もっと楽しくマクラメを~Knotting Joy™

少しでも体に負担が少なく、お子様からお年寄り、初心者の方から技術職の方までお使いいただけるように設計された、マクラメ編み補助具Knotting Joy™(意願登録手続中)

  • 3518
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

新しいマクラメの形、Knotting Joy™

昔はミサンガと呼ばれていたマクラメ、最近また、ブーム到来のきざしがありますね!みなさんの中にも昔、作ったことがある方も多いのではないでしょうか?
また、あんな可愛らしいブレスレットを作りたいな・・・と思うけれど、マクラメはどうしても前かがみの作業が多く、長い時間作業をすると首や肩も痛くて辛い。そういう方はきっと多いと思います。

その悩みを少しでも軽減し、体の負担を少なく作業をするために考案したのが、当アトリエのオリジナル編み具Knotting Joy™(意願登録手続中)。

私自身マクラメ作家をしているのですが、長時間仕事でマクラメを編み続けると肩や背中に負担がきて・・・とうとう頚椎の椎間板ヘルニアを発症し、仕事が出来なくなった事がありました。その時に、少しでもその負担を減らさなければと考案したのがこのKnottinng Joy™です。

マクラメ工芸は紐を結ぶと言う単純作業ではありますが、大きなタペストリーなどのインテリアから可愛らしいミサンガなどのアクセサリーまで、様々な暮らしに役立つものを作ることができます。また、指で紐を結ぶと言う作業は脳の活性を促し、以前から子どもたちの知育やリハビリ施設での指の訓練、デイケアなどでのご年配の方の痴呆防止などに活用されていました。

けれど、やはり前屈での作業は辛いものがあり、なかなか捗らない…そういう時、このKnotting Joy™をお使いいただくと、体に負担が少なくマクラメ編みを楽しむことができます。子供も大人もみんなが、そうやってものを作り出す事による喜びや達成感や味わって欲しい…そんな気持ちで、このKnotting Joy™を開発しています。

本製品の使用方法

ご使用方法は、本体を太ももに軽く挟み、机などに立て掛けます。次に本体上部にある支脚のネジをゆるめ、自分の作業しやすい角度に固定します。脚の底面にゴムの滑り止めがついているので、作業中に本体がズレるのを防ぎます。

作業するための紐は、上部と下部にそれぞれ設置したクリップに挟んで固定するので、常に紐がピンと張った状態で作業が出来るため、初めての方でも安定してきれいな編み目を作ることができます。

現在、コンパクトさを重視し紐を挟む溝は7本となっております。そのため、モチーフなどを作る際には物足りないかもしれませんが、ねじり結び、平結び、タッチング、ラップブレス、フレーム編みなどの製作に効果的です。また、ただいまワンランク上の機能のKnotting Joy プロ™も開発いたしており、秋には御用意できる予定となっております。

机に立てかける以外にも、扇状の脚部をしっかりと太ももに挟むことにより、自立させてご使用頂くこともできます。ご使用の用途に合わせて楽な姿勢でご利用ください。

詳しいご使用方法や、Knotting Joy™を使った基本の編み方や最新情報は、上記オフィシャルページ掲載いたしております。(アカウントが無くても閲覧が可能です)よろしければご覧くださいませ。

お問い合わせやご質問、ご購入などは、こちらのお問い合わせの方からご連絡ください。

  • 3518
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

結び技法の国際ギルドInternational Guild of Knot Tyers(IGKT)所属。アトリエOfficina Magister(オフィシーナ…

おすすめ

話題のキーワード