押入れ収納の上手な方法教えます!洋服や小物をしまうコツやポイント

押入れは奥行きがあるため、思ったように活用するのが難しいスペースです。奥行きの使い方を知れば、洋服や小物が驚くほどきれいに片付きます。押入れ収納のコツやポイントを知って、今までデッドスペースだった空間を活用してみませんか?

  • 28975
  • 315
  • 2
  • いいね
  • クリップ

押入れを上手に使うコツ

最近、押入れを開閉していますか? 押入れに布団を入れっぱなしだったり、引っ越しの荷物をそのまま置いておいたりすると、カビが生えているかもしれません。

押入れは奥行きが深いため、効率よく使うにはコツがいります。押入れの構造や容量を知って、詰め込みすぎの押入れから、整理整頓された押入れに変身させましょう!

押入れの構造と容量を把握する

洋室の「クローゼット」に対し、和室の収納を「押入れ」と呼びます。押入れには引き違いの襖があり、上段と下段の固定棚で仕切られているのが一般的な構造です。

押入れは、日本家屋の畳で数える風習のまま、畳1畳分(90×180cm)の面積であることが多く、今も極端には変わっていません。敷布団を三つ折りでしまうために、ちょうどよいサイズです。

上下二つの空間を左右にわけ、四つの空間で考えると、収納がしやすくなります。よく開ける側の上段が最も使う物、あまり開けない側の下段に、しまっておく物を入れるのが、押入れ収納の基本です。

すのこなどを使い湿気やカビ対策も

近年の日本の住宅は気密性が高く、押入れの湿度が抜けにくくなったといわれています。そのため、押入れに何年も物を入れっぱなしにしておくと、カビが生えてしまいます。

せっかく大切にしまっておいた記念品に、カビが生えてしまったら悲しいですよね。押入れのカビの防止は、何といっても通気性の確保です。来客などの予定がないときは、押入れを開けっ放しにしておくなど、換気の習慣をつけましょう。

開閉を増やしても、カビの発生が心配な場合は、すのこを敷いてみましょう。通気性がよくなり、湿気対策に効果的です。定期的に交換する必要はありますが、除湿剤を設置するのもおすすめです。

グルーピングして収納する

近年、日本人はベッドを使う人が多いため、押入れは必ずしも「布団の収納庫」ではなくなっています。布団以外でも、しまいたい物をグループ分けすることで、出し入れの能率もアップします。

布団系なら、布団、座布団、クッション、シーツ、カバー類が代表例です。同じように、洋服や日用品、子どものおもちゃ、季節の家電など、近い物でグルーピングしてみましょう。

分類ができたら、押入れの上段下段、左右の空間に割り当てて格納します。広い押入れ収納に不向きな細かいグッズは、衣装ケースやカゴに入れたり、カラーボックスを設置したりして、取りやすいようにしましょう。

押入れで洋服を上手に収納するポイント

ワンルームなどの広くない押入れでも、ひと工夫すればおしゃれな空間に早変わりします。
正しい押入れ収納術を知れば、モデルルームのような人に見せたくなる空間を作ることも夢ではありません。

散らかりやすい洋服やバッグも、使いやすくきれいに収納するポイントをおさえて、押入れを活用するためのアイデアを実践してみませんか?

大人と子どもそれぞれの目線に合わせる

押入れには、上下段や左右以外にも、手前と奥行きで区切ると、さらに収納がしやすくなります。大人にとって使いやすい上段手前は、子どもの目線だと使いづらい空間です。

子どもが使いやすい下段手前には、毎日使うおもちゃや本、来客に見せたくないオムツセットなどを格納してもよいでしょう。反対に、子どもに触れさせたくない物は、上段の奥にしまうなど、目線を変えると収納がはかどります。

洋服はシーズンごとに前後に分ける

衣類は押入れ収納の定番ですが、家族がいると大容量になってしまいまいます。衣類の量が多くなれば多くなるほど、押入れの使い勝手も悪くなるので、シーズンで使うものは手前、オフシーズンは奥、と分類してみましょう。

オフシーズンの服や、普段着ない洋服のボックスもただ奥にしまいこむだけでなく、ラベルを貼るなどひと工夫をすることで、出し入れもしやすくなります。

たたむ、かける収納の使い分け

使いやすい押入れ上段には、ハンガーラックがおすすめです。市販のハンガーパイプや、突っ張り棒などにコートやジャケットを掛けておけば、シワになりにくく、選びやすくもなります。

下段には、たためる衣類を収納しましょう。「引き出し衣類ケース」は、押入れで使うことを想定して作られているため、深い奥行きを活用するのにぴったりのサイズです。

押入れでの上手な小物収納のポイント

大きな収納空間である押入れは、「隠す収納」にもぴったりです。ただ、しまうだけではなく、扉一枚の向こうに使いやすい収納を設置することで、部屋を今以上に広く使えます。

特に小物は、部屋の中に散らばりがちです。押入れをおしゃれで便利に使うアイデア収納術を知って、気持ちよく快適に小物を取り出せるようにしてみませんか?

かばんはフックを利用して壁かけ収納

革製やビニール製のかばんは、床に置いておくと、型が崩れたり、湿気でカビたりしてしまいます。押入れ用の突っ張り棒に、かばんをつり下げて収納することで、通気性もよくなり、型崩れも防止できます。

数が多い場合は、段違いに突っ張り棒を設置し、S字フックを使うことで、収納量をさらにアップできます。かびやすい素材は、かばんの中に炭などの脱臭除湿剤を入れておくと、より効果的です。

帽子はハンギングラック収納がおすすめ

かばんと同様に、型崩れしやすいのが帽子です。100均に売っているワイヤーネットにフックをつければ、見た目にもかっこいいインテリアになります。

帽子の数が多いときや、ホコリよけには、ハンギングラックを突っ張り棒につり下げましょう。洗える素材や、表側を隠せるデザインもあるので、帽子のサイズにあわせて選びましょう。

奥行きを生かして押入れ収納をもっと快適に

押し入れは大きな収納スペースだけに、なんでもかんでも詰め込んでしまいがちです。快適に押入れを使うなら、アイテムごとのグルーピングや、アイテムを使った収納がおすすめです。

通気性をよくし、すのこや除湿剤を活用することで、カビなどから大切な衣類や布団を守りましょう。乱雑になりがちな小物を整理できる、おしゃれな押入れ収納をしてみませんか?


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 28975
  • 315
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード