ハギレが溜まったらマルチクロスを作ってみましょう

ハンドメイドをする方はもちろん子供のサイズアウトした洋服など、可愛いけどそのままじゃ使えない布をリメイクで再生!

  • 37145
  • 145
  • 0
  • いいね
  • クリップ

何かを作るには小さいハギレと子供の小さくなった洋服……捨てるにはもったいない!

子供ってすぐに大きくなります。
可愛くてお気に入りだった服も、すぐにサイズアウト!
もちろん、綺麗な状態だったらフリマとか他所のお子さんに差し上げたりとかもできるのですが……

汚すプロですからね、子供は。
もー、背中側は綺麗だけど前の方は食べこぼしのシミが……とかで人にあげるのはちょっと、という状態になります。でも生地の柄は可愛いし子供のお気に入りだし、で。
やはり捨てる気にはなれなかったりします。

そんな勿体ない思い出のある生地や、何かを作った残りの布たちを捨てられずにいると溜まって溜まって仕方なくなります。山になります。山脈にもなります。そりゃもう。

今回はそんな積み重なった布たちを一気に消費かつ、使えるものに変身させる(このズボラーかつテキトーな私でも失敗しない)簡単な方法をご紹介です。

大量大量でございます。

作り方。ちょっとしたコツだけで、簡単に。

材料:
ー ハギレ、服の綺麗な部分など
ー 糸

道具:
ー ミシン、(手縫いでもできますが、ちょっと大変になります

1)まずは、小さな布を大きなパーツに仕立てる

子供の洋服(捨てられないもの)の中で使えそうな部分を切り取ります。
これらは結構な小さいパーツとなりますので、できれば最終的に大きな一枚にするためには縫いやすくしていきたいもの。

まずは、組み合わせやすくするために大きなパーツを作ります。

小さな布同士を合わせて四角のパーツへと縫い合わせていきます。

2)幅を合わせて、帯のようなパーツに仕上げます

幅の長さは仕上がりの大きさによっても変わってきますし、1)で作ったパーツの幅に合わせていいと思います。
お好みで判断してください。

ただ仕上がりの形は四角の方が(丸や三角よりも)簡単で失敗をしにくいと思いますので、同じ長さに揃えて三つの大きな長細いパーツにしてゆきます。

3)大きく長細いパーツを縫い合わせて、出来上がり。

パッチワーク的な見た目ですが、小さなパーツを大きなパーツに仕立てているため、最終的に大きな一枚にするときは直線をだだだーっと縫うのみ。

これなら私のようなテキトーかつズボラーでも(なんとなく)綺麗にできるのです。

そして縫い合わせたら、裏地をつけて表から縫い目をたどるようにミシンをかけてみました。
これでクロスも丈夫になりますし、見た目も綺麗です。

色んな場面でお役立ち。
大きめパーツを作ってから、縫い合わせたクロス。なれてくると、こんな繋ぎ方も。
棚カバーにしたんですが……

可愛かったのにー! 気に入ってたのにー! な布ものたちは、
是非是非ともこんな感じでリメイクして、次のお役立ちアイテムへと再生してみてくださいませ。

今回もご覧いただきありがとうございました。

人形のふりをしている猫がいますね。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 37145
  • 145
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

アーティスト・職人

Hometalk(アメリカのDIYサイト)のTutorial Team(個別指導チーム)メンバー。レトロでガーリーなオリジナルねこ雑貨ショップ。その他、物書き・…

おすすめのアイデア

話題のキーワード