ごはんをおいしく保つ保温弁当箱5選!象印やサーモスなど

お弁当の中身の温度を保つ「保温弁当箱」。作りたてのまま、味をキープしてくれる人気のアイテムです。ただ、さまざまなサイズや機能性があるので、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、保温弁当箱の選び方とともに、おすすめの人気商品をLIMIAが厳選し、紹介します。保温機能に優れたものから、便利機能をもつものまでセレクト。『象印』や『サーモス』の保温弁当箱なども紹介しています。自分にぴったりの保温弁当箱がきっと見つかりますよ♪

  • 43981
  • 66
  • 1
  • いいね
  • クリップ

保温弁当は料理をおいしいままキープしてくれる!

作り立てはおいしかったのに、お弁当箱に入れてお昼に食べたらなんだかイマイチ……。そんな残念な経験はありませんか?

おいしく感じられない理由はいろいろあるものの、ほとんどの場合、「お弁当が冷めてしまうこと」にそもそもの原因があります。できたてのおいしさを食べる瞬間までキープしてくれる保温機能付きの弁当箱なら、毎回温かい食事を楽しめますよ。「お米が固い」「パサパサしてしまう」などお悩みの方は、さっそく保温弁当箱を使ってみませんか?

保温弁当箱を選ぶときの5つのポイント

保温弁当箱といってもタイプ、性能や大きさはさまざま。ランキングの前に選び方のポイントを確認しましょう!

①保温タイプから選ぼう

保温弁当箱には大きく分けて4つタイプがあります。それぞれの特徴を踏まえて、自分にぴったりのタイプを見極めましょう。

ご飯のみを保温してくれるタイプ

ご飯を入れる容器だけ保温機能をつけられていて、おかずの容器は通常と同じ、というタイプのお弁当箱です。ご飯の容器の熱は、他の容器に伝わることはありません。

このタイプは、ご飯を入れる容器は一回り大きいものの、他の容器は通常サイズと変わらないため、邪魔にならず軽量なのが特徴です。荷物を軽くしたい方や、ご飯だけ温かくなっていればいいというぴったりです。

ご飯・スープ・おかずをまるごと保温するランチジャー

ご飯・スープ・おかずの容器をまとめて魔法瓶の保温容器に入れて保温するのが「ランチジャータイプ」の保温弁当箱です。

保温容器のぶんサイズも重量も大きくなってしまいますが、弁当全体を温めることができます。冬のレジャーなどでも活躍します。

温かい丼ぶりを食べられる丼タイプ

前に紹介した2つのタイプの保温弁当箱と違い、ご飯の容器とおかずの容器がセットになっているのが特徴の丼タイプのお弁当箱もあります。

家で作った牛丼や親子丼などの汁気の多いおかずを、容器の上のおかずの容器に入れ、食べるときにご飯の上に直接かけて丼ぶりとして食べられます。ご飯がべちゃべちゃにならずに食べられるのは便利ですよね。

ほかほかスープを楽しめるスープジャー

お昼に味噌汁やスープを飲みたいという方には、スープジャーがおすすめ! スープジャーは深さがありしっかり密閉してくれるので、中身を漏らすことなく温かいまま保温してくれます。

また、保温と同時に保冷機能がついているものを選べば、果物や冷製スープ、そばやうどんなどといった楽しみ方をすることもできますよ♪

②保温効力の高いものを選ぼう

保温弁当箱を買うなら、保温機能に優れているものを選びたいですよね。そこで注目してほしいのが「保温効力」! 

保温効力とは保温性能の目安を示す数値で、「保温効力 40℃以上(24時間)64℃以上(6時間)」とあったら、64℃以上を6時間、40℃以上を24時間保つことができる、というように見ます。朝に弁当を作ってお昼に食べるとすると、約6時間経っていると考えられるので、6時間後の温度に注目してみてください。

③容量はちょうどいいものを

お弁当箱のサイズは、食べる量を考えて選びましょう。

一般的な容量の目安として挙げてくと、幼稚園児から小学校低学年くらいのお子さんなら~500ml程度。小学校高学年以降の女性には、500~700mlの間。男子中高生なら700~900ml、食べ盛りの男性は、900ml以上が目安として考えられています。体格差や食べられる量は人それぞれなので、これらの容量はあくまでも参考です。自分や家族に合った量の弁当箱の大きさをセレクトしてくださいね♪

④カバンに入るサイズか確認

弁当箱はカバンの中で邪魔になりがち。バッグの中で納まりやすい形のものを選ぶとよいでしょう。

たとえば、マチが小さめのカバンなら底が小さくて縦に長いものが入れやすいですよね。弁当用のカバンを持ち歩く場合は、底が広くて縦に短いものの方が、カバンの中で動き回ることなく安定しそうです。

ランチ用トートバッグがついているものを選ぶのも◎。

⑤便利機能がついているものも◎

保温弁当箱には便利な機能がついているものがあります。

たとえば、お弁当といえば帰宅してから自分で洗うということが多いですが、最近のものでは食洗機が他の食器と一緒に洗ってくれるということも。また、容器を電子レンジで加熱して温めることができるという機能が備わっているものもあります。そのような特徴を確認しておくと、欲しいとイメージしていた弁当箱が手に入りそうです♪

食中毒を起こさないためのおかずの詰め方

保温弁当箱はご飯を温かいまま保ってくれる反面、菌が繁殖することがあるのではないかと心配になる方もいると思います。とくに、気温・湿度ともに高くなる夏は不安になりますよね。ですが、主にご飯、おかずやスープの入れ方に気をつけることで予防することができます。

細菌は30~40℃が繁殖しやすいと言われているので、ご飯やスープは熱々にしたものを冷まさずに入れ、傷むのを防ぎますよ。おかずはその逆で、しっかり冷まして熱をなくしてから詰めるようにしましょう。

保温弁当箱のおすすめ人気5選

それではここからは、おすすめの保温弁当箱の人気5選を紹介します。選び方のポイントを参考に、使いやすいものを探してくださいね☆

象印|ステンレスランチジャー SL‐GH18‐BA ブラック

象印
象印 ステンレスランチジャー SL‐GH18‐BA ブラック
2,464円(税込)
4.3
4.3 Stars
18件)
ごはん・おかず・スープがまとめられる大容量ランチジャー
ご飯容器、おかず容器とスープ容器がセットになった、『象印マホービン』の『ランチジャー』です。魔法瓶の技術を弁当箱に生かしていて、弁当を温かいままで保てるようになっています。ご飯とスープそれぞれの容器・フタ、おかずの容器には銀イオンが配合されていて、菌の発生を抑制。ご飯もおかずもたくさん入るサイズなので、食べ盛りの子どもや旦那さんの昼食にぴったりです。

サーモス|真空断熱スープジャー

サーモス
真空断熱スープジャー
2,920円(税込)
使いやすさ・洗いやすさ◎なスープジャー
『サーモス』の『真空断熱スープジャー』は、真空断熱のステンレス製魔法びん構造で、保温も保冷もOK。フタを開けやすいクリックオープン構造で子どもやお年寄りでも開けやすさ◎。外フタ・内フタ・本体とパーツがわかれていて洗いやすく衛生的です。容量はたっぷり500mlなので、熱々スープから冷たいデザートまで、日替わりでいろいろ楽しめます。

スケーター|保温ジャー付ランチボックス

スケーター
保温ジャー付ランチボックス
3,168円(税込)
子どもに人気のデザインに、保温機能付きお弁当箱
『スケーター』の『ディズニー』キャラクターデザインの『保温弁当箱』。カラフルな色合いでかわいいデザインが◎。おかずを入れる容器のフタは、おかずが潰れない形状になっています。専用ケースに入れたときの大きさは13×17.3×9cmとコンパクトサイズ。学校や会社、ピクニックへ持ち運ぶ際にちょうどいいサイズ感です。

サーモス|ランチジャー JBC-80

サーモス
ランチジャー JBC-80
2,832円(税込)
4
4 Stars
200件)
省スペースに特化した筒タイプのお弁当箱
『サーモス』の『ステンレスランチジャー』は、バックの中でかさばらない筒タイプの保温弁当箱です。保温容器に、スープ容器、ご飯容器、おかず容器の順に入れることで、ご飯とスープは温かく保温、傷みやすいおかずは常温でキープすることができるのがうれしいポイント。保温容器に3点容器を入れて、専用バッグで持ち運ぶことができるので、弁当箱をコンパクトに持ち運びたい方もぴったりです。

パール金属|ほかどん

パール金属
ほかどん
2,033円(税込)
4
4 Stars
105件)
おかずもたっぷり入る! 大盛りサイズの丼タイプ
大容量のお弁当箱が欲しい人にぴったりな『パール金属』の『ほかどん』は、丼タイプの保温弁当箱。ご飯容量はお茶碗約2杯分。おかず部分にカレールーや親子丼の具を入れておけば、ボリューム満点のランチメニューが完成します。ステンレスを使用した真空二重タイプの丼型に、保温効果をより高めてくれる専用の保温バッグと、箸とスプーンのコンビセットがついていて、使いやすさも◎。

丼やおかずのレシピもチェック

LIMIAでは、簡単にできておいしいお弁当のおかずレシピもまとめて紹介しています。いつものおかずに飽きてきた方、新しい料理に挑戦したい方はぜひチェックしてください☆

保温弁当箱で温かいごはんを楽しもう

今回は弁当を温かいままキープしてくれる「保温弁当箱」のおすすめを紹介しましたが、いかがでしたか?

お昼ご飯は午後の活力の源です。おいしい弁当をおなかいっぱい食べて、エネルギーを満タンにしたいですよね。ぜひ、お好みの保温弁当箱を見つけてください♪

※記事内の情報はLIMIA編集部の調査(2021年11月)に基づくものです。
※一部の画像はイメージです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

  • 43981
  • 66
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

キッチン用品のデイリーランキング

おすすめのアイデア