お掃除しやすく、丈夫で質感いろいろ。 水まわりは「フロアタイル」に決めた!

リノベーションで床と言えば無垢フローリング。木のやわらかい足触りや、樹種によって異なる味わい深い質感に人気が集まっています。でも、自然素材である木は水には強くないため、キッチンや洗面などの水まわりだけは「フロアタイル」を選ぶ方がとても多いんです。塩ビ系素材でできた「フロアタイル」は耐久性に優れ、リアルで高級感のあるものがたくさん。様々な使用例を集めてみました。

  • 3901
  • 47
  • 0
  • クリップ

【キッチン】無垢床リビングとの切り替え方は…?

水まわりといえばキッチン。リビングダイニングは無垢のフローリング、キッチンはこのように切り替えています。天然石調で硬質なフロアタイルは、壁のタイルとの相性もいいですね。

フロアタイルと無垢床部分の間にカウンターテーブルを置き、キッチンとのゾーニングを図っています。

【洗面】水まわりでコーディネートしたり、バリエーションも豊富

キッチンと洗面の壁タイルとフロアタイルをお揃いにした例です。
ダークな木質調のタイルでシックに。

こちらはトイレとお揃い。
テラコッタ調のフロアタイルがナチュラルな雰囲気。
洗面のモザイクタイルやトイレのアクセントクロスとの相性も◎です。

アッシュフリー材で造作された洗面台の雰囲気ともよく合っています。

こちらは白い洗面台が映える、濃いめの床を選びました。
汚れが目立ちにくく、シックな空間に。

こちらはパステルカラーのモザイクタイルが映える明るい色のフロアタイル。
明るい色は空間を広く見せ、清潔感を演出します。

タイルの色味と合わせた中間色も。
大人っぽく優しい空間になります。
落ち着いた水まわりインテリアが好きな人におすすめです。

【トイレ】フロアタイルはトイレの壁の名脇役

淡い桜色のクロスで、やさしい雰囲気のトイレ。
床もそのイメージを壊さない、白いフロアタイルです。

壁を深いグリーンにしたので、床はシンプルなフロアタイルに。
四方がダークな色だと圧迫感があるので、床は淡い色を選びました。

こちらのトイレの壁は調湿・消臭効果のある珪藻土仕上げ。
白い塗り模様がより映えるように、床は濃い目の色味で空間を引き締めています。

まとめ

フロアタイルは、なんと言ってもお掃除がラクで、とても扱いやすいのが魅力。メンテナンスのしやすさは住み心地にも大きく関わってきます。それに高級感もあり、木の床や造作家具ともうまくなじんでくれます。自然素材がもたらす心地よさをメインに、フロアタイルのような技術力を駆使した素材も組み合わせながら、住みやすいお家づくりを考えていきましょう。

【設計・施工】

株式会社 スタイル工房
【浜田山店】東京都杉並区成田西3-2-4 K&3ビル1階(火・水定休)
【南青山店】東京都港区南青山1-17-13 大青コーポ 2F(火・水定休)
【横浜店】横浜市都筑区仲町台2-1-9せせらぎハイツ1階(火・水定休)
【リノベーションギャラリー】東京都杉並区梅里1-7-17 k&2ビル3F(火・水定休)
 完全ご予約制。ご予約は浜田山店までご連絡下さい。
tel.0120-587-250   http://www.stylekoubou.com

  • 3901
  • 47
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード