遠藤の家

四方を住宅に囲まれた敷地に建つ、夫婦+子供1人(将来的には2人)のための住宅。
設計に際して、南に面した住宅により、南からの日もあまり望めないため、東庭の手法を取り、東からと南(部分的に平屋とし、南からの日も入る)の日を取り込めるコの字型の中庭のプラ ンとした。
延床面積は26坪だが、居間とデッキをフラットで繋ぐことにより、より広さを感じられるように設計した。
厳しい敷地であっても、外部との関係を大切にしたプラン。
アプローチは、家のシンボルツリー(ヤマモミジ)と低い平屋部分の屋根が優しく迎えてくれるような設計としている。
シンボルツリーと中庭の木々(シマトネリコ・オリーブ)の四季の変化を楽しめ、デッキが家族の安らぎのある居心地の良い場所となることを期待している。

  • 696
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 696
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

建て主との打ち合わせを密に行ったうえで、その土地に対する「住宅の在り方」について非常に大切に慎重に設計を進めていきます。その「住宅の在り方」を大切にすることによ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード