【折り紙の活用法】セリアのデザインペーパーで簡単手作り!

100均ショップで販売されている折り紙って可愛いものが多いですよね。使い道がないままついつい購入してしまい、在庫が溜まっている!という方も多いのではないでしょうか。今日は折り紙の活用法・消費の仕方をご紹介します。

  • 10445
  • 99
  • 0
  • いいね
  • クリップ

最近は100均ショップでは可愛い折り紙が沢山販売されていますよね。
カラフル・モノトーン・変わり素材など本当に様々な種類のものがあります。

紙ものは使う予定を考える前に直感で買ってしまって、気がつくと結構な量になることもありますよね。
そんな方に向け、私が折り紙をどのように消費しているかいくつかご紹介します。

誰でもできる簡単折り紙活用法

商品名:モノトーンデザインペーパー
購入場所:セリア

割り箸カバーを作る

可愛いカバーのついた割り箸も最近は100均ショップで買える時代ではありますが、我が家では基本割り箸を購入するということはありません。

お弁当やお寿司などを購入時にいただける割り箸もほぼお断りをしますが、それでも気がつくと家に溜まっていきます。




外でいただく割り箸はおしゃれなカバーがついているものが少ないので、折り紙で好みのケースを作って使っています。

小さな封筒を手作りする

主に誰かにお金を渡さなくてはいけない時に使うポチ袋も簡単に作ることができます。
建て替えてもらったお金をお財布から直接渡すよりも、おしゃれな袋で「ありがとう」の気持ちを伝えることが出来そうです。

シールやマスキングテープなどでワンポイントつけると個性も出て素敵。

お手紙セットを手作りする

ルーズリーフと合わせて便箋を作っておくと、
ちょっとお手紙を渡したいという時に役立ちます。

借りたものを返す時なんかにメッセージを書いて渡すことが多いです。

子供部屋にガーランドを作る

お部屋のちょっとしたスペースに飾るガーランドも折り紙を使うとリーズナブルに仕上がります。
コストもかからず気軽に作れるものなので、季節ごとにデザインを変えて作り直すことも簡単にできます。

子供部屋などに飾るならお子様と一緒に手作りをするのも楽しいですね。

2枚合わせてブックカバーを作る

マスキングテープなどを使って2枚の折り紙を貼り合わせると、文庫本のカバーを作ることも可能です。
大雑把に本の種類によってデザインを変えておけばカバーをつけたままでも本棚から本を探しやすくなると思います。

同じ柄・トーンで揃えるならインテリアにもなじむのでどちらもおすすめです。

いかがでしたでしょうか。
折り紙の活用法の中から私が実際によくやっているものをご紹介しました。

大量に余っている!
という方の参考になると嬉しいです。

  • 10445
  • 99
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

ナチュラルなインテリアが好きで、グレー×ウッド×白を基調とした部屋づくりをしています。モノトーンインテリアも好きです。100均アイテムやシンプル可愛い収納ボック…

おすすめのアイデア

話題のキーワード