浴室乾燥機をリフォーム!気をつけるべき注意点とポイントをご紹介

今回は、浴室暖房・浴室乾燥機のリフォームをする際にチェックしておくべきポイントをご紹介します。浴室暖房乾燥機をリフォームしてより一層生活を快適にすることで、寒い冬場やジメジメした季節を乗り越えようとしている方も多いのではないでしょうか?浴室の乾燥について関心をお持ちの方は、ぜひ御覧ください!

  • 9122
  • 16
  • 0
  • いいね
  • クリップ

浴室の床や壁素材の進化で冬場の浴室を寒く感じさせない技術が高まってきていますが、寒い時は寒いものです。寒い浴室内から熱いお風呂に入ると、血圧の急上昇・急低下が起き、身体に負担がかかり、時には失神してしまうヒートショックが起こることもあります。また、梅雨や雨が多い場所では、浴室にカビが生え、雑菌が繁殖しがちです。浴室暖房乾燥機があれば、そんな問題も一気に解決することができます。

暖房と乾燥が一体になっているものが主流

かつては「浴室乾燥機」や「浴室暖房機」として販売されていましたが、現在では浴室暖房乾燥機として一体になっているものが主流です。基本的に、浴室暖房乾燥機を設置すれば浴室の暖房も乾燥も両方可能であることを覚えておきましょう。

天井式埋め込み式と壁掛け式がある

浴室暖房乾燥機には「天井埋め込み式」と「壁掛け式」の2種類があります。「天井埋め込み式」は、器具が見えなくなり浴室空間を保ちたいときに適しています。「壁掛け式」は後付でラクにリフォームしたい場合に適しています。

ガス式と電気式がある

上記の他に浴室暖房乾燥機には「ガス式」と「電気式」があります。「ガス式」は給湯器でお湯をわかすのでパワーがある一方、別途給湯器を用意しなければならないなど費用がかかりがちです。「電気式」はガスに比べ、設置費用などがかからない一方、分電盤から電気をひいてくることが出来なければ設置することが難しいなど、一長一短です。ご自身の浴室・住まいに合わせたものを選びましょう。

換気扇が設置されているか

現在では、ほとんどの浴室に換気扇が設置されていると思いますが、浴室暖房乾燥機を設置するのであれば、換気扇が設置されている必要があります。設置されていない場合は、

・別途換気扇設置費用がかかる
・浴室暖房乾燥機を設置することが不可能

となる場合があるので、注意が必要です。

浴室ドアに換気口がある

こちらもほとんどのドアに設置されていると思いますが、浴室ドアに換気口があることも重要なポイントです。風が入ってくる道と出て行く道がないと、浴室内の空気が滞留したままで、乾燥効果が低くなります。浴室暖房乾燥機を設置するのであれば、浴室のドアに換気口が必要です。

リフォーム費用は約10万円〜

浴室暖房乾燥機にリフォームする場合、費用は約10万円〜と考えておきましょう。

・一般的な浴室より広い
・配線の工事が複雑
・オプションでミスト付きにする

などがなければ、約10万円からリフォームが可能です。

浴室暖房乾燥機にリフォームする時にチェックしておくべきポイントをご紹介しました。入浴中に寒く感じている方や、浴室内の湿気などが気になっている方におすすめのリフォームです。まずは一括見積もりをとることから始めてみてはいかがでしょうか。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 9122
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード