ハワイのおすすめスポット〜ポリネシアンカルチャーセンター編〜

ハワイに行ったら一度は行っていただきたい
ポリネシアンカルチャーセンターをご紹介します。

  • 2059
  • 28
  • 1
  • いいね
  • クリップ

ポリネシアンカルチャーセンターとは

ポリネシアンカルチャーセンターは
オアフ島の北に位置するエンターテイメント施設です。

スタッフはなんとハワイ州立大学の学生さんが80%を占めているそうです。
学生は奨学金を受ける代わりにこのポリネシアンカルチャーセンターで働いているそうです。
たくさんの国々の人たちが訪れる施設で、観光学も学べて羨ましい限りです。

ツアーで行くのがおすすめ

ポリネシアンカルチャーセンターはいろいろなパッケージツアーを用意してくれています。
1日中施設で遊べるパッケージや、夕方から楽しめるものもあります。
パッケージによってレストランが異なったり、ナイトショーの座席のランクが違ったり…

日本人向けに日本語ガイド付きのパッケージツアーもあります。
ガイドをしてくれるのはもちろん学生さん。
でもとっても分かりやすいのでご安心ください。

ツアーでは
各村々での説明→トンガのショーを観覧→カヌーで村々を周遊→シアターでハワイ諸島の大地を観覧→レストランで食事→イブニングショー観覧
っといったメニューになっています。

見逃せない、外せないショーを観覧することができるので
独自で回るよりはガイドさんに教えてもらいながら参加するのがおすすめです。

園内にはポリネシアンカルチャーがあふれています

6つの村はポリネシアを代表する島々、サモア、アオテアロア、フィジー、ハワイ、タヒチ、トンガの植物と共に再現されています。
村々の建物もそれぞれ違います。
村の入り口をひとたびくぐるとそこはまた別の世界が広がるのです。

村には村人たちがいて、いろいろな文化を教えてくれます。
ダンスや食べ物、楽器など。。。
ワークショップ形式の参加型なので、大人も子供も楽しめます。

そして村ごとにショーを展開していろいろなショーを展開します。
中でもおすすめはトンガのショー。
3人の国籍の違う観光客が選ばれてステージでドラムを教えてくれます。
毎回笑いの絶えないショーです。

ちなみに日本人は「シャイ」っというレッテルを張られているのでオチ役です。
選ばれたら乗ってあげるもよし、抗うのもよし。
是非参加してみてください。

カヌーショー

お昼頃にカヌーショーがあります。
そこではポリネシア諸島の伝統舞踊をカヌーの上で披露してくれるのです。
舞踊形式も違えば、衣装の形・掛け声も違う。
見ごたえがあるショーとなっています。

もちろん足場が悪いところでの舞踊です。
きっと普通の人ならふらふらして踊れないでしょう。
なので川に落ちることもあるそうで、現に私が見たときは漕ぎ手が川に落ちれしまいました。
彼らの舞踊技術にもご注目ください。

レストランの中の歴史絵巻

レストランではポリネシア諸島で食べられるご当地グルメを食べることができます。
マヒマヒやタロイモパン…
パイナップルなどのフルーツも豊富です。
ビュッフェ式になっているので好きなものを好きなだけ食べられます。

レストランは天井が高い建物の担っているのですが、
中にハワイの歴史絵巻が描かれています。
そしてたくさんの国々の人がハワイへ訪れる様も描かれています。
自分の国はどこかなっと探すのも一つの楽しみです。

★絶対おすすめ★イブニングショー「HĀ: ブレス・オブ・ライフ」

このポリネシアンカルチャーセンターでの一番のおすすめは
イブニングショー「HA:ブレス・オブ・ライフ」です。

主人公マナがポリネシア諸国を回り家族・愛をはぐくむ人生のストーリーなのですが、
総勢約100名のパフォーマーによるショーなので大迫力です。
ファイヤーダンスやフラダンスなどのタヒチアンダンスなどたくさんのダンスも見ることができます。

絶対に見る価値あり!!

ハワイを訪れたら一度は行ってみて

ポリネシアンカルチャーセンターは現在どの旅行会社でもツアーを組んでいるエンターテイメント施設となっています。
1日中楽しめる施設なのでハワイを訪れた際は一度訪れてみてください。

ツアーにはワイキキのホテルからの送迎付きのものがありますので
是非そちらをご利用ください。
(レンタカーでもOKですが、イブニングショーが終わった後は
10:00PM過ぎていることがあるので運転に自信がない人は注意してくださいね。)

食べ物・建物・ダンス・音楽、異文化を学ぶのにうってつけの施設です。

  • 2059
  • 28
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード