冬は暖かく、夏は涼しい!「NATSUGI FLATS]

互いに独立性を保ちたいという施主様がたのご要望に応え、店舗・親世帯住宅・子世帯住宅を水平に積み上げ、それぞれ内部の雰囲気も大きく変えました。2,3階とも幹線道路に面した側の窓は必要最低限にとどめ、南側の窓を広く取り、明るく開放的な空間になるようにしました。

外断熱のため、冬は暖かく、夏は涼しいといった快適な空間で過ごすことができ、施主様からも喜びの声が上がっています。

  • 1036
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ
敷地が幹線道路沿いなので、遠くからでも見通しの良い場所です。そこで2,3階を張り出させ、外壁は落ち着いたワインレッドのガルバリウム鋼板の一文字葺きにより、建物の顔をつくり、視認性を高めるという店舗の要求に応えました。
3階 子世帯のリビングルーム
3階の子世帯はカフェの雰囲気を持った住まいです。人が集まりやすい広いスペースを確保しました。うづくりフローリングと構造用合板で素材感のある仕上げとなりました。
3階 リビング側から見た子世帯のキッチン
長いカウンターキッチンは多様な使い方ができます。朝は子どもたちが手早く朝食をとり、夜は大人の来客がゆったりとグラスを傾ける場として用いられています。
2階 リビング側から見た親世帯のキッチン
コンパクトで使いやすい対面式のキッチンです。施主様のご要望により、目隠し壁の一部が開くようにし、料理の受け渡しがしやすいようになっています。
空気層を持ったハニカムスクリーンを採用しました。2,3階とも柔らかな光が得られます。
2階 親世帯のリビングルーム
和室を設えた落ち着いた住まいで、暖かい光が南から心地よく差し込みます。2,3階とも遮熱対策としてLow-Eガラスを採用しています。
畳の部分を高くすることで、そこに腰を掛けてリビングに座る人と同じ目線で語らうことができます。
  • 1036
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

兵庫県の苦楽園で設計活動を行っております。設計者自身、阪神間で生まれ育ちました。六甲中学校・高等学校、京都大学・大学院を卒業後、大手設計事務所を経て、2008年…

おすすめのアイデア

話題のキーワード