キッチンリフォームで背面収納を作るポイントは?費用は?引き戸や隠す収納など

キッチンは収納物が多い割に、収納スペースが少ないことが多いですよね。そのため、キッチンの収納スペースを増やすなら、リフォームをして背面収納を作るのもひとつの手です。こちらの記事では、そんなキッチンの背面収納を作るリフォームのポイントや費用の相場を解説します。また、引き戸や隠す収納など、背面収納のアイデアも紹介。キッチン収納にお困りの方や、キッチンをリフォームする予定の方は、要チェックですよ。

  • 14776
  • 38
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キッチンの背面収納をリフォームしよう

大きな鍋や小さな調味料など、いろいろなものがあるため散らかりがちなキッチンは、背面収納を使うことで機能性が高まります。

キッチンの背面を活用するには、リフォームがおすすめです♪ リフォームの前に背面収納とは何か、そして背面収納のアイデアを見ていきましょう。

そもそもキッチンの背面収納とは

背面収納とは読んで字のごとく、背面の収納のことです。ここでいう背面とは、対面キッチンを使う際に背中を向ける壁を指します。

最近はほとんどの家庭で対面キッチンが使われています。家族と対話しながら作業ができるのが魅力ですが、このときに背面を収納スペースにできたら便利だと思いませんか? そんなアイデアから生まれたのが背面収納なのです♪

背面収納のリフォームのポイントと予算

背面収納リフォームの方法はいろいろあります。たとえば、自分で背面収納をDIYすることもできますが、プロに作ってもらうと長持ちしますし、仕上がりもきれいです。そこでプロのリフォームについて解説します♪ まずはポイントと予算を知り、実際のリフォームの参考にしましょう!

調整可能の棚が便利

背面収納にて収納されるアイテムは形や大きさもさまざまですので、設置する棚は高さ調節可能なものがおすすめです。

バラエティ豊かな家電を収納するなら棚は高め、食器類を収納するなら棚は低めなど、アイテムによって高さを変えられる方がスペースをムダにすることなく収納できるでしょう。

まずキッチンには何があるのか把握し、それらをどんな風に収納したいのかを明確にイメージします。それに合わせて棚を選ぶことが肝要ですよ。

出し入れのしやすさが大事

背面収納は、キッチンの広さを考慮に入れて設計することが大切です。容量にこだわって奥行きを広くとってしまうと、動ける活動スペースが狭くなり扉の開閉がし辛くなったり、奥まで手を伸ばすのが面倒になったりします。

また天井まで届くぐらい高く設置してしまうと、その都度脚立などを使う必要が出て収納が面倒になり、せっかくの収納スペースを最大限に活用できません。反対に収納の位置が低すぎてもかがむことが増え、使いにくくなってしまいます。背面収納を作る際は、容量よりも出し入れがスムーズにできることの方が重要です。

費用相場は?

背面収納のリフォームは、キッチンの寸法に合わせた棚を作ったり、扉を作ったりするので費用は高くなりがちです。具体的には20万円から50万円ぐらいでしょう。

しかし費用は使う素材や大きさなどで変動しますし、扉をつけるか外すかでも費用は変わります。油はねなどがあるキッチンでは扉をつけるのが理想ですが、費用を抑えたいならカーテンなどを自分で取りつける方法もおすすめです。

また電子レンジや炊飯器など熱が発生するものを収納する場合カウンターなどを設置してもいいですね♪

引き戸のキッチン背面収納例

スペースが狭くなりがちなキッチンでは、通常のドアですと開閉に支障が出る場合があります。そんなときは引戸にすることで、扉の開閉がスムーズに行えます。キッチンのスペースを確保するためのアイデアである引戸を使ったキッチンの例を見ていきましょう♪

スタイリッシュな隠す収納

こちらのキッチンでは、背面収納にキッチン家電から食器など、さまざまなものが収納されています。グレーで統一された色は落ち着いた印象を与えるだけではなく、汚れが目立ちにくい色でもあるのです。

このように統一感を持たせた背面収納にすることで全体的にすっきりした印象を与え、機能的なキッチンに仕上げています。

ダークブラウンで落ち着いた色に

ダークブラウンに塗装された木製の棚がナチュラルで落ち着いた雰囲気を醸しだしています。キッチンの収納に木製のものが使われることは珍しいかもしれませんが、その分ほかのキッチンにはない個性があるのです。

キッチンというよりは、どこかの書斎のような雰囲気もあり、クラシック音楽でも聞こえてきそうな味のある雰囲気が料理をするときも優雅な気分にさせてくれます。

大容量の背面収納で、すべての道具をすっきり収めると生活感を出さない、おしゃれな空間です。

半透明の引き戸で中身を把握

色のついた引戸を使うことでインテリアになじませるのもステキですが、半透明の引戸を使うと中身がすぐにわかって便利です。半透明ならではの涼しげな雰囲気は、火で熱くなりがちなキッチンをさわやかに演出してくれます。

引戸の棚を使った収納は、中身を見せるのか、隠すのかでイメージがガラリと変わります。生活感を消したいなら隠す収納、取り出しやすさを重視するなら見せる収納という風に考えるとおのずと方向は決まってくるはずです。

キッチンの背面収納のアイデア

さきほどまでは引戸の棚を使った背面収納実例を紹介してきましたが、背面収納はアイデア次第でいろいろな使い方があります。引戸棚以外のデザインで、おすすめを紹介していきます。

白でまとめれば見た目もスッキリ

キッチンの収納を白で統一させることで清潔感のある空間を演出できます。落ち着いた色で統一させるのとはまた違ったイメージですよ。

写真のキッチンは棚だけではなくボックスも白ですが、バスケットやグリーンを飾るなどすると北欧インテリアっぽい雰囲気が出せますよ。

なお白はすっきりとしたキッチンを演出するには最適な色ですが、汚れが目立つのでこまめに拭いて美しいキッチンを維持しましょう。

ラベリングは収納の基本

キッチンのように細かい収納が多い場所では、棚だけではなくラベリングもしっかりすることで使いやすさがアップします。さらにラベルも色やデザインを統一させることでさらに見やすく、美しいキッチンを演出できるのです♪

またラベルの文字も日本語にするのか英語にするのか、字体はどうするかなど、細かく決めることで雑多になりがちなキッチンをまとまりのある空間にできます。

ラベリングをして、棚を開けた瞬間にどこに何が入っているのか一目でわかれば、取り出しも片付けも簡単になるでしょう。

引き出し収納はボックスのサイズを統一

背面収納を設置しても、その中にただ物を収納するのではなく、収納ボックスや仕切りを使って区切るともっと使いやすくなります♪

100均に行くと、さまざまなサイズの容器があるので、それを棚に合わせて使うと取り出しも楽です。また最近はキッチン収納目的で開発された容器ではなくても、棚のサイズや目的に合っているなら使う人もたくさんいます。

たとえば、ファイルボックスをフライパン収納に使ったり、CDボックスをキッチン小物入れに使うアイデアです。形式にこだわらず、使えそうなものは使ってみる、というチャレンジ精神が、新しい収納アイデアに結び付くのです。

キッチンの収納を見直して使いやすく

食事を作る場所であるキッチンは、何かと汚れやすい場所でもありますが、その分だけ清潔感を持たせたいですし、機能性も備えた場所にしたいものです。

衛生環境にこだわりすぎると無機質になってしまうこともありますし、おしゃれにこだわりすぎると使いづらくなってしまう場合もあるでしょう。

キッチンは機能性とデザインをバランスよく備えた場所であるべきです。そのためにはプロのアドバイスを取り入れながら収納を見直すと使いやすくなるでしょう。

※賃貸物件の場合、退去の際に原状回復を行う義務があり、修繕費用が必要となる場合があります。必ず賃貸借契約書を確認の上で、家主や管理会社の許可を取ってから作業を行いましょう。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 14776
  • 38
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード