美しさと強さの表裏一体!《casa cube(カーサキューブ)》の妥協させない住み心地まとめ

白くてシンプルモダンな《casa cube(カーサキューブ)》には、見た目だけではわからない魅力がたくさん詰まっています。今回は、《casa cube》の住み心地についてまとめてみました。

  • 1351
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

暑さも寒さも関係なく過ごせる、理想の住環境

《casa cube》は側面の窓がスリット窓になっています。これにより、発泡ウレタンフォームの導入が実現しました。この発泡ウレタンフォームの高い気密性や断熱性によって、夏はエアコンなどの冷気を逃がさず、冬は暖房の効果を最大限発揮できます。冬は温かく、夏は涼しいというまさに季節にも左右されない理想の住環境を作り出しています。

見た目ではわからない「広さ」を兼ね備えている!

《casa cube》は低価格を実現できた住宅でもあり、建坪も小さく設計されています。そのため、部屋の広さが充分に取れなくて、住みにくいと考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし小さい住宅は狭いというイメージを覆したのが、この《casa cube》です。《casa cube》は充分な収納性を兼ね備えているからこそ、部屋を広く使うことができるのです。そしてその収納性は、毎日の暮らしやすさに繋がっています。

長期間のメンテナンスを気にせずに住める

コストパフォーマンスにも優れている点も、《casa cube》ならではの嬉しいところ。もともと塗り壁で窓も縦スリット窓のみなので、雨だれ汚れの心配も少なく塗り直しも少なくて済むことから、真っ白な美しさを長く保ち続けられます。壁にパネルのジョイントが無いことで、長期間のメンテナンスが要りません。

また、間取りや外観など住まいの主な要素はもちろんですが、ディテールや見えない部分まで妥協を許さないような設計がされています。住み始めだけではなく、将来のメンテナンスやリフォームなどランニングコストのこともしっかりと考えられています。

シンプルモダンな四角い家は強くて美しい

家を建てる際に気になるのは耐震性ですが、《casa cube》は耐震性にも優れています。専門業者が《casa cube》の耐震診断を実施した結果、震度7以上の地震にも耐えることができると証明されました。また大きな窓がないことで、住宅への強度に貢献しています。

一般的な住宅では基礎のコンクリートの下に穴を空けることで床下の換気を行いますが、《casa cube》では通気ができる基礎パッキンを基礎土台の間に挟み、床下全体に風を行き渡らせることが可能な床下換気を採用しています。基礎に手が加えられていないので、家の耐久性をより高めています。

窓は、幅12.2cmのスリット窓と天井にある天窓のみ。物理的に人が出入りできるのは玄関だけなので、玄関さえ施錠していれば不審者の侵入を防ぐことができます。《casa cube》は防犯性やプライバシーを守るのにも優れており、安心して暮らしていけます。

《casa cube》なら住む人の目線に立った家づくりができる

シンプルモダンなだけではなく、《casa cube》は住む人たちのこともしっかり考えている住宅です。美しさも強さも備わっている《casa cube》は、住宅を知り尽くしたプロによって造られたものです。そのこだわりはデザインの面も住み心地の面も、妥協せずに考えつくされています。

住み心地以外での魅力も知りたいという方は、《casa cube》のホームページでぜひチェックしてみてください♪

  • 1351
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど…

おすすめのアイデア

話題のキーワード