【2018冬】真冬もいける!?ライダースジャケットの重ね着コーデ

秋冬の定番アウターである、ライダースジャケット。だけど、真冬は寒いから春先までしまい込んでしまうことありませんか? でも、それだと着られる季節が短過ぎるからもったいない! 冬でもライダースジャケットを着こなすための重ね着テクニックを見てみましょう!

  • 10968
  • 30
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ライダースジャケットにはインナーに厚手のパーカーを重ね着!

秋から冬への季節の変わり目、だいぶ寒くなってきたな……という時に使えるのがこのテク。中に厚手のパーカなどを1枚挟むだけで、暖かさが違います!ライダースジャケットはカジュアルなコーデともマッチするアイテム。裏地にボアが仕込まれているパーカーなどを選べば、真冬でも大丈夫!

さらに、ストールの肩掛けやファーアイテムなどをプラスしたり、足元はしっかりと防寒することで寒さを防ぐことが出来ます。

ライダースジャケットにはニットカーデを羽織って!

可愛くて誰でも挑戦しやすいのが、ゆるめのニットカーデを羽織る方法。ライダースジャケットは生地が固いためアウターの重ね着は難しいと思いがちですが、ポイントは、ざっくり編みのニットを選ぶこと。ビッグシルエットで、ミディアム丈でライダースより少し長めのものを選ぶとライダースの雰囲気にマッチします。

選ぶニットカーデの色合いによって、イメージも少しずつ変わります。白ならシンプルにかっこよくきまり、あえてのキャメルは少しかわいさをプラス。グレーはこなれた印象を底上げしてくれます。加えてファーバッグなどの冬っぽさが出る小物をプラスすることで、暖かみをプラスして。

アウターを2枚重ねることで上半身にボリュームが出るため、このコーデにはぴたっとしたスキニーパンツを合わせるのがおすすめです。気合いが入りすぎないよう、肩の力を抜いたスニーカーを合わせるのも◎。寒い日にはストールを巻いても合うので、手持ちでお出かけすれば上級者感は満点です!

ライダースジャケットにはチェスターorゆるめのロングコートを肩掛けで!

ライダースジャケットのクールな印象を強めたいなら、チェスターコートを肩からかけるのも◎。腕が細身のコートの場合は、袖を通すときつくて動きにくくなってしまうので、あえて肩掛けするのがバランスを保てます。ひざ下まで来るロングコートを選ぶことで、後ろ姿もスタイリッシュにまとまります。

柔らかく袖が広がったシルエットのコートやカーディガンなら、袖を通しても、もちろんOK! 襟つきコートならクラシックに、襟なしはカジュアルにこなれた着こなしを実現させます。持っている人が多いロングのチェスターコートを活用すれば、今すぐにでも真冬のコーデができちゃいます!

冬でもライダースジャケットを着こなそう

いかがでしたか? 真冬には着られないと思っていたライダースジャケットも、着こなし次第で寒さ対策が可能です! 暖かいだけでなくお洒落に決まるので、2018冬は是非ライダースジャケットのレイヤードに挑戦してみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 10968
  • 30
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フリーライター・1児の母ブログ執筆歴15年学生時代より読者モデルとしてメディア出演。新卒で大手化粧品会社に入社後、会長主任秘書として勤務ののち出産を機に退職。現…

おすすめのアイデア

話題のキーワード