七夕の由来や意味。簡単にわかりやすく子どもに伝えよう

七夕の由来や意味をくわしく知りたいママもいるのではないでしょうか。七夕の由来や願い事の仕方、笹飾りの意味を簡単にご説明します。ママたちから聞いた家にある材料で手軽に作れる笹飾りも併せてご紹介します。子どもにわかりやすく七夕のおはなしをするコツはあるのでしょうか。

  • 170
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

七夕の由来や意味をくわしく知りたいママもいるのではないでしょうか。七夕の由来や願い事の仕方、笹飾りの意味を簡単にご説明します。ママたちから聞いた家にある材料で手軽に作れる笹飾りも併せてご紹介します。子どもにわかりやすく七夕のおはなしをするコツはあるのでしょうか。

七夕とは

七夕は子どもたちの成長を願う「五節句」のひとつとされています。短冊に願い事を書いたり、笹飾りを作ったことがあるママもいますよね。

ですが、どうして織姫と彦星は会えなくなってしまったのか、歌にでてくる「きんぎんすなご」とは何なのか、意外と知らなかったり、忘れていることがあるママも多いかもしれません。

七夕の由来や笹飾りにまつわる意味を改めてご紹介します。

七夕の由来

七夕の由来は諸説あるようですが、中国で発祥し日本に伝来したようです。

古来中国では、旧暦7月7日(現在の8月12日ごろ)女性たちが手芸や機織りの上達を天の川に輝く、夏の大三角形の中のこと座のベガ(織姫星)とわし座のアルタイル(牽牛星/彦星)にお祈りする「乞巧奠(きっこうでん)」という風習がありました。

一方の日本では、七月七日の夕方に五穀豊穣や厄除けを願い乙女が着物を織って棚にお供えする「棚機津女(たなばたつめ)」という神事が行われていました。

奈良時代以降、中国の「乞巧奠(きっこうでん)」が日本へ伝わり「棚機津女(たなばたつめ)」の神事と独自に融合し、さまざまなお願い事をする現代の七夕まつりとして広まったとされています。

七夕を「たなばた」と呼ぶようになったのは、中国の七夕物語に登場する織姫と七月七日の夕方から始まる日本の「棚機津女(たなばたつめ)」が結びつき「七日の夕方=七夕」をたなばたにあてはめたことが由来されるそうです。

七夕物語のあらすじ

七夕物語のあらすじを知っていますか?なんとなく知っているけど、子どもにくわしく説明する自信がないというママもいるようです。七夕物語のあらすじについて簡単におさらいしてみましょう。

天の川のほとりに機織りが上手な美しい織姫と働き者の彦星という牛飼いが住んでいました。2人は結婚しましたが、遊ぶことに夢中になり、結婚してから仕事をしなくなってしまいました。織姫が仕事をしないせいで神様たちの着物はボロボロになり、彦星が仕事をしないせいで牛たちは病気になってしまいました。怒った天の神さまは2人を離れ離れにし、1年に1度、七夕の夜だけ会うことを許しました。

七夕物語は中国で生まれたのおはなしです。織姫のモチーフこと座のベガは裁縫を司る星、彦星のモチーフわし座のアルタイルは農業を司る星と考えれていました。

この2つの星が最も強く光り輝く旧暦の7月7日を特別に考え、七夕物語が生み出されたようです。

なぜ短冊に願い事を書くのか

短冊に願い事を書くようになったのは、江戸時代以降とされています。本来貴族の宮中行事だった七夕が国の季節行事「五節句」に定められ、一般的に広まったようです。

中国では、お裁縫が上手な織姫にあやかり5色の糸をお供えする習慣がありましたが、江戸時代以降、子どもたちが習字の上達を短冊に書き笹を飾りつける習慣に変化し、いろいろな願い事を短冊に書く風習が普及したという説があります。

どうして笹に飾るの?

七夕の飾りつけをする笹竹には、風に揺れるサラサラという葉の音で悪いものを祓ってくれる厄除けの力があると信じられていたようです。

神様が降りてこられるように目印として、また天に向かってまっすぐ伸びる力強さに子どもたちが健やかに成長できるように祈りを込め、笹竹が用いられるようになったと考えれています。

七夕飾りの意味

笹に飾る七夕飾りにも意味や由来が込められているようです。折り紙で簡単に作れる七夕飾りの意味をご紹介します。飾りの意味や由来を子どもと話しながら作ると七夕がもっと楽しい思い出になるかもしれません。

吹き流し

昔は5色の糸で織姫の織り糸をモチーフとして作っていたようです。織物や裁縫の上達を祈願する意味があります。

赤、青、黄、白、黒(紫)の5色を用いることで魔除けの意味も生まれるようです。折り紙や紙テープ、紙風船などを使うと簡単にできます。

折鶴

家族みんなが長生きしますようにという意味があるようです。千年生きると伝わる鶴に願いを込め、長寿や健康を祈願します。

網飾り

幸せをキャッチする、拾い上げるという意味があるようです。網を使うと魚がたくさん獲れ幸せになるという考えから、七夕飾りに用いられるようになったそうです。

財布(巾着)

お金に困らないように、お金がたまりますようにという意味があるそうです。金運全般を祈願します。

神衣(着物)

着るものに困らなくなるように、お裁縫が上手になりますようにという意味があるようです。また災いを人形に移し厄払いを祈願します。

くずかご

ものを粗末にしないという意味があるようです。七夕飾りを作る時に出た紙くずをいれます。

七夕飾りには他にもスイカや天の川をイメージした菱飾り、願いが消えずにつながりますようにという意味をもつ輪飾り、願いが届くようにという意味を込めて折り紙で作ったお星様を飾ることもあるようです。

笹飾りに飾ってはいけないというものはないのかもしれません。子どもと意味を考えながらオリジナルの飾りを作るのも楽しそうですね。

七夕について子どもにわかりやすくおはなしするコツ

七夕についてママたちはどのようにおはなしをしてあげているのでしょうか。ママたちの体験談をご紹介します。

6歳/女の子のママ

織姫さまと彦星さまはどうして離れ離れになっちゃとの?と年長さんの娘に聞かれたとき、二人で遊ぶのが楽しくてお仕事をしなくなっちゃって困った人がたくさんいたの。それをパパに叱られて離れ離れに暮らすことになったんだって。と伝えました

「自分たちの好きなことばかりしていると、たくさんのひとに迷惑をかけてしまう」というのが七夕物語の教訓のようです。子どもが少し大きくなってから、やさしく伝えてあげられるとよいかもしれないですね。

5歳/男の子のママ

たなばたの歌にでてくる、きんぎんすなごって何?と聞かれたときその場ですぐに答えられませんでした。調べた後、天の川のお星さまがキラキラ光る砂みたいに見えるね。っていう意味だよ。明日はお空が本当にキラキラしているかパパと一緒に見てみようね。伝えました

金銀砂子はふすまや蒔絵に使われる金箔や銀箔を砂のようにした粉です。

七夕の日にママやパパと一緒に夜空を見上げる経験は、たとえ遠くへ出かけなくても、子どもにとって大切な思い出となるのではないでしょうか。

4歳/女の子のママ

七夕さまは、短冊にお願い事を書いて神様に見てもらうんだよ。神様がきちんと読めるようにママと一緒にお名前をかいてみようか。上手にかけたら織姫さまと彦星さまも喜んでくれるかもしれないね

短冊が子どもがはじめて字を書くきっかけになったというママがいました。七夕のおはなしや意味を伝えてあげるのはもちろん素敵なことですが、はじめて字を練習をするきっかけが七夕の短冊だと思い出になるかもしれないですね。

七夕のおはなしをするときは、子どもの想像力が膨らむように導いてあげると楽しいコミュケーションに繋がるかもしれないですね。

子どもの年齢に合わせ、できるだけ簡単な言葉で情報量を調節しながら伝えてみてください。子どもにわかりやすくおはなしするためのコツはストーリーをシンプルに伝えてあげるのがよいかもしれません。

七夕まつりをたのしく過ごそう

日本古来の伝統的な七夕の由来や意味を簡単に小さな子どもに話すのは少し難しいこともあるとおもいます。

七夕飾りを一緒に作りながら意味を少しづつ伝えてあげたり、短冊への願い事をはじめて字を書くきっかけにしてあげると楽しく七夕について学べるかもしれないですね。七夕まつりを親子のコミュニケーションに活用して素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

  • 170
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード