フローリングモップの人気おすすめ15選!いつでも簡単きれいに

フローリングモップは、音を気にせずサッと床掃除ができる便利なアイテムです。本記事では、おすすめのフローリングモップを、種類別に計15種類紹介します。コードレスで扱いやすい電動タイプや、デザイン性のあるおしゃれなもの、家の雑巾をクロスとして装着できるものなどをピックアップ。定番の『クイックルワイパー』や『スコッチブライト』も登場しますよ。さらに、フローリングモップの選び方についてもまとめました。

  • 33499
  • 28
  • 0
  • いいね
  • クリップ

フローリングモップの種類

フローリングモップは、掃除機のような排気音を気にすることなく、いつでも掃除ができるアイテム。日中に掃除ができず夜間に掃除をしたいときや、ちょっとしたゴミを取り除くのに便利です。手が届かないベッドの隙間や、家具の隙間などにも活躍します。

そんな便利なフローリングモップは、「シート」「クロス」「一体型」といった3つのタイプに分かれます。今回の記事を参考に、それぞれの特徴を理解して自分に合ったフローリングモップをゲットしましょう。

【シートタイプ】使い捨てができる

シートタイプは、掃除が終わるたびに使い捨てができて衛生的なのが特徴

シートには「ドライ」「ウェット」「ワックス」と3タイプがあり、軽い汚れにはドライ、ガンコな汚れにはウェット、フローリングのツヤ出しにワックス、といった用途に合わせて使い分けることができます。シートは、スーパーや100均で簡単に購入できますよ。

【クロスタイプ】経済的で使いやすい

クロスタイプは、クロスを洗濯して繰り返し使えるので経済的です。

クロスによっては抗菌加工が施されているものもあるので、衛生面が気になる方も安心です。速乾性に優れたものを選べば、洗濯してから次に使うまでの間にしっかりと乾かすことができ、雑菌やカビが発生しにくいですよ。

【一体型タイプ】シートやクロスが外れない

一体型タイプは、柄の先端にモップがくっついているのが特徴。掃除中にクロスが外れることがないので、シートやクロスがはずれてしまったときのイライラがありませんよ。

一体型タイプも、クロスタイプと同じくモップ部分を洗濯を洗濯しながら使います。繰り返し使えることから経済的なのもポイントです。

フローリングモップの選び方

フローリングモップ選びには、「柄のタイプ」「大きさ」「重さ」「ヘッドの形状」といった4つのポイントがあります。それぞれのポイントをおさえて、ニーズに合ったフローリングモップを見つけてみてください。

柄のタイプ選ぶ

柄のタイプは「伸縮タイプ」「ジョイントタイプ」「一本タイプ」の3つに分かれます。

伸縮タイプ

伸縮タイプは、柄の長さを簡単に変えることができます。主に、接続部分をくるくると回して調節するパターン、接続部分を引き伸ばして調節するパターンの2種類です。自分の身長に合わせて長さを調節したり、フローリング以外の場所を掃除する際に便利ですよ。

しかし、使っていくうちに接続部分が緩んでしまいグラグラしてしまうことも。そのままにしておくとスムーズな掃除ができなくなってしまうので、定期的に接続部分を点検しておきましょう。

ジョイントタイプ

ジョイントタイプは、バラバラのパイプを繋げて長さを調節できます。接続部分をくるくると回してしっかりと固定するため、安定感のある使い心地が特徴。また、使わないときは、パイプを外してコンパクトに収納できるのもポイントです。

一方で、伸縮性のように長さを細かく調節することはできないため、自分に合った長さで掃除ができない場合もあります。

一本タイプ

一本タイプは、伸縮タイプやジョイントタイプのように接続部分がないため、力を入れてフローリングを掃除できます。水拭きやガンコな汚れにはピッタリです。

しかし、他のタイプのように長さを調整することはできません。

重さで選ぶ

フローリングモップは商品によって重さが異なります。シートタイプやクロスタイプは比較的軽い商品が多く一方で一体型の商品が重量感のあるものが多いです

また、小回りが効くものがほしいときは軽量のもの、フローリングをしっかり拭いている感覚を重視したいときは重量のあるものを選びましょう。約350gを基準として探すと見つかりやすいですよ。

ヘッドの形状で選ぶ

モップは、ヘッドのサイズもそれぞれ異なります。リビングや寝室など、広い範囲のフローリングを掃除する場合は、30cm前後の大きめを選ぶと掃除がスムーズに行えますよ。

また、トイレや洗面所など比較的せまい部屋や家具の隙間を掃除するときは、20cm前後の大きさを選ぶようにしましょう。

種類別|フローリングモップおすすめ15選

ここからは、おすすめのフローリングモップを、シート・クロス・一体型に分けて5種類づつ紹介。人気の『クイックルワイパー』や『スコッチ・ブライト』シリーズのフローリングモップも登場します。

シートタイプ|おすすめフローリングモップ5選

tidy
Floorwipe[フロアワイプ]
6,930円(税込)
4
4 Stars
704件)
楽天市場で詳細を見る¥6,930(税込) Amazonで詳細を見る¥6,930(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥6,930(税込)
天然木がおしゃれでデザイン性◎
ベース部分・グリップ部分に天然木を使った、デザイン性のあるフローリングワイパーです。フローリングと同じ木目で、出しっ放しでもインテリアになじむのが特徴です。そのまま立てかけても滑らないように、モップの裏面には滑り止めがついています。掃除アイテムもおしゃれにこだわりたい方にピッタリ。また適度な重さで、モップとフローリングの接地面が浮くことなく、スムーズに掃除ができるのもポイント。
タイプ
シート
サイズ
約26×9.5×102cm
重さ
約520g
アズマ工業
階段にも便利なスポンジワイパー
1,079円(税込)
4
4 Stars
6件)
楽天市場で詳細を見る¥1,046(税込) Amazonで詳細を見る¥1,825(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥1,075(税込)
三角のヘッドで部屋の角や階段にフィット
一般的な四角い形状とは違った、三角ヘッドのフローリングモップです。部屋の隅や、階段などのホコリが集まりやすい場所にヘッドがピッタリフィット。特殊な形状ですが、市販のフローリングシートを巻きつけるだけと装着方法が簡単。ほうきで掃くようにも掃除ができるため、取りきれなかったゴミを集めることもできます。
タイプ
シート
伸縮
サイズ
約11×85×7cm (伸縮:約69~108cm)
重さ
約270g
レック
激落ちくんピタッとシートワイパー ジョイント
1,910円(税込)
楽天市場で詳細を見る¥1,070(税込) Amazonで詳細を見る¥973(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥1,106(税込)
シートをピタッとくっつけるだけの簡単装着
シートを本体にピタッとくっつけるだけで装着できるフローリングモップです。外すときは、剥がすようにシートをめくるだけと簡単。シートは30×20cmであれば市販のものが使えます。フローリングとの接地面は、立体的なクッション構造。床にフィットしてくれるため、モップの接地面全体でゴミをしっかりと絡め取ってくれます。
タイプ
シート
ジョイント
サイズ
約250×100×1100mm
重さ
約330g
アズマ工業
どこでもフロアワイパー
579円(税込)
3.7
3.7 Stars
3件)
楽天市場で詳細を見る¥510(税込) Amazonで詳細を見る¥572(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥606(税込)
小さめサイズでせまい場所も簡単に
一般的な大きさのフローリングモップでは届かなかった場所にもしっかり届く、小さめサイズの商品です。洗面所やトイレといった、せまい場所にピッタリ。シートを装着する際は半分に折って使用すると、シートがムダなく使えますよ。接地面にはスポンジがついているため、周りの家具を傷つけることなくスムーズに掃除ができます。
タイプ
シート
伸縮
サイズ
約18×66×66cm
重さ
約110g
花王
クイックルワイパー
1,548円(税込)
4.3
4.3 Stars
12件)
楽天市場で詳細を見る¥1,380(税込) Amazonで詳細を見る¥1,291(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥1,324(税込)
特殊な裏面で汚れをゴッソリ絡め取る
『クイックルワイパー』独自の、「グルグルやわらかヘッド」といったクッション性のあるヘッドで、ゴミをしっかりと絡めとります。さらに、わずか約3cmの厚さで、掃除機が入りずらい隙間のゴミもしっかりキャッチ。小回りのきく回転ヘッドで、片手でも使いやすいのもポイントです。
タイプ
シート
ジョイント
サイズ
(全長)約110cm
重さ
約340g

シートタイプの商品比較

商品画像
tidy
アズマ工業
レック
アズマ工業
花王
商品名
Floorwipe[フロアワイプ]
階段にも便利なスポンジワイパー
激落ちくんピタッとシートワイパー ジョイント
どこでもフロアワイパー
クイックルワイパー
特徴
天然木がおしゃれでデザイン性◎
三角のヘッドで部屋の角や階段にフィット
シートをピタッとくっつけるだけの簡単装着
小さめサイズでせまい場所も簡単に
特殊な裏面で汚れをゴッソリ絡め取る
最安値
6,930
送料無料
詳細を見る
1,046
送料無料
詳細を見る
1,070
送料無料
詳細を見る
510
送料無料
詳細を見る
1,380
送料無料
詳細を見る
タイプ
シート
シート
シート
シート
シート
伸縮
ジョイント
伸縮
ジョイント
サイズ
約26×9.5×102cm
約11×85×7cm (伸縮:約69~108cm)
約250×100×1100mm
約18×66×66cm
(全長)約110cm
重さ
約520g
約270g
約330g
約110g
約340g
商品リンク 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る

クロスタイプ|おすすめフローリングモップ5選

アズマ工業
シートもゾーキンも使えるワイパーL
1,880円(税込)
楽天市場で詳細を見る¥1,196(税込) Amazonで詳細を見る¥1,455(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥1,196(税込)
クロスはもちろんシートの装着もできる2way
クロスとシートの両方が使えるフローリングモップです。クロスや雑巾で掃除をする際は、ストッパーに挟んで装着するため、掃除中外れにくいのがポイント。シートの場合は4つの差込口に入れて装着ができます。しっかりと水拭きをしたいときはクロス、いつもの掃除にはシートと使い分けたい方におすすめです。
タイプ
クロス
一本
サイズ
約27×111×9cm
重さ
約320g
山崎産業
ぞうきんが使えるフローリングワイパー
1,100円(税込)
4.5
4.5 Stars
11件)
楽天市場で詳細を見る¥1,090(税込) Amazonで詳細を見る¥1,549(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥1,100(税込)
カチッと簡単装着でクロスを固定できる
クロスを固定できる、クリップつきのフローリングモップです。クリップがしっかりとクロスを挟むため、掃除の最中に外れてしまう心配が少ないですよ。さらに、汚れを落としやすいストライプ構造のクロスつき。届いたその日から、すぐに掃除ができます。クロスには、イヤな臭いの発生を防いでくれる抗菌防臭加工つき。
タイプ
クロス
伸縮
サイズ
約25.5×10×68.5~114.5cm
重さ
山崎産業
タフモッピー
4,235円(税込)
4.1
4.1 Stars
48件)
楽天市場で詳細を見る¥4,411(税込) Amazonで詳細を見る¥4,254(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥4,224(税込)
裏面のボコボコで汚れをごっそり取り除く
モップの裏に、ゴムでできた突起が130個もついているフローリングモップです。突起が床と密着し、汚れやゴミをごっそり取り除いてくれます。床のほかに、天井・壁・窓など部屋のあらゆる場所の掃除にもピッタリ。柄が長く、扱いやすい重さのため高いところの掃除にも使いやすいです。
タイプ
クロス
ジョイント
サイズ
(全長)約135cm (ヘッドサイズ)約27×9×4.3cm
重さ
約680g
アズマ工業
高所ワイパー
4,880円(税込)
4.2
4.2 Stars
5件)
楽天市場で詳細を見る¥3,104(税込) Amazonで詳細を見る¥4,475(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥7,427(税込)
手の届かない場所もラクラクお掃除
最長約3.2mにもなるモップ。柄の部分をくるくると回すだけで、長さを調節できるので簡単に扱えます。さらに、ヘッドは7段階に調節可能。力が入りずらくヘッドが浮いてしまう問題も解決しますよ。付属のクロスは、超極細繊維を使っており、汚れをしっかりとかき取ります。
タイプ
クロス
収縮
サイズ
(全長)約1.9〜3.2m (ヘッドサイズ)約27×9cm
重さ
約700g
3M
マイクロファイバーモップ
1,361円(税込)
4.1
4.1 Stars
47件)
楽天市場で詳細を見る¥1,265(税込) Amazonで詳細を見る¥6,183(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥1,508(税込)
2つのファイバーで汚れをしっかり絡め取る
極細と中細、2つのファイバークロスを使った『スコッチ・ブライト』のフローリングモップです。極細ファイバーで細かいホコリをキャッチし、中細ファイバーでこびりついた汚れを逃さず落とします。クロスにホコリが絡まったときに便利な、ブラシ付きはうれしいポイント。また、ヘッド部分は180°回転式。自在に動かして、スムーズに掃除ができますよ。
タイプ
クロス
伸縮
サイズ
約130×940×90mm
重さ
約566 g

クロスタイプの商品比較

商品画像
アズマ工業
山崎産業
山崎産業
アズマ工業
3M
商品名
シートもゾーキンも使えるワイパーL
ぞうきんが使えるフローリングワイパー
タフモッピー
高所ワイパー
マイクロファイバーモップ
特徴
クロスはもちろんシートの装着もできる2way
カチッと簡単装着でクロスを固定できる
裏面のボコボコで汚れをごっそり取り除く
手の届かない場所もラクラクお掃除
2つのファイバーで汚れをしっかり絡め取る
最安値
1,196
送料無料
詳細を見る
1,090
送料無料
詳細を見る
4,411
送料無料
詳細を見る
3,104
送料無料
詳細を見る
1,265
送料無料
詳細を見る
タイプ
クロス
クロス
クロス
クロス
クロス
一本
伸縮
ジョイント
収縮
伸縮
サイズ
約27×111×9cm
約25.5×10×68.5~114.5cm
(全長)約135cm (ヘッドサイズ)約27×9×4.3cm
(全長)約1.9〜3.2m (ヘッドサイズ)約27×9cm
約130×940×90mm
重さ
約320g
約680g
約700g
約566 g
商品リンク 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る

一体型タイプ|おすすめフローリングモップ5選

電動モップクリーナー uc81
12,800円(税込)
4
4 Stars
237件)
楽天市場で詳細を見る¥12,800(税込) Amazonで詳細を見る¥12,800(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥12,800(税込)
コードレスでラクラクの電動一体型タイプ
コードレスで場所を選ばず掃除ができる、電動一体型のフローリングモップです。モップが1分間に360°回転するため、ガンコな汚れも簡単に落とせます。さらに、熱を使わないことから、フローリングのほかに大理石・タイル・ゴザ・プレイマットの掃除もできるのはうれしいポイント。使い終わったクロスは、洗濯機でも洗えますよ。
タイプ
一体型
伸縮
サイズ
(全長)約1040〜1300mm (ヘッドサイズ)約415〜23mm
重さ
3.38kg
アズマ工業
トルネード回転モップ丸型セット
3,544円(税込)
4
4 Stars
320件)
楽天市場で詳細を見る¥3,579(税込) Amazonで詳細を見る¥3,545(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥3,860(税込)
モップとバケツのセットで本格水拭き
モップを上下に動かして、洗浄・脱水ができるバケツとセットになったモップです。手を汚さず掃除ができるため扱いやすいのがポイント。ガンコな汚れを掃除したい方、フローリングを水拭きしたい方におすすめ。また、洗浄と脱水機能が一緒になった一層型のため、収納しやすいサイズ感です。
タイプ
一体型
伸縮
サイズ
(モップ)約260×260×1100~1300mm (バケツ)約320×320×290mm
重さ
(モップ)930g (バケツ)1250g
flat mop flymop
2,070円(税込)
楽天市場で詳細を見る¥2,070(税込) Amazonで詳細を見る¥3,570(税込)
約25mmの超薄型で家具下のお掃除が簡単
厚さ約25mmとスリムなサイズ感のフローリングモップです。モップが引っかかって掃除しずらい家具の間やソファーのすき間など、スムーズに掃除ができます。さらに、用途に合わせた2種類のマイクロファイバーモップつき。水拭き・から拭きにはやわらかめ、ガンコな油汚れは固めと使い分けられますよ。
タイプ
一体型
サイズ
重さ
アズマ工業
グングンマイクロ激拭きワイパーF
2,225円(税込)
3.7
3.7 Stars
7件)
楽天市場で詳細を見る¥1,737(税込) Amazonで詳細を見る¥1,745(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥1,698(税込)
吸水スポンジつきでこぼし汚れにぴったり
吸水スポンジが、液体汚れをグングン吸い取ってくれるモップです。飲み物をこぼしてしまった際の拭き掃除にピッタリ。付属のマイクロファイバークロスを装着すれば、フローリングモップとしても気軽に使えます。また、フローリング掃除用のウェットシートも取り付け可能。スポンジが劣化してきたら、別売りの専用スポンジと取り替えることができますよ。
タイプ
一体型
伸縮
サイズ
(ダスターを含む全長)約94~123cm (拭き幅)約30cm
重さ
約720g
アイリスオーヤマ
回転モップセット KMO-490S
5,494円(税込)
Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥3,415(税込)
ペダルを踏むだけで簡単洗浄&脱水
ペダルを足で踏んで、洗浄・脱水ができる『アイリスオーヤマ』の回転モップ。バケツの中でこまめに洗浄ができるため、いつでもキレイな状態でフローリングを掃除できますよ。バケツの中でモップが回転するため水が飛び散らないのもポイント。
タイプ
一体型
伸縮
サイズ
(モップ)約40×40×102~131cm (バケツ)約49×26cm
重さ
約3.2kg

一体型タイプの商品比較

商品画像
アズマ工業
アズマ工業
アイリスオーヤマ
商品名
電動モップクリーナー uc81
トルネード回転モップ丸型セット
flat mop flymop
グングンマイクロ激拭きワイパーF
回転モップセット KMO-490S
特徴
コードレスでラクラクの電動一体型タイプ
モップとバケツのセットで本格水拭き
約25mmの超薄型で家具下のお掃除が簡単
吸水スポンジつきでこぼし汚れにぴったり
ペダルを踏むだけで簡単洗浄&脱水
最安値
12,800
送料無料
詳細を見る
3,579
送料無料
詳細を見る
2,070
送料要確認
詳細を見る
1,737
送料無料
詳細を見る
3,415
送料要確認
詳細を見る
タイプ
一体型
一体型
一体型
一体型
一体型
伸縮
伸縮
伸縮
伸縮
サイズ
(全長)約1040〜1300mm (ヘッドサイズ)約415〜23mm
(モップ)約260×260×1100~1300mm (バケツ)約320×320×290mm
(ダスターを含む全長)約94~123cm (拭き幅)約30cm
(モップ)約40×40×102~131cm (バケツ)約49×26cm
重さ
3.38kg
(モップ)930g (バケツ)1250g
約720g
約3.2kg
商品リンク 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る Yahoo!で見る

知っておこう!フローリングモップと掃除機がけの順番

フローリングを掃除する際は、以下のような順番で行うように心がけましょう。

1. ドライタイプシートでから拭きをする
2. 掃除機を使って、細かいゴミを吸い取る
3. ウェットシート・クロスタイプなどを使って水拭きをする

先にフローリングモップでから拭きをすることによって、掃除機の際に床のホコリを舞い上げることなく取り除けます。さらに掃除機を使い、仕上げに水拭きをすれば、ホコリや汚れをきれいに取り除くことができますよ。

コツは、モップがけをする前に照明器具のホコリや棚のホコリを取り除くこと。ホコリは「上から下へ」と落ちてきます。そのため、これらの場所が掃除されていないと、すぐにホコリが気になってしまいますよ。

▽LIMIA 暮らしのお役立ち情報部 はこちらから

まとめ

フローリングモップの選び方から、おすすめの商品を15種類紹介しました。フローリングモップは大きく分けると3種類あります。それぞれ特徴が異なるため、特徴を理解し自分に合ったタイプをセレクトしてみてくださいね。

また、柄のタイプ・重さ・ヘッドの形状といった選び方のポイントも参考にしながら、使いやすいモップをゲットしましょう。


※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行なってください。
※お手入れをする際は、必ず電源プラグを抜いてから作業を行ってください。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2020年5月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。


LIMIAからのお知らせ

今年の大掃除はプロにお願いしてみませんか?
人気のお風呂・キッチン・換気扇クリーニング3点セットが今なら33,000円(税込)。

  • 33499
  • 28
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード