無印良品&IKEAを使ったマグやグラスの快適収納方法

小さいけどどうしても数が増えてしまうマグカップやグラス。
家族分だけでなく、来客用なども所有しておかなくてはならないので、食器棚にたくさん収納されているご家庭も多いのではないでしょうか。
私は食器が好きなので、どうしても小ぶりなマグや急須が増えてしまいがち。
奥行きがある食器棚は奥に収納してしまうとなかなか出番がなく、掃除も大変。
そこで今回は人気の無印良品とIKEAのグッズを使って奥行きを生かした収納方法をご紹介します。
埋もれた食器をフル活用することができるのでオススメですよ。

  • 31912
  • 219
  • いいね
  • クリップ

取り出しやすさと掃除しやすさを考えた食器棚を目指す

我が家の食器棚です。
平日は1日2回、休日は1日3回以上使う食器やコップ。
取り出しやすく戻しやすくしておくことで家事もスムーズになります。
また衛生的に保ちたい場所なので掃除のしやすさも大切です。
料理や掃除のやる気をアップさせるためにも食器棚の収納はかなり重要だなぁと感じています。

無印良品・ステンレスバスケットを使った収納

適度に中が見えて、清潔に保てるステンレスバスケット。
食器棚の高さに合わせて数サイズから選ぶことができます。
マグカップや湯のみはバスケットにまとめて収納。
バスケットにまとめておくことで引き出して取り出すことができるので奥に収納した
マグなどをさっと取り出すことができます。

IKEA・ロースト皿を使ってマグを収納

同じ要領でIKEAのロースト皿にまとめたマグカップ。
シンプルな作りで見た目もすっきり!
お気に入りのマグカップを選ぶ時間も楽しくなりますね!

竹製の茶碗かごでグラスをまとめて収納

子供が使うことが多いグラスは、傷が心配なので優しい竹製の茶碗かごにまとめて収納しています。
軽くて丈夫なので長く愛用することができます。
しっかりと乾いてから収納しないとカビ発生の原因になるので、そこは気をつけたいところ。
使っていくうちに色も変わり経年変化も楽しめる素材です。
グラスを傷つけることも少ないので、ざっくり収納におすすめ!

今回は、数の多いマグカップやグラスの快適収納をご紹介しました。
食器棚の奥行きがあるというデメリットをメリットに変える収納方法。
所有しているものをしっかり活躍させることができる方法なので、是非参考にしていただけたら嬉しいです。

  • 31912
  • 219
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

数年前に出会った映画をきっかけに北欧の暮らしやインテリアが大好きになりました。毎日繰り返しの暮らしの中でホっとできる空間作りを目指しています。主人と年子の男の子…

おすすめのアイデア

話題のキーワード