【マイナス3度のインテリアで】夏を乗り切ろう♪

いよいよ夏本番!

インテリアで体感温度を下げて、

少しでも涼しく過ごせる工夫をお伝えします。

  • 83831
  • 777
  • いいね
  • クリップ

色で体感温度が違う?

色彩心理学の実験では、

寒色系の色と暖色系の色では、体感温度が3度も違うことが分かっています

暑い夏、寒色をインテリアに取り入れましょう!

体感温度を下げてくれる寒色系の色は、なんといっても、

ブルー!

また、清涼感のある白も、夏のインテリアの色としては、オススメです

気軽にポストカードで

インテリアに色を取り入れるなら、
数百円で購入出来る、ポストカードがオススメ☆

アートで

こちらは、涼しげな海の写真です

透明感のあるフレームを使うと、より涼しげな印象を与えることが出来ます。

ガラスの器で

透明感があるものといえば、

ガラス

ガラスの花器に、お水をはって

子供が拾ってきた葉っぱを浮かべてみました。

手入れの要らないグリーンを

夏場は気温が高く、生花は、どうしても、持ちが悪くなります。

生花は、夏場、寿命が短くなります

そんな時にオススメなのは、
アーティフィシャルフラワー

造花の中でも、かなりリアルです☆

針金が入っているので、生花と違って自在に形を変えられるのが、良いところ

吊り下げたり

丸めてみたりと

色々形を変えて、通年楽しむ事が出来ます

涼しげな音で

風鈴は、日本人の昔ながらの知恵

こちらにも、中にアーティフィシャルフラワーを入れて、存在感を際立たせています。

風鈴がない方も、

川の音や海の波の音、鳥のさえずりなど、自然の音をBGMで取り入れるのも効果的です。

高音で、透明感のある音は、リラックス効果も。

ゆっくりとしたテンポのものが、オススメです。

香りで

最後は香り

ミントやローズマリーなどのハーブ、柑橘系の香りは、スッキリ爽やかに感じ、暑さを和らげる効果があります。

私が好きなのは、ニールズヤードの

集中力を高める効果もあるFOCUSというブレンドと

RELAXATIONというブレンドオイル

ニールズヤードのボトルはブルーなので、インテリアとして飾っておいても涼しげです☆

まとめ

暑さを感じるのは、温度計の温度ではなく、体感温度です。

視覚だけでなく、聴覚と嗅覚にも訴える、五感に響くインテリアの工夫で、

エアコンの設定温度が上がるかも?

どなたかの参考になれば幸いです☆

ブログも読んで頂けると嬉しいです♬

  • 83831
  • 777
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

間取りもインテリアも収納も☆家のトータルデザインをしています一級建築士インテリアコーディネーターライフオーガナイザー 2004年4月〜2010年10月大手ハウス…

おすすめのアイデア

話題のキーワード