これに投資すべき!おしゃれすぎる北欧家具・新PHテーブルランプ

北欧インテリアで欠かせない照明。今や伝説となったデンマークの巨匠デザイナーがいる。それがポール・ヘニングセン。1920年代末に生まれた彼のオリジナルデザインにもとづく、新しいテーブルランプのシリーズが発売に。赤・黄・緑・白と揃ったシェードがかっこよすぎる、絶対に手に入れたいテーブルランプです。

  • 5332
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

このランプさえあれば、ラグジュアリーな北欧インテリアが手に入る

2016年3月から日本での販売がスタートするデンマークの照明ブランド、ルイスポールセンによるテーブルランプ。これは、伝説的な存在でもあるデザイナー、ポール・ヘニングセンのオリジナルデザインに基づく新しいシリーズだ。3枚のシェードで光をコントロールする画期的かつ機能的、そして美的なデザイン。

ルイスポールセンはデンマークにて1874年に創業。1920年代半ばから照明器具の製造をスタートした。当時、気鋭の建築家&デザイナーだった、ポール・ヘニングセンと協力し、製品を開発。1925年にヘニングセンとのコラボレーションから生まれた「PHランプ」のシリーズがロングセラーとなった。

濃い茶色のフレームはクールなヴィンテージインテリアにも合う

新しいランプ「PH3½-2½ テーブル」は、細部にわたって精度の高いつくりになっている。注目すべきは3枚のシェードを支えるホルダー部分だ。職人魂を感じられる緻密な仕上がりに。

加えて、シルクマット・ブラウン塗装を施した真鍮製のフレームがかっこいい。これは当時の真鍮ヴァー二ッシュ仕上げと同じ質感に仕上げたものだそう。濃い茶色の真鍮はヴィンテージ感のある空間にも、モノトーンのインテリアにも、男前インテリアにも、どんなテイストにもすっと馴染むことだろう。

ホワイト・イエロー・レッド・グリーンのシェードがいい!

最も新鮮な印象を与えるのが、メタル製のシェード部分だろう。トップシェードはホワイト、イエロー、レッド、グリーンの4色で、当時のPHランプに存在したカラーを採用した。さらに、トップシェードのエッジ部分は外側に丸くロールされており、下面のホワイト塗装が円周状に表われて輪郭を際立たせるという仕掛け。「3枚シェードのPHランプ」のアイコンを浮かび上がらせる。

トップシェードの下面はマットホワイトに塗装。反射した光を優しく下へと拡散。ミドルとボトムの2枚のシェードはオパール製吹きガラスで、目に心地良い、眩しさのない明かりを部屋にもたらしてくれる。

メタル製のトップシェードとオパールガラス製のミドル&ボトムシェードの組合せが、光源の光を最も必要とされる場所に正確に届けてくれると同時に、部屋全体に温かな印象をもたらす。これはもともとヘニングセンが発見したひとつの方法。きつい光で目をくらませることなく、ランプの下の部分を明るく、雰囲気よく照らし出す。

明かりをつけていなくても素敵! オブジェのように愛でたい照明

PHランプの長所は、スイッチを入れた時も消した時も、美しい存在感を放つこと。機能美を極めた形は部屋の中にあってぱっと目を引き、静かに主張する。これさえあれば、高級な北欧インテリアの空間になる、一点豪華にしたい時にぴったりのアイテムだ。

「PH3½-2½ テーブル」は、ペンダントランプのシリーズ「PH3½-3」と組み合わせて使ってもOK。たとえばダイニングにあるシェルフの上に、リビングの収納棚に、寝室のベッド脇に、ちょっとした出窓に。照明を置いたその場所を北欧インテリアに変える! 

新生活に向けて、ラグジュアリーさのある空間にしたいのなら、このテーブルランプに投資してみては?


【商品概要】

PH 3½-2½ テーブル
サイズ:φ350×H450㎜
¥128,000(税抜)

デザイン:ポール・ヘニングセン
光源: E17 電球型LEDランプ60Wタイプ、またはミニクリプトンランプホワイト60W(同梱)
(推奨LEDランプ: LDA8L-G-E17/Z60/S/W パナソニック製)
材質: アルミ、真鍮、オパール吹きガラス
色種: ホワイト、イエロー、レッド、グリーン


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 5332
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

雑貨、家具、家電、ショップ…素敵な生活のための新商品情報やニュースをいち早くお届けします。おされボーイ&ガールを目指している方、情報の早さを褒められたい方、常に…

おすすめのアイデア

話題のキーワード