軒天(のきてん)に木材を使ってお洒落な玄関先に

玄関の軒天にミャンマーチーク無垢フローリングを施工して、無機質になりがちな玄関先にナチュラルな雰囲気をもたらした施工事例を紹介。次に家を建てる時に実践したいと思ったアイデアNo.1です。

  • 9753
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

軒天(のきてん)の素材に気を使ってますか?

軒天とは、玄関先などで屋根の下にあたる天井の部分です。新築やリフォームする時などは、あまり気を使われることのない部分ですが、ここの素材に気を使うとグッとお洒落な家に様変わりします。

高級家具材などに使われるミャンマーチーク材を軒天に

アンティーク家具などや北欧の家具などで使われることの多いミャンマーチーク材ですが、床材だけでなく軒天の材料に採用された事例です。節がなく木目が美しいミャンマーチーク材の色合いが、濃紺の外壁とコントラストを成して印象的です。
軒天は風雨に曝される部分になりますので、素材選びが難しいところです。ミャンマーチーク材は、ヨットのデッキにも使用できるほど耐水性・耐候性にすぐれているので、軒天に使用しても問題のない数少ない木材なのです。

軒天xチーク材 施工事例

写真ではわかりにくいのですが、吹き付けの壁で外に向かった窓が少ないのですが、玄関ガレージに施工したチーク材がやさしい雰囲気を醸し出しています。

居室内の天井から、ガラスの仕切りを通じて軒天となるチーク材の天井。
つながり感があってスッキリした空間です。ちなみに床材もミャンマーチークです。

最後の写真は軒天ではなく、玄関アプローチの外壁にチーク材を施工した事例です。軒天も木材を使っています。節のないチーク材でモダンで洗練された雰囲気の玄関アプローチとなっております。

軒天(のきてん)の素材次第で玄関廻りの雰囲気がガラリと変わります

外出先から戻ってきた時、自宅を見上げると、飴色に輝くチーク材の軒天が象徴的な自宅。訪れた人の第一印象に残る玄関のパーツとして、軒天の素材を選んでみては如何でしょうか。

様々な施工現場を訪れてきた私のなかで、新居に取り入れたいアイデアの1つが軒天xチーク材です。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 9753
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ミャンマー産の本チークとアジアンウォールナットの無垢フローリングを販売している汎アジア貿易の相原です。チーク材は世界3大銘木の1つで、経年変化で美しい飴色に変化…

汎アジア貿易株式会社 相原店長さんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード