使えるカラーボックスと安価な野地板でリメイクやDIYをするための作業台を簡単DIYしました。

  • 85886
  • 793
  • 9
  • いいね
  • クリップ

カラーボックス2つと野地板で作業台を作ろう!

リメイクやDIYをし始めるようになると少しずつ増えていく道具たち。

のこぎり、ドライバー、釘、木ネジ、塗料にワックス・・・

あちこちにしまって作業するたびに部屋を行ったり来たり。
どっぷり趣味にはまってしまったなら作業部屋を作ってしまおう!

中古で購入した我が家は運よく子ども部屋にできない事情のある部屋がありまして
その部屋の半分は嫁入り道具のタンスがどどーーんと置いてありますが
着替えを取りに行くときだけしか使わないのはもったいないし!
ということでクローゼット兼アトリエにしてしまおう計画が始まったわけです。

作業台を作ろう!野地板の下処理の注意点。

奥にあるのは不要になった食器棚を資材棚にリメイクしたものです。

その隣にカラーボックスを2つ
向い合せに置いて、ホームセンターでカットしてもらった野地板を渡して
木ネジで固定していくだけの簡単DIYです。

野地板は安価ですが、ペイント前によく乾燥させてやすりをかけることが大事です。

野地板は水分を多く含んでますので、持った感じが変わるくらいに水分が抜けるまで
天日干しするのがよいと思います。
天気の良い日に一日干してカラーボックスに固定しましたが
あとでたわんでしまいました。たわんでしまったらまた固定し直せばよい話ですが
下準備はした方がよさそうです。

ワトコオイルを使用。

100均グッズを使ってお財布に優しい収納

作業台にかかっているトートバッグはダイソーのもので200円商品でした。

中には同じくダイソーのリモコンラックが入っていて
私はリメイク缶を作るので、必要な道具一式が入っています。
リメイク缶を作るときにはこのバッグを持ち出せば移動しても作れるというわけです。

作業台の上にも100均リメイク品がたくさんあります。

こちらはセリアの仕切りボックスを軽くペイントしたものに
ツナ缶をリメイクしたものを引き出しのようにはめて木ネジ入れとして使用しています。

サイズごとに収納できて便利です。

セリアのソフトボックスが入るように作ったワイヤーバスケットには

ボンドやセロハンテープ、消しゴムなどが入っています。
ワイヤーも100均のものですよ。
ベニヤ板で蓋を付けました。

カラーボックスの一段目に野地板を置けば簡易棚ができました

作業台と同じ長さ分収納が増えます。

用途ごとにアイアンバスケットに入れると見た目もまとまりが出ます。

バスケットもセリアの商品です。

野地板の下部分にはセリアの瓶のふたを木ネジで固定してあり
瓶を回せばフタは板についたままで取り出せます。

ドライアレンジなどで使用するパーツを収納しています。

セリアの木箱はステインを塗ってからカラーボックスの側面に取り付けました。
頻繁に使うものを収納しています。

100均プラかごに木材をプラス

100均のプラスチックのかごにカットした合板にペイントしたものを
木ネジで取り付けてカラーボックスの中に入れた見た目スッキリ収納です。

取っ手にはホームセンターなどで売られているサドルバンドを使用します。
大きさにもよりますがほとんどが100円以内で購入することが出来ますよ。

サドルバンドは配管などを固定するもので、黒のアクリル絵の具などでペイントしてから
合板に固定しました。

中身はステンシルやペイントで使用するスポンジや
塗料、麻ひもなどを種類別に収納しています。

こちらはリメイクに使う資材を収納。
セリアのコンテナボックスがカラーボックスの棚一つに対しちょうど4つ入ります。

ボックスを同じものにすると統一感が出てスッキリ収納できますね。

工具の収納はすぐ取り出せる見せる収納

食器棚をリメイクした側面に野地板を貼りつけて
フックや木ネジ、サドルバンドを付けてタッカーやニッパー、のこぎりなどを
かけて収納しています。

必要な時にすぐに取り出せて便利です。

流木、サビ。好きなものを取り入れて自分好みの空間に

流木を吊るしてリメイクなどに使用する錆びさせたワイヤーを吊るして収納しています。

もう一つ吊るしているのは100均リメイクのぶら下がりライトです。

流木にフックでかけたり、クランプを挟んで収納しています。
好きな素材を取り入れた作業部屋で、家事の合間を見てはちょこちょことリメイクする時間は
最高の気分転換になります。

使いながら変化していく作業部屋

アトリエを作り出してからまだ半年足らずですが
リメイクしたりするたびにディスプレイを変えて楽しんだり
使っていくうちに気付くこともあるので
あるもので作業しやすいようにDIYしたりして
楽しみながら改良しています。

ポイントは見せる収納と隠す収納のメリハリだと思います。

小さいお子さんのいる家庭ならお子さんの様子を伺いながら
作業できるようにリビングの一角にアトリエコーナーを
作ってみるなど自分らしさを凝縮させたDIYをしてみませんか(^^)

  • 85886
  • 793
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

【お願い】過去のアイデアへのコメントは気づけないことが多いです。工程の写真を撮り忘れたり、説明不足でわかりにくい箇所がありましたら、質問などお気軽に【相談】より…

おすすめのアイデア

話題のキーワード