店舗のリノベーションの手順・注意点

既存の店舗をリノベーションして、リニューアルしたり新たな用途としたりする場合は、住宅とは異なり「経営」という要素が加わってきますから、自分たちの好みや使い勝手だけでは改修の判断ができません。いかに集客を増やし、売上を高めるかという戦略を主体に考える必要が出てくるといえるでしょう。そこで今回は、店舗のリノベーションについてお話します。計画から工事までの詳細な手順や、店舗という建物の特徴に絞ったリノベーションの注意点などを紹介していきましょう。

  • 1794
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

店舗リノベーションの詳しい手順

住宅リノベーションの場合、業者さんを探して相談し、支払いなどの手続き後に着工するというシンプルな手順でリノベーションを計画することができますが、店舗の場合は計画から実行まで細かな手順が必要となります。それらを順に詳しく説明していきましょう。

1.改修のコンセプトを決め、それに則った経営戦略を立てる

店舗の場合はまず「どんな店にしたいか」という基本コンセプトを決める必要があります。店舗の様式だけではなく、対象顧客層や中心販売価格帯などの販売戦略に基づいた内外装や設備などを決めていきましょう。

2.専門業者への相談

どんな店にしたいかがある程度決まったら、さらに詳細な計画をまとめるために専門業者さんに相談します。店舗のリノベーションに関わる業者には、建築会社、リノベーション専門の会社、設計事務所、店舗設計コンサルタントなどがあります。

建築会社に直接依頼すれば費用は抑えられますが、デザインや設計面でのバリエーションは少なめになる傾向があります。リノベーション専門の会社は、アイデアなどは豊富にある反面、微細に入る要望などには対応が難しいことがあります。設計事務所は法制面などの知識が豊富で、細かいアドバイスなどが得られる反面、費用が高くつき早い作業は期待できません。また、店舗設計コンサルタントはトレンドに敏感で様々なコンセプトに細かく対応してくれますが、やはり費用が高めで完成までには時間がかかります。

それぞれの業者さんの持つ特徴や、要望の優先順位などを考慮したうえで、慎重に依頼する業者さんを決めるようにしましょう。

どんな店にしたいかがある程度決まったら、さらに詳細な計画をまとめるために専門業者さんに相談します。店舗のリノベーションに関わる業者には、建築会社、リノベーション専門の会社、設計事務所、店舗設計コンサルタントなどがあります。

建築会社に直接依頼すれば費用は抑えられますが、デザインや設計面でのバリエーションは少なめになる傾向があります。リノベーション専門の会社は、アイデアなどは豊富にある反面、微細に入る要望などには対応が難しいことがあります。設計事務所は法制面などの知識が豊富で、細かいアドバイスなどが得られる反面、費用が高くつき早い作業は期待できません。また、店舗設計コンサルタントはトレンドに敏感で様々なコンセプトに細かく対応してくれますが、やはり費用が高めで完成までには時間がかかります。

それぞれの業者さんの持つ特徴や、要望の優先順位などを考慮したうえで、慎重に依頼する業者さんを決めるようにしましょう。

3.見積と施工の確定

予算に見合った内容で見積を確定し、着工のスケジュールを決めます。予算を優先して考える場合は他業者との相見積もりも有効になる場合がありますが、トラブルなどを避けるため各業者との話し合いはしっかり行っておくとよいでしょう。

また、正式に工事の日程が決まったら、近隣の住宅や企業・店舗などへも挨拶を済ませましょう。インフラ関連の使用を開始するための手続きや、物件に大家さんがいる場合は報告なども必ず行いましょう。

4.工事と引き渡し

工事が始まったら、施工業者さんにあまり迷惑のかからない範囲で現場を見に行きましょう。要望通りの工事が行われているかなどは途中の段階でチェックしておいたほうが安心です。ちなみに、設計事務所や店舗設計コンサルタントに設計を依頼し、監理契約がある場合にはそれらの業者さんが施工視察を代行してくれます。

工事完了後の引き渡し時にも、施工のチェックや書類の受け取りは漏れなくしっかり行ってください。傷や汚れなどがあった場合、引き渡し後の申告ではトラブルを招く可能性もあるため、引き渡し時にしっかり確認しておき、何かあればその場で伝えておくことが無難です。

店舗リノベーションで特に注意したい点

コストを抑えて店舗のイメージを変えるには、照明の活用が効果的

店舗のイメージは内装建材や設備などの他に、照明でも大きく変えられます。明るさを確保するのはもちろんですが、照明器具がまめに清掃・メンテナンスでき、いつもきれいな状態を保てるよう施工の段階で工夫しておくことが大切になってきます。

将来も定期的に小規模改装を行えるリノベーションを

長い目で見て店舗の経営を考えた場合、リノベーション以降ずっと同じ店舗イメージのままでは、時代の流れに対応しきれない可能性があります。数年ごとなど定期的に小規模な改装を行えることが望ましいため、店内の構造を工夫するとともに、資金計画なども周到に行っておく必要があります。

店舗リノベーションの事例

【事例】女性をターゲットにした、斬新な書店リノベーション

アパレルなど女性向けテナントが多い地下街の一角にある書店をリノベーションした例です。思い切って顧客のターゲットを「美に対する意識の高い女性」へ絞り、女性が入りやすく清潔感と高級感を重視した内装に変更。

店内のイメージはおしゃれな女性に好まれる「シャビーシック(使い込まれた味わいのある格好良さ)」に統一し、什器もすべて英国風アンティークなどの木目調に。品揃えを女性向けインテリアや美容などのジャンル主体とするとともに、おしゃれな雑貨を陳列できるスペースにも力を入れました。

「きれいになれる本屋さん」のコンセプトは大きく成功し、以前から多かった女性顧客をさらに取り込むことに。年々来店客が減っているといわれる現代の書店のイメージからは想像できないほど多くの女性客が日々立ち寄っています。全国的にもユニークな取り組みで、唯一無二の書店を実現することができました。

おわりに

店舗のリノベーションは、計画段階でのコンセプトをはっきりさせることがより重要です。売上の増加や経営の安定まで視野に入れる必要がありますから、自分本位な改修ではうまくいきません。まずは複数の専門業者さんに相談を申し込み、見積をとってみることから始めるのがおすすめです。といっても、忙しい中見積だけのために多くの業者さんを訪ねるのは大変でしょう。そんなときは、一括見積サービスを活用してみてはいかがですか?1度の登録で、多くの業者さんへ匿名で相談を申し込めますから、ニーズに合う業者さんを効率的に探すことができます。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームの見積もり比較なら「ハピすむ」
1.800社を超えるリフォーム会社の中から厳選してご紹介
2.今なら全員に「失敗しないリフォームガイドブック」をプレゼント
3.東証一部上場企業による安心安全なサービス

  • 1794
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード