【写真付き】縫い物初心者でもすぐできる!基本的な縫い方のやり方を紹介

今回は、裁縫初心者の方でも簡単に始められる、基本的な手縫いの方法について紹介します。並縫い、本返し縫い、半返し縫い、玉どめの方法を写真付きでわかりやすく解説するのでぜひ参考にしてくださいね!

  • 100268
  • 135
  • 0
  • いいね
  • クリップ

肝心のときにわからない!手縫いの方法

最近、手縫いで何か作りましたか? 手仕事が好きでハンドメイドのバックなどを作る方が増えている一方で、裁縫を全くしない方も多いことでしょう。しかし、急にシャツのボタンが取れてしまったときなど、裁縫が必要になることもありますよね。

そこで、小中学校の家庭科の授業で多くの人が習った、並縫い・返し縫い・玉止めの裁縫の基本となるやり方をおさらいしてみました。

手縫いの作業は、しっかり縫っていけば、丈夫に縫うことができます。しっかりとひと針ひと針と縫っていくので、ミシンで縫うよりもほつれにくい場合も。それでは基本的な縫い方から紹介していきます。

1. 基本は並縫い

並縫いとは、手縫いの縫い方のうちで最も基本となる縫い方です。2枚の布を合わせて縫うときや、洋服や手提げを縫うときに、しつけ糸を使って仮に縫うときにも適した縫い方です。

直線に等間隔で縫っていきます。表と裏の縫い目は同じ縫い目になっています。初めのうちは、目見当で直線に縫うのは難しく感じますので、チャコールペンやヘラで線を引いて、その上から並み縫いをしていくと綺麗に仕上がります。

手芸愛好家の間では、「等間隔の縫い目がかわいらしい」と並縫いファンが多いようです。この縫い目をわざと見えるようにカラフルな糸で並縫いをして布小物などを付ける方もいます。

並み縫いの仕方

針に糸を通して、玉結びをします。糸の長さは50cmほどが縫いやすい長さです。以下のステップが並縫いの基本です。

1. 表から裏へ針を刺す
2. ひと針分すすめて、裏側から表側へ針を刺す
3. 表側からひと針分すすめて、裏側へ針を刺す
4. 交互に繰り返す


通常は、ひと針ずつ布から抜かないで、何針か刺してから布から抜きますので、「ぐし縫い」とも呼ばれています。

2. 返し縫いは2種類ある

返し縫いは、縫い目を戻しながら縫い進める縫い方です。本返し縫いと半返し縫いの2通りの縫い方があります。

本返し縫いの仕方

ひと針縫い進めたら、裏側でふた針分戻ってから表面を縫い進める縫い方です。表面は、ミシンで縫ったようなしっかりとした縫い目が出ます。

裏側は、戻って塗っているので糸がつながっているような縫い目になっています。

本返し縫いは、とても丈夫な縫い方ですので、デニムや作業着などの厚くて丈夫な生地の衣服や綿製の丈夫なトートバッグのほつれの補修などに適しています。

半返し縫いの仕方

ひと針縫い進めたら、裏側で縫い目の半分戻します。その後、表面でひと針分縫い進めるというやり方です。

裏面の糸の重なりは、本返し縫いの半分になるので、縫い目はそれほどかさばりません。薄く、デリケートな素材の衣服のほつれなどに向いている縫い方です。ゴワつかず、柔らかな素材の風合いを損なわない縫い方でもあります。

3. 縫い終わりは玉どめで!

縫い終わった時に糸を布に固定するときに玉どめをします。縫い終わった糸に針先を当てます。

親指と人差し指で押さえて、針先に2回糸を巻きます。親指で押さえて針と糸を抜きます。

きゅっと結べたら、糸の端を切ります。

まとめ

このように、針と糸、ハサミがあれば簡単に手縫いができますね。縫い方のポイントは、縫っている時に糸をたるませたり、きつく縫ったりしないことでしょう。縫い方の基本がマスターできれば、今度は簡単な布小物などを手作りしてみたいですね。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 100268
  • 135
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部がお届けするファッション情報。新発売のアイテム、トレンドコーデなどをお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード