太めの毛糸をねじるだけ♪カラーしめ縄風リース(土台)の作り方☆

昔ながらのしめ縄飾りも素敵ですが
モダンな洋風しめ縄を飾りたい方必見!
毛糸を束ねてねじるだけで簡単に出来る
カラーしめ縄風リース(土台)の作り方を紹介します♪

  • 15740
  • 111
  • クリップ

*しめ縄リースは手作り出来る!

こんにちは♪

まだクリスマス前ですが
店頭で正月飾りを見掛ける時期になりました。

毎年、市販のしめ縄に
アートフラワーなどを飾り付けて
しめ縄アレンジを楽しんでいます。
※上の写真は去年の作品です。

今年はしめ縄(土台)部分から
手作りしてみたいなぁと思い

誰でも手に入れやすく
簡単に作れる素材を探していた時に

ある雑貨屋で見掛けた驚きの商品が
しめ縄にしか見えなくなり…。笑

自己流ではありますが
カラーしめ縄風リースの土台を作りました。

早速ご紹介していきます♪

*極太毛糸をしめ縄に見立てる!

今回、しめ縄風リースに使用した商品は
こちらの極太毛糸です。
太さを測ってみたところ、1.5㎝強でした!

《商品詳細》
購入場所:フライングタイガー
価格:300円(税抜)
長さ:23m
素材:ポリエステル70%、アクリル30%
カラー:ブラック、ネイビー、ボルドー

かなり長いのに300円というプチプラ価格♪

こちらの毛糸をしめ縄に見立てて
リース土台を作っていきたいと思います。

*材料

⚪︎製作費用…300円〜
⚪︎製作時間…20分程度

《材料》
⚪︎太めの毛糸(カラーは自由) 90㎝×6本
⚪︎ワイヤー
⚪︎はさみ

フライングタイガー以外の毛糸でも製作可能です。
ダイソーにも太めの毛糸が売っていました。
太さが足りない場合は
毛糸を1.5㎝ほどの束にして代用してみて下さい。

*作り方

1.毛糸(約1.5㎝幅)を90㎝の長さに6本カットする。

分かりやすいように
見本はネイビーとボルドーの2色を使用していますが
単色で6本用意して作ってみて下さい♪

2.端から約10㎝の位置をワイヤーで固定する。

10㎝だと長いと感じる方は
もう少し短くても大丈夫です◎

3.毛糸が動かないように重しを乗せ
3本ずつに分けた束をそれぞれ右にねじり
端から約10㎝の位置をワイヤーで固定する。

かなりきつめにねじって大丈夫です。
何故なら、ワイヤーで固定したあとに
手を離すと束が多少緩むからです。

4.2本になった束同士をねじり
端から約10㎝の位置をワイヤーで固定し
1つの束にまとめる。

この時もかなりきつめにねじって下さい。

5.まとめた束を輪にしてワイヤーで固定し
毛糸の先端を微調整したら完成。

ワイヤーで固定する際に
フックを引っ掛けられるような輪を作っておくと便利です。

*3種類作ってみました!

先ほど作った土台(左下)に加え
単色(ネイビー、ボルドー)バージョンも
作ってみました。

毛糸の先端部分を
手で軽く裂いて広げるとバランスが良くなります。

*まとめ

いかがでしたか?

本物のしめ縄を綯うのは難しくても
太めの毛糸を何本か束にしてねじることで
カラーしめ縄風リース(土台)にする方法を
ご紹介しました。

この後はお好きな材料で
飾り付けを楽しんでみて下さい♪

↓しめ縄の飾り付け方法はこちら。

また、この次の記事でも
100均アイテムのみを使った
しめ縄リースの飾り付け方法をご紹介する予定です。

どなたかのお役に立ちますように…*

ご質問等ありましたら
Instagramの最新postへ
お気軽にコメント頂けると嬉しいです♡

Instagramではフォロワー様限定で
今回ご紹介したしめ縄リースの
プレゼント企画を開催中です。
※2018年12月8日〜15日

是非ご参加お待ちしていますね♪

*リース関連アイデア

  • 15740
  • 111
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード