品川の住宅

住宅密集地、間口4Mの「ウナギの寝床」。
家族3人の住まいを『立体迷路』のように組み立てました。

数珠繋ぎのように連結された各部屋と、その合間に挿入された余白としてのテラス・階段。

光・風・眺望が織り込まれたシークエンスの豊かさ、
家族それぞれが選択する『距離』の多様さ、居場所の数々が、
毎日の生活に活気を与えることを期待しています。

  • 808
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 808
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード