トイレリフォームにかかる費用と知っておきたいポイント

トイレのリフォームに関わる様々なケースをご紹介し、ケースごとのリフォーム費用をご紹介します。

  • 9568
  • 21
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ケース別!トイレのリフォームにかかる費用

トイレリフォームにかかる費用として、一般的に言われている目安の金額は、50~80万円です。
しかしトイレリフォームと言っても様々なケースがありますので、目安の金額を大幅に超える可能性もあります。ここでは、トイレリフォームの様々なケースでの費用をご紹介します。

ケースその1:汲み取り式トイレのリフォーム費用

汲み取り式から水洗トイレへリフォームする場合は、トイレを丸ごと作り変えると言っても過言ではありません。そのため高額なリフォーム費用が必要です。
汲み取り式のトイレをリフォームする場合は、相場で80万円程度かかります。
また場合によっては、使用していた便槽などの処分費用も掛かるため、100万円を超えてしまう事も多々あります。

水洗トイレは水圧で汚物を下水に流し、浄化槽などに送り込んで処理しますが、地域によっては浄化槽が設置できない、下水が無い、下水までの距離が遠すぎるといったことがあります。
そういった場合は残念ながら、水洗トイレを使用できる条件を満たしていないため、トイレのリフォームをすることができません。

これらの問題に直面した場合は、諦めるか簡易水洗トイレにするかの2択になります。そのため、水洗トイレへのリフォームができない可能性があることを念頭に置き、その場合には計画の変更を柔軟に行えるように準備をしておきましょう。

ケースその2:下水式トイレのリフォーム費用

下水道設備が整っている場合は、洋式の便座を新しい便座に変更するだけで、リフォームは可能です。便座の交換だけなら20万円以内でできることが多いです。
しかし便座の交換だけでなく、洋式トイレを交換する工事や手洗いを設置する工事は60万円以下の事例が多く、和式のトイレを洋式に変える時はさらに高額になります。

ケースその3:トイレリフォームと一緒にクロスを貼り替える

トイレの便座を新しいものにすると、壁紙が汚れているのが気になるのではないでしょうか。トイレのリフォームをおこなう際にはクロスも一緒に貼り替えることを検討してみましょう。
トイレのクロス貼り替えの相場は2万円~5万円程度です。

トイレで一番気になるのは、やはりニオイではないでしょうか。そういった場合には、消臭効果が高いクロスをオススメします。
また、湿気や汚れも出てくる場所ですので、防カビや汚れにくい機能を持ったクロスであるかも確認しましょう。

クロスの色は真っ白のものを選ぶより、少し色が入ったものの方が落ちついた空間になります。また、色のついた便器を設置している場合は、同じ系統の色をクロスに採用すると統一感が出ます。
トイレは個室の面積が狭いため、大柄の柄ものを選ぶと圧迫感を感じてしまいます。そのため柄ものにする場合は、小さい柄で薄くプリントされたものにするとよいでしょう。

ケースその4:2階にトイレを増設する

「トイレのために2階から降りるのが大変」「トイレが遠い」といった理由で、2階にトイレを増設するリフォームも多くあります。
トイレの増設にかかる費用相場は、40万円~が相場となります。

トイレを増設するためには、まずスペースが必要となります。収納スペースなど1畳ほどのスペースがあれば、増設は可能です。
しかし、1階のトイレの真上の2階にトイレを増設する場合など、増設希望の場所周辺に給排水管があればよいですが、近くにない場合は給排水管の設備工事費用がさらに上乗せでかかってきます。そのため、トイレを2階に増設する場合は、現状を施工会社に見てもらい、相談をしてみましょう。

  • 9568
  • 21
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リフォーム会社

外壁塗装からリフォーム・DIYまでリフォームの正しい情報をわかりやすく伝えるメディア。

おすすめのアイデア

話題のキーワード