Houzzのマガジン欄に【まついハウス】が掲載

Houzzのマガジン欄に
【まついハウス】が掲載されました。
https://www.houzz.jp/ideabooks/142427413/list/

特集タイトルは【自然を感じられる快適な暮らし。東京都下の住まい】

『都心部へのアクセスが快適でありながら、郊外の豊かな自然環境も楽しめる東京都下エリア。
ここに建つ住まいの特徴について専門家の方々にお話を伺ってみると、以下のような特徴がみえてきました。
・都心部よりも敷地が広いため、庭付きの住まいが多い
・周辺環境の自然や緑を取り込んで活用している
・隣家との関係を考慮し、プライバシーが確保できるようにしている
・都心に比べ車移動が多いため、しっかりとした駐車スペースがある家が多い』
ということで、実例として、紹介されました。

  • 606
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【自然を感じられる快適な暮らし。東京都下の住まい】 に掲載されました

都心部へのアクセスが快適でありながら、郊外の豊かな自然環境も楽しめる東京都下エリア。
ここに建つ住まいの特徴について専門家の方々にお話を伺ってみると、以下のような特徴がみえてきました。

・都心部よりも敷地が広いため、庭付きの住まいが多い
・周辺環境の自然や緑を取り込んで活用している
・隣家との関係を考慮し、プライバシーが確保できるようにしている
・都心に比べ車移動が多いため、しっかりとした駐車スペースがある家が多い

実例について、みていきましょう。

Houzzのマガジン欄に 【まついハウス】が掲載されました。

『プライム一級建築士事務所が手がけたのは、三鷹市に建つこちらの住まい。
オーナーはパントマイムを演じるパントマイミストであり、住まいと事務所、
そしてミニ公演ができる場所を求めていたといいます。
くつろぎと集中という心の切り替えを実現するために、西島さんは各部屋の色合いを強く意識したといいます。
建物全体は赤系の暖色ですが、仕事場では、赤とは補色の関係にある緑系の色が合わせられています。
また、豊かな緑に心が癒やされるよう、既存の庭はそのまま残され、
庭に面して全面ガラスの窓が取り付けられています。
リビングの南に庭が広がることで、自然の世界へと心が開かれるような構成となっています。
吹抜空間には上部2面にステンドグラスが組み込まれており、鮮やかな光が空間全体を包みます。
パントマイムの客席ともなる階段は、軽やかに吹抜を上昇する形にしています』
と紹介されています。

東京都下の16の住まいが紹介されています。
よろしかったら、ご覧下さい。
(【まついハウス】は1ページ目の一番下に登場します。)


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 606
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東京の建築家です。「人間の内面と呼応する建築空間」をテーマに、設計活動を行っています。住宅においては、建主の夢や希望を出発点に、住み手の内面が豊かに育まれるよう…

おすすめのアイデア

話題のキーワード