古民家リノベーションにかかる費用と相場は?趣向と便利さを両立しよう!

今回は、古民家リノベーションの費用と相場についてまとめました。古くから日本人に親しまれてきた住居である古民家は、現代でも常に一定の人気を誇っています。近年は、そんな古民家をリノベーションして住まいとして利用するケースも増えていますが、費用がどれくらいかかるのか気になりますよね?ここでは、昔ながらの雰囲気の中で暮らしていきたいと考える方や、先祖から代々引き継いだ住居を将来にまで残していきたいと考える方などに、古民家のリノベーションについての情報をご紹介していきます!

  • 4147
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

費用を節約!古民家リノベーション

古民家は文字通り古い住居なので、リノベーションにかかる費用は一般的な改修より多くかかってしまうことが多くなります。そこで、できるだけリノベーション費用を抑えるための注意点をいくつかご紹介いたします。

躯体がしっかりしている古民家を選ぶ

伝統的な古民家は、こまめな手入れがなされると数百年単位で住み続けることができると言われています。それでも、建物が傷んでしまっているとリノベーションにかかる費用も跳ね上がってしまうので、古民家を選ぶ際には慎重に吟味するようにしましょう。雨漏りやシロアリによる被害、基礎や柱の腐食の有無が主なチェックポイントです。

減築も視野に入れる

古民家には、幾度も増築が施されているケースが珍しくありません。あまりにも部屋の数が多いときなどは、思い切って減築してみるのも良いでしょう。単純にリノベーション費用を節約できますし、陽当たりや風通しが良くなるなど思わぬ副次的効果があるかもしれません。

廃材を有効活用する

現在では入手の難しい価値の高い建材が使われていることが、古民家ではよくあります。たとえ廃材となってしまっても捨ててしまわずに、小民具や古民家を専門的に扱う業者に買い取りを依頼してみましょう。手間がかかりますが、インターネットオークションを利用するのもおすすめです。捨てるだけだった廃材に、存外な高額がつくこともあります。

補助金制度をチェックする

年々悪化を遂げている空き家への対策のため、中古住宅のリフォームには補助金が支給されます。また、お住まいの自治体によっては古民家のリノベーションや再生への支援を行っていることがあるため、事前に自治体に問い合わせるなどしてチェックしましょう。

ここをリノベーションしよう!おすすめの箇所とその費用

さまざまなメリットのある古民家ですが、いくつかデメリットもあります。なかでも問題なのが、断熱性と耐震性の脆弱さです。リノベーションでは、これらに補強を施すのがおすすめです。それぞれにかかる費用をご紹介いたします。

断熱性の補強

古民家の多くは、冷房の無い時代に建てられたものなので、暑さ対策のため風通しの良い造りになっていることが多くなります。そのため夏は過ごしやすいのですが、どうしても冬は寒くなりがちです。

冬場の暖房コストを下げるためにも、断熱対策はしっかりとやっておくのが良いでしょう。

リノベーションでの断熱補強で手を加えるのは、壁や床などが一般的です。壁の断熱リノベーションには1平米につき1~1.5万円、床では12畳の部屋で10万円前後が相場です。

ただし、柱や基礎の傷み具合によっては、費用が嵩んでしまうこともある点はご留意ください。

耐震性の補強

古民家の多くは旧基準の耐震性をもとに作られているため、現在の基準を満たしていないことが多々あります。

安全のためにも、耐震性を補強しておくのが良いでしょう。古民家の耐震補強のために最低限必要とされているのは、耐力壁の設置と柱梁の補強、建物の軽量化、腐朽及びシロアリ対策の4つで、総額にして400万円ほどが相場です。

事例から学ぶ。古民家リノベーションの費用

ここでは実際に行われた古民家リノベーションと、その費用をご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

築150年。老朽化した古民家をリノベーション

傷みの目立ち始めた古民家をリノベーションした事例です。

懸念事項だった老朽化したキッチンは設備を一新し、床下に湿気対策を行いました。また、数多くあった使わない部屋を統合しLDKに間取り変更。

それでいて、古い梁や柱、建具はできるだけ残し、古民家の良さも残しています。70平米近いこの物件のリノベーションにかかった費用は、約1,200万円でした。

築140年。伝統ある古民家をリノベーション

使っていない部屋が多いため昼でも暗く、冬は寒いのが不満だった古民家。

耐震と断熱性能を高めたうえで、外装や間取り、設備の変更などを行い、高い天井や土間など古民家の趣を活かしつつ、全体的に心地よいお住まいへとリノベーションを行いました。

110平米を超える古民家のフルリノベーションにかかった費用は、約2,100万円でした。

おわりに

古民家は老朽化が進んでいるケースが多く、一般的なリノベーションよりやや費用がかかってしまう傾向があります。しかし、古来より培われてきた和の心に触れながら日々の生活を営めるのは、古民家ならではの魅力でしょう。

古民家再生に強いリノベーション業者さんも増え、古民家物件を探す手段も多くなっていますから、興味を持たれたらまずは見積を取ってみるとよいでしょう。一括見積サイトを利用すれば、複数の業者さんの見積が一度に取れ、比較検討も楽にできます。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 4147
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード