【地震対策】知っておきたい地盤の液状化を防ぐ方法!意識しておきたい防災ポイント!

地球環境の異常気象から、近年は天災が多くなりました。特に、地震は我々日本人にとって「いつ大地震が起きてもおかしくない」という認識が強くなったはずです。家が大きく揺れると、怖いのは液状化現象です。液状化現象が進行すると、地盤沈下が発生し、家の倒壊の原因にもなります。地盤沈下、防ぎたいですよね。そこで今回は、家の傾き修理・地盤沈下修正工事の専門業者〔レフトハウジング〕から液状化現象から発生する地盤沈下を防ぐ方法をご紹介いたします。

  • 2161
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

あなたのご自宅は大丈夫?液状化現象とは?

そもそも液状化現象は、地震が起きた際に、地盤に砂と水を多く含めている場所で良く起こります。
液状化による被害は大きく、建物の破損やガス漏れ、水道管の破裂による二次災害などが挙げられます。
また、高潮や大雨に対しての地盤の耐性が落ち、潜在的に被害が想定されます。
液状化は防ぐことができますので、今回はその方法をご紹介しましょう。

液状化による地盤沈下を防ぐ7つの方法

液状化現象によって起こる地盤沈下を防ぐには以下の7つの方法が考えられます。

①地盤をローラーで固め、土の密度と強度を高くする
建物を施工する前に、重機でしっかりと土地を踏み固めます。盛り土をしている土地の場合は、特に入念に行いましょう。

②軽い家を建てる
軽い建物ですと、重い建物に比べ、地盤内の水が大規模に液状化する可能性が低くなります。

③支持増まで杭を打ち、建物を支える
上記の軽い家と同じく、杭を支持層まで打つと地盤へかかる負担を軽減でき、液状化を抑えることができます。また、柱状改良杭であっても、地盤の負担を軽減できます。

④建物から地盤にかかる重さを均一にする
地盤の一部にではなく、均等に負荷をかけると、液状化の発生確率は低くできます。
重度の沈下で地中に埋められた配管がずれると、修復の必要がありますが、地盤が沈下しても、建物が傾かずに均等に沈下すれば、被害を防げます。

⑤隙間にセメントを入れて水が入り込む隙間をなくす
薬液注入工法をすれば、地盤内に水分が入る隙間をなくし、土の粒子の動きを抑えることができます。

⑥地盤改良して地震による地盤の振動を抑え、液状化させにくくする
ざっくり言いますと、液状化の原因は土と水の分離です。地震の振動による土と水の分離を防げば、液状化を抑制できます。薬液注入工法、もしくは表層改良工法による地盤改良工事が有効です。

⑦地震が起きる前にあらかじめ地盤内の水を抜いておく(地下水位低下法)
地中壁を施工して、土地をしっかりと囲い、地盤のゆれを抑制しましょう。
大規模な液状化を防ぐめに、地盤の揺れる余地を少なくしましょう。

地盤沈下が起きやすい場所があります。

そもそも液状化現象には、起こりやすい場所と起こりにくい場所があります。海や川、用水路の近くなど、比較的、地面の水分量が多い土地は、発生しやすい傾向にあります。海沿いの埋立地や、昔は沼地だった場所など、地下水位が高く、砂を多く含んでいる地盤でも多く見られます。

海砂によって海を埋め立てた地区は要注意です。悪い条件が重なってしまうと、わずか震度4程度でも液状化の危険性があるそうです。

地名で考えると「川」「谷」「田」などが含まれている地域は、埋め立てて宅地にしている可能性もあり、液状化の可能性が比較的高い地区だとも考えられています。

詳しくはレフトハウジングのWEBサイトへ!

いかがでしょうか。液状化現象による地盤沈下は家の傾きは、最悪な場合、家の倒壊にまでいたってしまう恐れがあります。ただ、事前に対策をしっかりとしておけば防ぐことは可能です。家の傾き修理・地盤沈下修正工事専門の〔レフトハウジング〕なら、万が一発生してしまった地盤沈下や液状化現象の状況を迅速に把握し、最善のプランをご提案いたします。地盤沈下になってしまった、地盤沈下が心配、そんな時はぜひ相談をしてみてください。詳細はホームページをご覧になってみてくださいね。

  • 2161
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

私たちの使命は、最高品質の家の傾き修正工事を通じて、今後も安心して住み続けていけるお住まいを提供することで、地域社会の改善と向上に貢献することです。お客さまに「…

おすすめのアイデア

話題のキーワード