奈良・きたまちの家(店舗併用)/建築家と建てた30代の家

ー うなぎの寝床に光と風を ー


古き良き街並が多く残る古都、奈良。
そんな街中でよく見かける、間口が狭く奥に細長い町屋の跡地に「奈良きたまちの家」があります。

両隣、奥と三方を家に囲まれた敷地。そんな条件の場所でも風通しと陽あたりを確保するために建築家から提案されたのは、贅沢にも中庭を2つ設けるプランでした。

中庭を通じて1階まで光を届け、さらに2つの中庭で風通しをよくすることができています。気になるプライバシーですが、中庭を高い壁で囲むことで確保しています。



ー 将来、1階でカフェを営みたい ー


将来、仕事を引退した後にカフェをオープンしたいとの要望。

もちろん、リフォームでも対応できますが、新築時にその計画があるなら、
事前に給排水の配管やコンセントなどをあらかじめ準備しておけば、
オープン時の費用を抑えることができます。

建築家はそんな要望を受け、上品で落ち着けるが変化を楽しむことが
できる空間を提案。
中庭に面する開口に高さ3.8mのスチールサッシを使うなどして、極力既成品や新建材を使うことを避け、本物の素材を選ぶことで上質さを演出しながら、時が経つにつれて味わい深い雰囲気に。
そうすることで、長く暮らしたあとでも経年変化した雰囲気を活かしたカフェをオープンすることができます。

外部には閉じた印象の外観に対して、2つの中庭と大きな窓により内部に大きく開いた空間がいい意味のギャップを生み出しつつ、本物の素材により落ち着きを感じさせる店舗併用住宅となりました。

※こちらの住まいの1階は、現在ザウス奈良店となっております。店舗内のみですが、ご覧になりたい方は 0120-360-354 まで事前にご予約ください。

資料請求で無料プレゼン中の「ZAUS Style BOOK」に掲載しています。
資料請求はザウス公式HP www.zaus-co.com からどうぞ。


-------- D A T A --------
プロデュース/ザウス奈良店(0120-360-354)
規  模/地上2階建て
構  造/木造
敷地面積/101.5m2(約30.7坪)
建築面積/53.5m2(約16.2坪)
延床面積/97.8m2(約29.5坪)
撮影:平野和司

  • 2275
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 2275
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

\ 建築家の住まいの事例集 無料プレゼント中! /\ Instagramやってます:zaus_producer /ただいま、資料請求にて「建築家と建てた住ま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード