穏やかな時がながれる平屋の空間|BREATH

中庭と水盤のある家 - 中庭平屋型. BREATH

閑静な住宅地の中で美容室兼用の家づくりです。中庭を中心とした諸室を平屋で増築しました。中庭は既存の家のプライベートな場所としても活用されています。

家づくりの中心となるテーマは、大木、巨石、古材、水盤、平屋、中庭などで、五感を感じる空気感や気配のある家づくりです。ホール、待ち合いスペース、和室、ポーチなど、中庭が全体をまとめ調和のある家づくりです。

水盤は大屋根からの雨水を溜めます。そして室内の空間に光と影のある“ゆらぎ”を演出させてくれます。ポーチの大屋根は約5m の跳ね出しのキャンチレバーですが、木造の小学校で使われていた約10 mの長さの古材の大きな梁を再利用したもので、平屋の家を構造的に支えています。大きな株付けの楠木を中庭の背景として配置して、存在感のある大きな溶岩の巨石を中庭に据えてみました。

平屋建ての余裕の中庭のある空間には、ゆっくりとした時が流れるようです。
夕暮れ時には、L時型の木製ガラス扉を全て開ける事で内と外との境界は無くなります。
このとき、 平屋建の余裕のスペースは開放感を演出することが出来る中庭のある家となります。

  • 997
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 997
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

フレキシブルな中庭のある家時には大きな扉や建具を開閉する事によって、その場所の性質が変わり、空間の変化や驚きが楽しめる様な間取りを心がけています。中庭のある家の…

おすすめのアイデア

話題のキーワード