意外な無印良品グッズで実現する! 見せる収納見せない収納

整理収納アドバイザーの須藤昌子です。 人気の無印良品は、ファイルボックスだったり引き出しだったり。ですが、今回は、工具箱を使って、日ごろは、取り出しやすさを重視した収納で、お客様がいらした際は、見せない収納に変えることが出来る方法をご紹介します。

  • 51807
  • 204
  • いいね
  • クリップ

日ごろは使いやすさを求めた収納

私の仕事柄、自宅でのセミナーでたくさんの方々が来られます。その際に、「見せたくないな~」と思うものをさっと見えなくしながら、日ごろは、使いやすく、欲しいものがさっと取り出せる収納方法がないかと考えていてました。 そんな私の願望をかなえてくれるグッズを発見しました!! それが、無印良品の工具ボックスです。

スチール工具箱③です。

あけてみると、大きなスペースには、色々と収納できそうです。

棚の上に置いて、蓋をあけます。 そして、蓋部分に、無印良品のフック付きのマグネットを貼り付けます。

フックには、出し入れすることが多いものをひっかけ収納します。 私が引っ掛けたのは、定期券や文具などです。

セリアで見つけた雑貨の瓶にリボンを結んで、引っ掛ければ、ボールペンやシャープペンをおしゃれに収納することが出来るばかりか、取り出しやすく、省スペースで置いておくことが出来ます。

そして、小さな無印良品の工具箱には、ジッパーバッグに入れて小分けにした、使用頻度の低いアクセサリーを収納。

そのまま工具箱へ入れることが出来ます。サイズもぴったりです。

必要なものを収納したら、こんな風になりました。 欲しいものが一か所に集まっていて、パッと見て、欲しいものが見つかり、取り出しやすくしかも、ちょっとおしゃれな感じになりました。

見せたくないときは、ふたを閉めて。

整然とした収納場所にしたい、中を見せたくない!なんてときは、工具箱の蓋をパタンとしめてしまえば、中は見えません。何が入っているかも、ちょっと想像つかないかもしれませんね。

毎日の生活で使うものは、使いやすく収納することで、散らからず、ストレスなしの状態を保つことが出来ます。でも、来客があった際は、お客様の目に触れないようにしたい!なんてものもあるので、その際は、さっと隠せて、見た目は、素敵なインテリアに変身。 そうすれば、来客時、バタバタすることもありません。

いかがでしたか? 手に入れやすい無印良品のグッズを使って、おうちのインテリアとしてもよく、実用性にも優れた使い方が出来る工具箱。生活のヒントになれば幸いです。

日々の片づけのヒントや片付けについてのテクニックなどをブログに綴っています。ぜひ、ご覧ください!!

  • 51807
  • 204
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

その他

趣味で始めたフラワーデザインが、現在では、教室運営&挙式用ブーケのプロデュースの仕事へと変化しました。沢山のお客様を迎える我が家を、きれいにしたい!と、2016…

おすすめのアイデア

話題のキーワード